性教育と性交経験率の変化

日本の性教育というのは

ほとんどまったくされておらず、

性の知識を得る手段は

限定されています。

なんとなくメディアから得た情報や

自分の周りの人間関係から得た

謎の常識から情報を得る

ことしかできません。

この辺りのことを

文部科学省に期待するのは

きびしいと思います。

なぜかって?

エリートと言われる人たちの

変態率の高さはご存知でしょうか?

その変態たちが考える性教育

とにかくネガティブなものになります。

考えても見てください。

自分たちが日頃考えている妄想ネタ

過去の性体験性癖について

エリートゆえに

口に出すことはないでしょうが、

頭によぎるわけですよ。

そして、

自分たちはそれでもまともな方だから、

一般男性はさらにやばいに違いない

こういう発想になります。

エリート官僚たちは本気で思っています。

周りの人間に比べたら、

自分たちなんてまともすぎる

日頃付き合いがある、

医者、弁護士、社長たち

彼らの話を聞くと、

いかに自分たちがまともかと

思い知らされるなぁ~

そんな風に本気で考えています。

あまりに特殊なケースばかりを

見聞きしすぎて、

性に対してネガティブな思考になります。

さんざん自分たちもやらかしておいて

何をいってるんだか?

と思うかもしれませんが、

やらかしてるからこそ、

変態の気持ちがわかるってもんなんですよ。

その結果、2000年台から

性教育についての方針を

一気に変更しました。

具体的にどういう風に変えたか?

といいますと、

もう性教育でも何でも無いですよ

性にのめり込むと、

将来を棒に振るよ?

10代で妊娠すると

こんな大変なことがあるよ?

ちょっとイケメンだと思って

軽い気持ちでやっちゃうと、

だいたいヤリチンだから

性感染症になるよ?

日本はエイズ大国だからね。

セックスをするって

そういうことだからね?

といった感じの内容です。

困ったことに、

間違ったことは言ってないんですよ。

確かにそういったリスクはあります。

ましてや若い頃の場合は、

相手も下手くそな上に

好奇心旺盛で数だけはこなしますからね。

しかもアダルトビデオの影響を

もろにうけているので、

嫌な思いをするケースが

多いでしょう。

しかしねぇ~

不安を煽ればいいって

もんじゃないでしょう?

結局、いつかするわけですよ

というかしないと、

人類が滅ぶでしょう。

危ない危ないって

性の話題を遠ざけると、

正しい知識を得ようとしなくなります。

性の勉強をすることが

恥ずかしいことみたいな

風潮が出来上がってしまうんです。

実際、この教育方針にしてから、

若者の性交経験率が大幅に下がりました

このグラフを見てください。

2005年までは成功経験率が

上がっていってますが、

それ以降、ガクッと落ちてるでしょう。

2000年に大学生だった人というのは、

今では、40歳位です。

数字が高い時期が

1993~2005年ということは

現在:35~47歳くらいの人が

成功経験率が高い世代になります。

アラフォーですね。

このアラフォー世代は

性に対してそこそこ貪欲です。

しかし現代の若者は、

性に対してネガティブな情報が

多く与えられたことで、

シモネタを言うことにも

抵抗がある子どもたちが

かなり増えてきました。

仕事柄、大学生たちと

飲みに行く機会がありますが、

この世代差はほんと感じます。

飲み会での盛り上がり方、

話の内容がだいぶ違いますよ。

シモネタを言わなくなった

わけではないんですが、

どう表現すればいいんでしょうね。

性にこだわりがあるっていうのが

かっこ悪いみたいな風潮でしょうか

あとは、スクールカーストみたいな

ものがやっぱり存在して、

ビッチ扱いされてしまうと、

大学生活がとても厳しいものになるから

というのもあるかもしれませんね。

大学では定期的に刑事事件になってます

この辺りの話は、

アラフォー世代

大学生の子を持つ親の世代では

感覚がだいぶ違うので

お互いに理解しづらいと思います。

性=かっこ悪いなんてことないよ

そんな風に考えなくていいんだよ

って教えれば済む話ではないんですね。

大人を相手にするのと

子供を相手にするのは

ちょっと違うんです。

正しいことを教えればいいって

もんでもないのが難しいですね。

とはいえ、

ネガティブな情報だけを

与えればいいっていうのは

いかんですよ。

やっぱりですね~

メディアの皆さんに頑張ってもらって

純愛ブームをまた作るとか

良質なドラマを作らないと

若者は乗ってきませんね~

教員だけでは限界があるので

よろしくおねがいします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする