エアコンハラスメントって何度から?

近年ハラスメントという言葉が

多様化してきて、

ついにエアコンハラスメント、

通称エアハラが問題になっています。

エアコンハラスメントというのは、

社内のエアコン設定温度が低すぎて、

仕事中、寒くて体調を崩してしまう

という寒いすぎるケースと

エアコンの設定温度が高すぎて、

熱中症の危険があるという

暑すぎるケースがあります。

この2つの問題は、

どうして起きているのか?

というところに目を向けてみましょう。

2006年にクールビズが発足し

エアコンの設定温度は28℃に

しましょうという話が出てきました。

設定温度が1℃変わると、

電気代がいくら安くなるとか

CO2排出量がどうこうと

言われ始めました。

働いている側からすれば、

28℃設定で快適に働けることも

あるでしょうが、

OA機器や熱を発するものが

多い職場では、

暑くて大変ということもあります。

2010年代になると、

エアコンの設定温度28℃という話から

室温が28℃程度になるように

とニュアンスが変わってきました。

部屋の温度を28℃にするためには、

エアコンの設定温度を

少し低くしないといけませんね。

締め切った部屋ならいいですが、

ドアの開け締めが多いと、

どうしてもエアコンの効きが

悪いですからね。

そこでエアコンの設定温度を

下げて室温を28℃程度にしよう

とした結果、エアコンハラスメントが

発生するようになりました。

職場の環境にもよりますが、

設定温度を25℃くらいにすると、

結構冷たい風が出てきます。

エアコンの近くにデスクがある場合

かなり寒いと感じる場合もあるでしょう。

特に女性は寒く感じるかも

しれないですね。

この時に結構出てくる文句が

部屋が寒すぎるという話です。

「冷房が効きすぎて体調が悪くなった」

こういったクレームが

上司にあがることは少なくありません。

会社としては、

労働安全衛生法を守る必要があるので、

労働者にとって、働きやすい環境を

提供する必要があります。

部屋が寒すぎるのであれば、

ちょうど良い温度に設定しなおす

これをしないとエアハラなわけですね。

寒すぎる職場、エアコンでやられたって話

一度や二度聞いたことありますよね。

というのが元々のエアハラだったのですが、

近年、のことが起きています。

女性社員が寒い寒いといって、

エアコンを使わせてくれない

設定温度を30℃とか

すごく高い温度にするというケースが

増えてきて男性社員が困っているようです。

快適な労働環境を提供しなければいけない

会社としてはどちらの声を聞くべきか?

明確な基準はあるのか?

というのが気になりますね。

快適なクラスガイドラインによれば、

エアコンの設定温度は25~28℃

外気温との差が7℃以内

というのが目安になるそうです。

これでも、寒いと感じる人は、

もう一枚羽織るとか、

防寒対策を社員がしないいけないようです。

薄手の格好をして

寒い寒い文句をいうのは

お門違いということですね。

体感温度というのは、

個人差がとてもありますので、

そりゃあそうですよね。

寒ければ着ればいいですが、

暑い場合は脱げばいいって

わけにはいきませんからね。

防寒対策せずに、

寒い寒い文句を言う人が増え、

新たなエアハラが発生しているようです。

設定温度が24℃以下になっていたら、

文句言っても大丈夫ですが、

25℃以上の場合は、

自分自身で調整しないといけません。

なんかこう、

とりあえずゴネておく

みたいなのがすごく増えてますね。

みんなが気持ちよく働けるように

互いに協力しあってほしいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする