風俗に通う男の比率と動機は?

実はパートナーが

定期的に風俗に通っています

ということを知ったら、

ショックを受けますよね・・・?

しかしですね~

統計データによりますと、

生まれから一度も風俗に

行ったことがない人は・・・

約50%ほどです。

つまり、

二人に一人は、

一度くらいは行ったことがある

ということになります。

さらに、

しばしば風俗に通う人は、

35%です。

男性の3人に1人

たまに風俗店に通っているようですね。

さて、

この人数、

多いと感じますか?

少ないと感じますか?

特にアラフォー男性の利用率が

非常に高いです。

35歳~50歳未満のお客さんが

すごく多いというデータが

出ています。

アラフォー男性に限っていえば、

風俗通いをしている率は

40%以上となります。

5人いたら2人は、

風俗店に行っている

というわけですね。

だんだん、多い気がしてきましたね

ほんと常連というほど

定期的に通っている人は

1%程度らしいので、

一般的な男性は、

たまに行く程度ということになります。

なぜ風俗店に行くのか?

意外と多い理由が!

仕事の付き合いでというのがあります。

僕の友人や知人を

思い返してみても、

確かにそうだなぁって思いますね。

特に地方出張とか

海外出張なんていうのは、

なかなか危険ですよ。

現地の子と親しくなりたい

欲求が爆発して、

ついついデリヘルを頼んでしまったり

現地の適当なお店に行ってしまったり

そんなことが多くあるようです。

僕が初めて海外出張で中国に行った時に

先輩から悪魔の誘惑がありましたね~

僕は病気が怖いので辞退しましたけど、

よくそんなことできるなぁと

びっくりします。

風俗がどうこうというよりも、

よくわからない相手とHするって

とてつもないリスクがあるじゃないですか

生で入れなければ大丈夫

なんて思ってるアホが、

性病を撒き散らしているんでしょうね

すぐに気づきにくいところでは、

カンジダ(カビ)になったり、

淋病になったりね~

最近は梅毒も流行ってますね。

昔は梅毒になると、

売春も引退と言われてましたね。

(大正から昭和の頃)

梅毒が進行すると、

骨や筋肉を破壊する腫瘍が出来て

鼻が無くなってしまい、

周囲から鼻欠けなんて言われて、

差別され引退せざるを得ない

状態になったそうです。

ちょっと話がそれましたが、

結構な確率で誘いを受けるものです。

といった、ある意味仕方ないものから、

どうでもいい理由まであります。

他によく出てくる理由は

嫁や彼女には、

自分が頑張らないといけないが、

お店なら相手がしてくれるから

といったものです。

アブノーマルな話ではなく、

単純に負荷の問題です。

まったくSEXに協力的じゃなく、

受け身になってる女性だと、

ほぼほぼ男性が頑張る状態になります。

その上、反応が薄い

お返しもない

会話もない

なんとなく不毛な時間が流れて

一定時間後、射精しておしまい

みたいなSEXを繰り返していると

風俗に流れていくわけですね。

だから風俗に行って良いという

話になるわけではないですが、

これはある種、仕方ない部分が

あると思います。

きちんと話し合って、

今後の対応を考えていかないと

パートナーがいつか

病気を持ってきますよ

なかなか危ないです。

あとは、デトックスのようなもの

というお話もよく出てきます。

これは同じ男性として

言わせてもらえば、

綺麗に言いすぎだろって感じですね。

溜まったから出したいけど、

AVは見飽きた

家だと家族がいるから

安心して自慰行為もできないという

欲求不満の解消でしょう!!

挙げだすとキリが無くなるんで、

よくあるパターンを3つ紹介しました。

基本的にパートナーシップの問題と

大きな関係があります。

風俗店が楽しくて楽しくて仕方ない

という人はめったに居ないですね。

確率的に1%程度ですからね。

ぜんぜん話変わるのですが、

風俗嬢の人にインタービューした結果、

風俗通いの男は、

エッチが下手な人が多いそうです。

そりゃあサービス受けてるだけだから、

女性の扱い方なんて分からないし、

演技の良い感じの反応ばかり見てるから、

勘違いしてるでしょう。

ちなみにプロとして働いている

風俗嬢の方々でさえも、

AVのようなことをする男性は

大嫌いだし楽しくないそうです。

それを一般女性に求めたら、

そりゃあ関係性が悪化しますね。

女性側も知識をつけて、

そういうおかしい男は、

全体の中でも

数%しかいません。

たまたまハズレを引いたと考えて

別れて次に行ったほうが良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする