乳酸菌の効果とヨーグルトパック

乳酸菌といえば、

腸に良いというイメージがありますね。

食べ物で摂る場合は、

ヨーグルト、ヤクルト、カルピスなど

どれも味が良く、継続しやすいのが魅力です。

魅力的な効果

■整腸作用

腸の中にある糖分を分解し、

乳酸を作り出すことで、

腸内の環境を整えます。

善玉菌(乳酸菌)

増えていくことで、

悪玉菌が減ります。

便に含まれる水分を調整し、

便をスルッと出しやすくします。

便秘や下痢も改善してくれます。

便秘がなくなれば、

肌荒れも良くなりますね。

免疫力アップ

腸の中には免疫細胞がたくさんあります。

腸を良くする=免疫力アップ

大腸癌やポリープの予防に繋がります。

アレルギーの緩和

花粉症やアトピーを緩和します。

乳酸菌の種類

生菌タイプと殺菌タイプの

2種類があります。

生きて腸に届くでお馴染みの

ヤクルト生菌タイプです。

カルピス殺菌タイプなので、

乳酸菌は死んでいます。

・・・ということは効果ないのか?

というとそんなこともないです。

殺菌された乳酸菌は、

体の中にある善玉菌の餌となって、

善玉菌が増えるので、

乳酸菌は死んでいても、

良い効果があります。

サプリメントはどうなのか?

ヨーグルトを毎日食べるというのも、

なかなか億劫という人もいますよね。

そんな方は、サプリメントを使うのも

1つの手ですね。

サプリメントで大量の乳酸菌を摂ると

合わせて必要になるものがあります。

それは、乳酸菌のエサです。

この餌がないと、善玉菌が

増えていかないので、

飲んでは、死んで・・・を

繰り返します。

乳酸菌のエサは、

オリゴ糖食物繊維です。

食べ物で摂るなら、

ゴボウがパーフェクト!!

はちみつや豆腐でもいいのですが、

量が少ないです。

ヨーグルトで乳酸菌を摂って、

ゴボウも食べる。

もう、聞いてるだけで、

腸に良さそうでしょう。

最強のコンビです。

ヨーグルトパック

ヨーグルトが凄い!!となると、

なぜかというか、必然的に

顔に塗りたくなる人が出てきます。

さて、ヨーグルトパックというのは

美容効果があるのかを考えていきましょう。

ヨーグルトに含まれる成分は

とても美容に良いものが多いです。

体に良いから、お肌にも良いというのは

ケースバイケースです。

パックするとどうなるのか?というと

乳酸ピーリング作用によって、

古い角質を取り除き

新陳代謝を良くします。

さっそく、良い効果がありますね。

でも一つだけ注意です。

ピーリング全般に言えますが、

毎日やってはいけません。

返って肌が悪くなります。

紫外線を受けた後のケアにも良いです。

メラニンの合成を抑えることで、

黒くなりにくいというのと、

抗酸化作用が期待できます。

文字にするとなにか凄い効果があるように

見えてしまいますが、

もともと食品ですので、

大きな効果がなく、ピーリング効果もそうですが、

ケミカルに比べるとだいぶパワーが落ちます。

逆の言い方をすれば、

パワーが弱いので、安心できるという点が

メリットかも知れません。

ただし、前にも言いましたが、

毎日やってはいけませんよ。

肌を痛めることがあります。

ちゃんと注意して使えば、

ヨーグルトパックはとても気軽にできますし、

安心感があると思います。

ヨーグルトパックの禁止事項

・毎日、パックしない

・乳酸製品アレルギーの人はダメ

・新鮮なヨーグルトを使用

これを3つを守れば、

大丈夫だと思います。

でもヨーグルトの魅力は、

やっぱり腸の中を綺麗にして、

便秘を無くすことだと思います。

便が溜まっていては、

どんなに良いことをしても、

お肌はキレイにならないですよ。

そして、ベストパートナーは

ゴボウです。

オリゴ糖も摂れ、

食物繊維を摂れ、

最高ですね♪

ヨーグルトそのものも美味しくて良いのですが、

溢れてくる汁、これが

とてつもない栄養が含まれています。

間違っても捨てないよう気をつけてください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする