痩せたいならしっかり食べる!

夏に備えて、少しは痩せたい!

そんな風に毎年思うものの、

たいして食べてないのに、

痩せないんだよなぁ・・・

もう年なのかなぁと思いのあなた!

そんな人のために、

痩せるための食事というテーマで

お話をしたいと思います。

もともと痩せている人が、

さらに痩せるためのお話ではなく、

自分の体にとっての適正にする

方法を考えてみたいと思います。

そもそもダイエットって

痩せるって意味じゃないですしね。

ダイエットは、

健康になるために、

食事をコントロールすることです。

今、太っている人は、

細身にするということになりますし、

今、痩せている人は、

通常の体型にするという意味になります。

まず、食事を考えるときに、

いちばん大切なことは、

エネルギー源の確保です。

ビタミンがどうとか、

ミネラルがどうとか、

それは後回しでいいんです。

体のエネルギー源といえば、

タンパク質炭水化物脂質です。

この3つを適度に摂ることから

始めないと・・・

足りないエネルギーを捻出するために、

筋肉を削って糖分を作り

エネルギー補給します。

そうすると、

筋肉が減るわけですから、

当然、代謝が落ちてきます

糖質制限というダイエットが

流行っていますねぇ

体重は減るかもしれませんが、

脂肪だけではなく、

筋肉も減るため、

リバウンドしやすい体になります。

なので、

単純に糖質を制限するのではなく、

タンパク質炭水化物脂質

きちんと摂ることから始めないと、

体重落として、太りやすい体質になるので、

延々と努力しづけないといけなくなります。

とはいえ、

糖質を摂りすぎて良いわけではありません。

タンパク質炭水化物脂質を摂るときに

食物繊維をあわせて摂ることで、

血糖値の上がり方が緩やかになります。

この効果により、

内臓脂肪の合成が低下するため、

脂肪がつきにくくなるんですね~

炭水化物も大事とはいえ、

こんな食事は駄目ですよ。

は、パン食べておしまい

は、パスタ食べておしまい

は、太るからサラダだけ食べておしまい

なんか普通にたくさんいそうな感じですね。

タンパク質はどこにいったぁ~って感じです。

卵、肉、魚、大豆

これらをちゃんと合わせて摂らないと、

太りやすくなるよ!!

少し改良するなら、

は、パン+卵

は、パスタ+チキンサラダ

は、お魚+野菜

うん、これなら最低限な感じ

ただタンパク質=肉となると、

やってしまいがちなのが、

カルビ、牛バラですよ。

あれは、タンパク質はほとんどなく、

油の塊です。

脂質もたしかに必要なんですが、

動物性の脂質は摂りすぎると、

内臓脂肪の合成されるので、

同じ脂質ならお魚系の油がいいですね。

主菜はやっぱり、

白米、ご飯が良いって方は

出来れば雑穀米や玄米を混ぜて、

食物繊維を増やすと、

内臓脂肪が作られにくくなります。

代謝を下げないようにすることが、

痩せやすい体作りの基本です。

まずはタンパク質!!

きっちり摂ることです。

次に、気をつけるのは、

必要不可欠の糖質をちゃんと摂る

ただし、食物繊維を同時に摂ることで

血糖値を上げない工夫が必要です。

最後に、脂質もなんやかんやで必要です。

油分を摂らないというのは、

それはそれで駄目なので、

きちんと魚系の油分を摂ること。

この3つを意識すれば、

食べながら痩せるという

理想的な状態が作れます。

そして、リバウンドも

もちろんしにくい体になります。

やっぱり、食べながら痩せるのが

1番ですなぁ~

見かけの上の体重にこだわるのは

もうやめましょう。

あの数字に意味なんかないのでね~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする