スキンケアは必要なの?美肌菌と肌断食

綺麗な肌になるためには、

スキンケアは欠かせないものですが、

世の中、スキンケアをしないほうが

肌はキレイになるという

考え方もあるようです。

こういう両極端の話があると、

どちらが正しいんだ・・・

よくわからんってなりますよね。

美容講座をやっている人は

キレイな方が多いですし、

あんな感じになれるならと

信じてみたくなる気持ちも

わからなくはないです。

そんなわけで今日は、

スキンケアはしたほうがいいのか?

しないほうがいいのか?

について考えてみたいと思います。

美容業界でスキンケア!

といいますと

人によってぜんぜん違う意味で

使っています。

なので、

スキンケアってなんなんだ?

ということから話していかないと

話が噛み合わないかもしれません。

スキンケアとはなんぞや?

お肌のお手入れ

をすることです。

たとえば、

顔を洗う

これもスキンケアですね。

リップを塗る

唇の乾燥対策は

立派なスキンケアです。

頭を洗ってベタベタ感をとる

これも頭皮のスキンケアですね。

そんなわけなので、

老若男女問わず、

スキンケアはしていると思います。

男性は、スキンケアと聞くと、

化粧水や美容液を使う

というイメージを持っている人も

結構いますが、

ほとんどの人間はスキンケアをしています。

美しい肌に保つために

なにかしらのお手入れをすること

これがスキンケアなんですね。

なんかこう言葉の問題かもしれませんが

キレイにするためにお手入れするんだから

スキンケアをしないほうがキレイになるという

肌断食なども・・・

何もしないという行動をとっているので、

結果的にスキンケアをしてしまってる

というなんとも矛盾したものになります。

じゃあ、なんでスキンケアしないほうが

なんて話が出てくるんだって話ですよね。

もちろん、これの意味は

そういう言葉遊びをしているわけでは

ありませんよ。

美容業界は

ものすごく頑張りまくっているので、

そんなにいらないよってくらい

いろいろなものが開発されています。

なので、過剰にやりすぎて

かえって肌を悪くしている人が

増えてきています。

そのため、

肌を休めるのも大事

休むことも立派なスキンケア

みたいな考え方が出てきたんですね。

しかしですね。

情報というのは、

人から人に伝わるうちに、

間違って伝わることがあります。

その究極系が

何もしないの一番いい

自然のままが一番

という話までいくわけですね。

ほんとに何もしなかったら、

すごく臭くなりますよ?

自分はいいかもしれませんが、

電車やバス乗るとすごく迷惑です。

人間は今や、

自然の中で生きている動物ではないので、

なんでも原点にかえれば

いいってもんでもないですね。

極端になりすぎるのは

良くないって話では、

逆にスキンケアをしまくるというのも

大問題です。

これは肌にとても良い素材で出来てて、

オーガニックで食べても大丈夫な成分で

みたいな安全なものだとしても、

過剰に使えば、肌には悪いです。

特にきれい好きになりすぎると、

寝起きからガッツリ洗顔をして、

ちょっと汗で汚れると、

キレイに洗顔して・・・

みたいな人もいます。

洗いすぎると何が問題か?

お肌を守ってくれる存在まで

洗い流してしまうんです。

肌にはたくさんの微生物がいて、

皮脂を食べてお肌を酸性にすることで

肌のバリア機能を高めます。

その微生物のことを

最近では美肌菌なんて言われてますが、

これまで流してしまうと、

ダメなんですね~

なので、なんでもやりすぎはだめ

やらなすぎもダメ

夜はクレンジング+洗顔

朝はお湯だけで洗顔

これくらいはやろう

クレンジングは肌が痛くて・・・

という人はシュガースクラブ

お肌のザラザラや黒ずみを取りたい という人はスクラブしてみようかなぁ~ って思いながらも、 肌ダメージが怖くて出来ない人も...

お肌を休めるのも大事ですが、

休めてばかりだと、

加齢とともにたるんじゃうかもよ~

適度に刺激はほしいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする