白いポツポツ、夏に治療しては駄目だよ

ある日突然、顔や首などに

白いポツポツが出来て、

そのうち治るかなぁ~と

放置していても、

一向に減る気配がない

そんな悩みを抱えたことはありますか?

目の周辺にできるものを、

稗粒腫(はいりゅうしゅ)

首元に出来るのが、

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)

見た目は白いポツポツだけど、

名前にするととても怖い感じがしますね。

見慣れない漢字や表現は

なんとなく怖いと感じるでしょう。

パッと見ると、

脂肪の塊が出来たように見えるので、

突然、顔に脂肪の塊が・・・

っていう相談をよく受けます。

首元にも出てきて~とか

額や頬にもできることがありますね~

稗粒腫とか脂漏性角化症って

いうとちょっと怖いですが、

皮膚の下に角栓といって、

皮脂や角質が固まったものが、

詰まっていることが多いです。

そのため、初期の治療法としては、

ターンオーバーを正常化させることで

良くなる場合があります。

ターンオーバーの正常化といっても、

化粧品を塗ってれば治るのか?

というのが難しいところですね。

そもそも、なんで詰まってるのか?

という原因があるわけです。

例えば、洗顔の仕方に問題がある

保湿が足りていない

紫外線を浴びすぎた

化粧したまま寝ている

連日、寝不足

汗で炎症

挙げだしたらキリがないです。

なにかしら肌にダメージが入り、

お肌の機能が正常に働かなくなる

結果、ターンオーバーが乱れるんですね。

あっちなみにターンオーバーというのは、

お肌の生まれ変わりのことです。

まずは、正しい洗顔と保湿を!

と言いたいところですが、

もうポツポツが結構出来てきちゃってからだと

そんなことより、早く治したい!

そう思いますよね。

皮膚科に行って、

どうすればいいでしょう?と聞くと

手段は3パターンです。

刺す切る焼く

さ~どれがいいですか?

こうやって書くと、

なんかすごく怖いね~

刺す

ポツポツの中身を取り出すために、

注射針のようなもので、

刺して穴を空けるというのが

一般的な処置です。

切る

メスを使って切り落とすという

方法もあります。

大きさや程度にもよりますが、

電気メスでささっと処置するのも

1つの手ですね。

焼く

やっぱり、美容の観点から見ると、

ポツポツが無くなれば良いのではなく、

綺麗な肌に戻したいわけですね。

そうすると、レーザーでポツポツを

蒸発させるというの手です。

1つのポツポツに付き、

レーザーを当てる時間は5秒ほどです。

局所麻酔をするので、

痛みはあまりないと思いますが・・・

痛い人は痛いんですね。

そしてレーザーの場合は

保険を使うことができません。

お金はかかっても綺麗にしたい

という場合は美容外科も

1つの選択肢になると思います。

やってはいけないこと

ネットなどを見ていると、

自分で針を刺して治そうという人もいます。

ポツポツの角栓を出すことは

できるかもしれませんが、

傷跡が残ると思いますよ。

雑菌が入ったら大変ですし、

絶対に自分で治そうとしないでください。

自分でやると、

目を傷つける可能性もありますし

とにかく危険です。

こういう話をすると、

どうも世の中、曲解する人が多く、

自分でやると危ないから

パートナーにやってもらおうとか

友達にやってもらおうという

アホが出てきます。

まずは、皮膚科で見てもらいましょうね。

ちゃんとここまで書かないと、

やらかす人が出てくるんですよね

書いてもやらかす人が出てくるんですけど

注意事項

うっかり、忘れるところでした

紫外線が強いこの時期に

治療をするのはとてももったいないですよ。

治したところって肌が弱っているので、

紫外線によって、またできるかもしれません。

紫外線が弱い冬の時期に治療して、

タートルネックとかで首をカバーする

そういうのが良いと思いますね。

今、治療しても

ちょっと損かもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする