薬用化粧品だからダメな面もある

薬用化粧品というと、

なんとなくポジティブなイメージが

ありませんか?

薬用化粧品

医薬部外品

○○に有効な成分配合!

すごく聞こえがいいですね。

とても安全で素晴らしい感じがします。

そんな薬用化粧品と

普通の化粧品の違いを

今日は学んでみましょう。

まず、薬用化粧品というのは

なんなのか?

これについてお話致します。

薬用化粧品とは?

厚生労働省が、

効果、効能を認めた成分

入っている製品のことです。

医薬品ほどの効果はないですが、

ゆっくり効きますよ~

って感じの化粧品ですね。

治療するというよりは、

予防するというニュアンスのものです。

ニキビを予防する

美白に効果がある

といった感じの

セールストークを

使うことができます。

化粧品なのに、

効きます!って言っていいの?

医薬部外品を使っている

薬用化粧品はいいんですね~

なのでちょっといい化粧品は

だいたい薬用になりつつあります。

こういう風に書くと、

薬用化粧品は高品質で安全

という風に見えるでしょう!

・・・甘いです。

世の中、そんなに甘くないのが

化粧品業界の闇なんですね~

昔でいう薬事法

今でいうと

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律

通称、薬機法が改正されて・・・

化粧品は全成分を表示しなければ

いけなくなったのですが・・・

薬用化粧品は

全成分表示義務無し!!

日本化粧品工業連合会による

自主規制はあります

とはいえ・・・

何が入っているのか

わからないという欠点があるんですね。

薬用というのは、

効果が期待できる

有効成分が入っている

これは間違いないです。

効果がある成分が入っていても、

肌に合わないかもしれない

成分が入ってるかを

確認するすべがないんです。

箱を見ても、

全部載ってるわけじゃないから

販売員さんもわかりません。

僕が見ても、

きちんと分析しない限り、

さっぱりわかりません。

なので!

薬用だから安全ではなく、

薬用だから安心

というのが正しい答えです。

心理的に安心感があっても、

科学的に安全ではないかも

しれないのが薬品の怖いところです。

薬だったら、副作用が・・・

って感じに不安になりますが、

薬用化粧品は、

なぜか無条件に安心してしまいます。

それは半分化粧品だから、

それほど大きな効果がない

といった侮った気持ちと、

薬用だから効果は期待できる

という謎の信頼があります。

そのため、

謎の期待感を持って、

安心して使えてしまうのが

薬用化粧品なんですね。

現在の法律では、

化粧品は全成分を表示しないといけません。

(例外あり・・・)

化粧品は箱に書いてある

成分表を見れば、

安全か危険かの判断をしやすいです。

以前に比べて、

消費者も賢くなってきているので、

自分で成分を見て、

購入を検討できるのは

本当にありがたいです。

でも・・・

薬用はよくわからんわけですね。

効果がある成分が入ってても

変なのも入ってたら

本末転倒ですしね。

メーカーさんの良心に期待したいですが、

うっかりやらかしてしまうのが

人間なので、盲信はできません。

薬用だからって

無条件に安心するのは

ちょっと違いますよ~

効果が期待できる

けれど副作用がないとは

限りません。

何かに対して効果があるということは

必ず裏でなにか別のことが起きています。

もし、使ってみて、

肌が赤くなる、痒くなるなら

自分には合わないんだとおもって

すぐに使うのは止めてください。

どんなに物が良くても、

90%程度の人にしか

合わないんです。

必ず無理な人は出ますので、

そういうときは

もったいないとか思わずに

サッサと捨てて、

新しいものを探しましょう♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする