今の仕事を続けるか、やりたいことを始めるか

何年か仕事をしていると、

今やっている仕事を続けるか、

それとも、

新しいことを始めるかで

悩む時期って来ますよね。

今やっている仕事は、

本当に自分がやりたかったことではなく

食べていくために、

仕方なくやっている仕事だし~

みたいな感じ。

やりたくない仕事とはいえ、

なんやかんやで数年間続けると

仕事そのものに慣れているので、

新しい環境に飛び込むのも

ちょっと億劫だったりします。

そんな感じのことを

悩んだことはないですか?

年に数回、

転職者向けの講演や

新規起業者向けの講演を

する機会があるのですが、

その講演後に結構同じ質問をされるので

今回、記事にしてみました。

講演の後によく相談されること

それは!

私が本当にやりたいことを見つけました!!

でも・・・

今まで続けたきた仕事を

急に辞めるとみんなに迷惑がかかるし・・・

みたいなのとか

今の仕事は面白くはないけど、

安定して稼げてるし悪くはない状態

とかぁ

ライフワークにしたいけど・・・

家族が納得してくれないと思う

とかですかね。

いろいろなパターンがあるのですが、

みんな共通してるのは、

今の仕事を辞めることに

躊躇している感じです。

新しい環境に飛び込むというのは、

なかなか勇気がいることだと思います。

だから誰かに背中を押して欲しい

というのは少し理解できます。

でもね~

これらの質問は全部に言えますが、

自分の中では

やらないことを決めてるんですよ。

やろうとしてるフリだけ

本当にやろうとしていないのに、

相談されても返す言葉は一つですよ。

「今の仕事を続けたほうがいいですよ」

ってね。

なにかに挑戦するということは、

成功するまで続けないと、

必ず失敗するわけです。

なにを当たり前のことを

言ってるんだっ!

って思うかもしれませんが、

意外とこれくらいのことも

分かっていない人が多いんですね。

転職でも起業でも

多い話ですけど、

次の仕事をやるにしても、

これくらいのスキルがないと!とか

最低限、これくらいのお金と人脈が

ないと起業はちょっととか

やたら助走をつけて、

飛び出そうとするんですけど、

いくら事前準備したところで、

成功率なんて対して変わらないですよ。

結局、やってみないとわからないし

たまたま初月だけうまくいっても、

後が続かないかもしれないです。

失敗したり、成功したりを

なんども繰り返しながら、

ずっと続けていくのは、

どんな仕事も一緒だと思います。

今の仕事を続けるか

新しいことにチャレンジするか

その判断基準の1つが、

失敗して大恥かいても、

続けていくだけの気概があるかです

どうも、転職でも起業でも、

かっこよくスマートにこなしたい

という心理が働くようです。

これまでのキャリアもあるし、

かっこ悪いところは、

あまり見せたくない

年齢も自分のほうが上だし、

情けない姿を晒したくない

そういう気持ちがある方は、

起業とか転職はやめて、

今の仕事を続けるのが

ベストだと思いますよ。

少なくとも今の職場は、

クビになっていないのだから、

必要とされているわけです。

そこで落ち着くのは

何も悪いことじゃないです。

むしろいい感じです。

そういえば、

生涯無敗でいる方法って

知ってますか?

それは、一度も戦わないことです。

生涯のキャリアが

0勝0敗になるので無敗です。

それと似ているかもしれません。

何も挑戦しないということには、

負けない、失敗しないという

メリットがついてきます。

この大きなメリットのせいで、

挑戦しづらくなってるんですね。

戦わなければ負けはしない

しっかし、

負けたり、失敗するのってそんなに

恥ずかしいことなのかなぁ

その時、その時は悔しいとは思うけど、

最終的にうまくいけば、

失敗談や挫折した話なんて

最高のネタじゃないですか。

むしろ適当にやったら

うまくいきましたなんて人の話

誰も聞いてくれませんからね。

成功した後のこともちゃんと考えるなら、

失敗談の1つや2つないと、

ほんと、後々辛いですよ。

失敗することを恐れたり、

恥ずかしいと感じる人は、

今のままでいいんです。

まったく悪いことじゃないです。

逆に一個失敗するたびに、

成功後のネタができたくらいに

思えるなら、

いろいろ挑戦したほうがいいと思いますね。

失敗しまくってネタ帳が

超分厚くなってしまった人

たぶん、もうそれ成功してますね。

トークで食べていけますよ

あっでもやりたいことではないか(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする