セックスは運動の代わりになるのか?

何やら巷では、

運動するのが面倒だから、

セックスが運動の代わりになるのか?

ということで盛り上がっているらしいです。

その勢いに乗っかろうと思います。

今回のお話はあくまで、

普通の!!

一般的な!!

プレイを前提として書きます。

人間は生きてるだけで、

カロリーを消費するわけですねぇ。

じゃあ、どれくらい消費されるのでしょう?

脱衣

まず、手際よくササッと服を脱ぐ

もしくは、脱がせると・・・5キロカロリー

どうしてもカロリーを

消費させたいのであれば、

ここは少し抵抗しておくところですねぇ

そうすれば、

10キロカロリーも夢ではありません。

この時点で、すでに倍の差が出ます!!

キス

口と口をつけるだけであれば、

1分あたり、1キロカロリー

舌も巧みに使うのであれば、

1分あたり、2キロカロリー

10分くらい、

チュッチュしてればいいんじゃないですかね?

それで10~20キロカロリーですから、

服をまた着て、脱いだほうが早いかもね?

カロリー的に!

前戯

口であれこれするアレですよ。

例えば、女性が男性に

口ですると、

1分あたり、なんと!!

5キロカロリー消費します。

えっ・・・

結構疲れるのに、

5キロカロリー・・・

と思ったでしょう?

冷静に考えてね。

キスで1キロカロリー

ディープで2キロカロリー

オーラルで5キロカロリー

違いは、口、舌、アゴや首

と使う部位が増えているくらいで

大差ないんです。

まぁ面倒なだけですな

ゆえに、愛が必要なんです。

ちなみに、男性を下に寝かせて、

女性が上になるような態勢で、

片手で自分の体重を支えるような

状態だと、

1分に、6キロカロリー消費します

ちょっとした差で1キロカロリーアップ

本番

正常位の場合は、

男性は1分につき、3キロカロリー

女性は1分につき、2キロカロリー

程度の消費量です。

騎乗位だけは、男女逆転(意味深)

男性は、1分につき2キロカロリー

女性は、1分につき10キロカロリー

消費します。

一般にセックスの時間20分ほど

といわれているので、

オール騎乗位で頑張っても、

100~200キロカロリーですね。

思ったより少ないなぁと感じました?

それはですね。

ジムの運動と決定的に違うのが、

ベッドなんですよ。

まぁベッドというかマットレスは

跳ね返りがありますよね?

だから、思ったより筋肉を使わないんです。

どうしても、運動レベルを

上げたいのであれば、

マットレスを低反発にすることです。

でも相当やりにくくなりますよ。

跳ね返りはないし、

腰のあたりが沈むことで、

挿入角度に難があるでしょう。

やっぱり、そう考えると、

高反発のマットレスが、

やりやすいのではないかと思いますね。

高反発で良いマットレスかぁ

・・・あれ、なんか最近記事にしたような

あっエアウィーヴ!!

寝返りがしやすいということは、

背中からの反発が高いということ。

跳ね返りがあるから、無駄な力が

かからない!!

腰痛対策にエアウィーヴとは

言われてますが、

まさか、こっちの方向からも

腰痛対策になっていたとは・・・

40代からの夜の営みにエアウィーヴ

いやぁ、すごいすごい♪

・・・失礼

そういったアイテムではなかったですね。

興味ある方は、こちらから

まとめ

結局の所、どれくらい

消費するのかをまとめますと

脱衣5キロカロリー

キス5キロカロリー

前戯平均10分らしいので、

50キロカロリー

本番平均9分らしいので、

20~30キロカロリー

騎乗位オンリーで

女性は90キロカロリー

となります。

合わせると、

80キロカロリーから

多くて150キロカロリーとなります。

うん、普通にプレイしたら、

ぜんぜん、運動になってないね。

おにぎり一つが、

180キロカロリーですよ。

ご飯行ったあとに、

「食後の運動でもどうだい?」(セックス)

なんて誘いがあっても、

まず消費しきれません。

本気で消費しようと思ったら、

カンフー映画のような

アクロバティックさが求められます。

寝そべってちょこちょこ

なんかやっても焼け石に水ですなぁ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする