パートナーとの良いコミュニケーションとは

パートナーシップを考える上で、

コミュニケーションは、

切っても切れない関係がありますねぇ

しかし、

良いコミュニケーションって

なんなんだろうっていう話です。

一口にパートナーといっても、

出会ったばかりの間柄

恋人

夫婦

など立場が違えば、

必要となるコミュニケーションは

異なりますね~

まずは、

出会った時点から

考えてみましょう。

出会った直後に、

すぐに恋愛状態になるというのは

かなり稀ですよね。

10代のころとかならまだしも、

ある程度大人になると、

そんなにすぐには好きになれないものです。

特に、婚活を考えた上で、

異性と出会うと、結構身構えてしまうものです。

一瞬で、

あっ!この人いいなぁ~

って恋に落ちれれば楽なんですが、

まぁまぁそんなこと言ってると、

なかなか見つかりませんよ

話を戻しまして、

コミュニケーションって

みんなどうしてるんだろう?

って気になりますか?

アラサー(25~34歳)の

婚活現場での状況を、

ビデオ分析した結果、

収入、職業、容姿などについて

あれこれ話しているようですね。

そして、自分のパートナーに求める

ニーズと一致したら、

後日、もう一回、会ってとか

そんな感じの流れでした。

イメージ通りというか、

まぁそんな感じですよね。

題名にもあるように、

良いコミュニケーションって、

なんなんだろうか?と考えると、

自分を着飾らないでも話せるか?

というのが判断基準になります。

この人の前だったら、

自分を良く見せようとしなくても、

普通な感じで話せる

というコミュニケーションが

取れたのでしたら、

これは間違いなく良いコミュニケーションです。

婚活の時は、

こういうことは聞いては駄目

こういう態度はとっては駄目

というテクニックみたいな話は

その場は良くても、後日破綻します。

そして、

何人、何十人の異性と会っているうちに、

ほんと、こういうところに来る人って、

ろくなのがいないなぁと

毒を吐き始めます。

いやぁ、

だって、職業とパッと見で選んだんでしょう

そりゃあ、一緒にいて楽しいか、

普通の感じを見せれるか

ここがないと、頑張りまくって

疲れたときに別れが来ますよ。

そして、出会いから恋愛感情に

シフトする過程の1つが、

この謎の安心感なわけです。

失敗経験が増えてくると、

どうやったら人を好きになれるのだろうか

と真剣に悩み始め、

自分はきっと恋愛なんかできない体質

なんだみたいな謎理論が出てきます。

でも安心してください。

それは体質ではなく、

正当な手順を踏んでいなかっただけです。

いろいろな話題に対応できるようにとか

趣味も多彩にとか

どんどん自分を着飾る方に頑張るのではなく、

一緒にいて、話してみて、

無理してない!と感じられたら、

本来はそれが良いコミュニケーションなわけですね。

すごい人に会ってしまえば、

なんとか気に入られようとして、

無理して頑張るときもありますが、

結局長続きしないんですねぇ

その時は楽しいと感じるから

勘違いしがちです。

楽しいより前に、普通な感じ

この判断基準にしてみると、

また違った景色が見えてくると思います。

今回は、出会い直後のシチュエーションで

話をしましたが、

恋人、夫婦間でも一緒だと思います。

良いコミュニケーションが取れているなぁ

という判断基準は、

着飾らないで、普通に接することが出来ている

この人の前では、自分を必要以上

良く見せようとしなくても大丈夫

というのが感じられれば、

もうバッチリでしょう。

コミュニケーションというのは、

いっぱい話して、

いっぱいすり合わせれば

良いというものでもないですからねぇ

普通すぎてつまらない

なんていうのは、贅沢病ですなぁ~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする