肌をキレイにするならシャワーヘッド

スキンケアのイロハのイといえば、

肌をキレイに洗うことです。

頭であれば、良いシャンプー

体にはボディーソープ

メイク落としにクレンジング

さらに石鹸を使ってダブル洗顔

これだけやっても、

なぜか物足りない

きれいになれない

そうか、使ってる製品がしょぼいから

もっと高いの買わないと!

そして高いものを購入して、

また同じような思いをしている人は

シャワーヘッドを見直して

みてはいかがでしょうか?

どれだけ良いものシャンプーや

ボディーソープを使っても、

水の粒が大きいと、

表面しか洗い流すことができません。

水をかければ、毛穴の中もすっきり

というわけにはいかないんですね。

一般のシャワーヘッドの穴は、

1ミリメートルくらいです。

太いんだか、細いんだかって

わからないですよね。

毛穴の大きさというのは、

だいたいですが、0.2ミリくらいです。

もっと大きい人もいますし、

狭い人もいますが、

普通のシャワーの太さが1ミリですから、

まったく入っていかないですね。

こすればある程度は・・・と

思いたくもなりますが、

なかなか難しいですよ。

そこで大事になるのが、

目の細かいものを選ぶことです。

特に!!

敏感肌の人はそうしましょう。

ヘッドの中に天然石やセラミックが

入っており、カートリッジを

交換したりせず使い続けることができます。

0.28mmの穴が630個空いています。

水の勢いがとても強く、

まっすぐに出てくるため、

シャンプーやボディーソープを

きちんと落としてくれます。

小さい子供によくありますが、

お風呂上がると体が痒いみたいな

皮膚がピリピリするとか

それは、ボディソープ等が

きちんと洗い流せていないため

肌に残って、ピリピリしています。

見かけ上、キレイにしていても、

実はキレイになっていないのが

お肌というものです。

この宝石シャワーは、

洗浄力も高く、すごく良いのですが、

一つ欠点があります。

それは、ヘッドの中にゴミが溜まることです。

家の水道水というのは、

思った以上にゴミが入ってます。

普通のシャワーヘッドなら

1ミリの穴が空いているので、

その穴を通り抜けて、流れるのですが、

宝石シャワークラスの製品になると、

目が細かいため、ゴミがつまります。

もし、使い始めて、数日でゴミが詰まったら、

それだけ家の水道が汚いということです。

これは住んでいる町や水道管の

品質によるので、家の中をキレイにしても

どうにもなりません。

ゴミが詰まるといっても、

キャップはすぐに外せますし、

お風呂場でささって洗えます。

メンテナンスは簡単なので、

気にしなくてもいいと思いますよ

もっと良いヘッドが欲しい!!

肌が弱すぎるから塩素も除去したい

そんな方は、

塩素除去カートリッジがついている

シャワーヘッドを選ぶといいです。

美容師や美容部員の間で

評判が良いクリンスイのシャワーヘッド

値段が高いのが玉に瑕ですが、

これもなかなか良いものですよ。

塩素を除去する、軟水化するのが

このシャワーヘッドの特徴です。

泡のきめ細やかさが変わってるでしょう?

これが洗浄力に差がでてくるのです。

泡は小さければ小さいほどいいです。

奥の奥まで強力浸透!!

それが売りですね。

高いシャンプー使っても、

髪の毛がまとまらない・・・

パサつく・・・

トリートメントが合わないのかな・・・?

とお悩みの方は

シャワーのせいかもしれませんよ?

シャワーヘッド欲しくなってきました?

ちなみにですが、

僕は宝石シャワーを5年前から使ってます。

講座に来ていただいた方は、

見たことある、触ったことあると思いますが、

腕のすべすべ、モチモチ感は

幼稚園生と比べてもあまり差がないでしょう?

カメラで撮ってみましたが、

イマイチ写りが悪くわからないですね。

実際はもっと白いです。

まだ小さい赤ちゃんを育てているお母様や

保育士さんから、同等レベルという

お言葉を頂いております。

それもこれも、

シャワーヘッドのおかげですねぇ

正直、ヘッド一つで1万オーバーって

高いなぁって当時思いました。

ただ細い水が出るからって

なに?みたいな

そんな気持ちになりましたが、

今はそれおかげで、

小さいこどもの肌と変わらないスペックになれて

やっぱり買ってよかったなぁと思います。

もちろん、ヘッドだけでそうなった

というのはオーバーすぎますけどねぇ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする