電子レンジで温めた食べ物は危険なのか?

ネットニュースを見ていたら、

電子レンジの安全神話は崩壊した!

というおもしろ記事を発見しました。

いきなり、なんのこっちゃと

思って読んでみたら、

輸血用の血液を電子レンジで

人肌に温めて輸血したら、

死んでしまったという

医療事故?があったそうです。

(1991年頃)

このことから、

電子レンジは危ない

ただ温めだけなのに、

人が死んだ!!

じゃあ、

レンジで温めた食べ物だって

危ないに違いない!!

危ないから使っちゃダメだと

メディアでは言わないでしょう

みたいなお話でした

(2018年8月の記事)

も~突っ込みどころが

満載すぎて笑ってしまいました。

輸血用の血液を

電子レンジで温めるって

医療事故っていうよりも

ちょっとした計画殺人ですよね

点滴ならまだわかりますけど、

輸血用の血液は冷やしておくものでしょう

なんで温めるかなぁ

凝固作用があるんだから、

血管の中で詰まって死ぬでしょう

なぜこんなことしたのか

わかりませんが、

僕がその場にいたら

わざとやっただろうって疑います

という話をベースに

電子レンジは危ないっていうのは

根拠としてかなり厳しいでしょう

それはさておき、

火で温めるのと

電子レンジで温めるのは

だいぶ仕組みが違いますから

化学的な変化は必ず起きます。

コンロは赤外線を使って、

表面を温めますが、

レンジはマイクロ波を使って

内部まで温めます。

奥の奥まで強力浸透

それが電子レンジなんですね~

そのため、

食べ物を温めると、

栄養素を破壊しやすいので、

ビタミンなどは熱によって

かなりなくなってしまいます。

ここで重要なのは

栄養素というのは熱に弱い

と言う部分です。

どれくらい弱いかというと

叩いたり、すりつぶしたり

ミキサーにかけるだけで

栄養が壊れます。

どういう風にやっても

調理すると栄養が壊れる

ということです。

一流の調理師でも

栄養素を壊さずに調理するのは

難しいでしょう。

レンジは

普通の火に比べると、

食べ物の中まで熱が入るため

より壊れやすい

それがレンジの長所でもあり欠点です。

なので、

電子レンジで温めると

品質が下がるというのは

いいんですけどね~

いろいろネットで記事を

書いている人たちをみると

電子レンジは放射線と

一緒で低線量の被爆とか

そういうオーバーな話もあります。

もう電子レンジが日本で普及して

約60年がたちました

世代的には2代くらい進んでいます。

もしも、

電子レンジがそこまで危険なら

僕らの世代や子の世代は、

悲惨なことになってると

思いますけどね

さらに、2000年代から

Wi-Fiが登場しましたよね

無線LANでお馴染みのあれ

あの電波って・・・

マイクロ波ですよ!

電子レンジで加熱された

食べ物が危険なのであれば

体に直接当たったら

もっと危険なはずです。

電車の中でWi-Fiを使用する

イメージをしてみてください。

電車という閉ざされた箱の中ですよ

乗客みんなが電波使ってる

四方八方からマイクロ波が飛んできます。

あれ・・・?

電車の中って電子レンジ

一緒なんじゃない?

通勤時間が1時間ある人は

毎日、電子レンジに1時間

入ってるようなものですね~

電子レンジで温めた食べ物が

怖いって話よりも

電車が怖くなってきましたね。

もしかして、

電車の中にいると

眠くなるのとって

電波で体を攻撃されすぎて

疲弊してるからなのかな・・・

とか言い出したくなりますね。

きっと電車内で痴漢が多いのも

マイクロ波が脳とアソコを温めて

変に燃え上がらせてるんですね

(なぜか男性だけ)

なんてことを僕が言い出したら

あぁついに小城博士も

電波にやられて頭おかしくなった

やっぱ、

マイクロ波あぶないわぁ

と危険性を理解してくれますね。

そういえばこの話題を

知り合いの弁護士に話したら

もしそれが本当なら、

電車内で顧客を探すのが

一番効率がいいねって盛り上がりました。

マイクロ波による傷害事件

鉄道会社を相手取って訴訟

Wi-Fiを使ってそうな人を見つけては訴訟

マイクロ波専門の弁護士

なかなか熱いかもしれませんね!!

元々、軍事技術からの転用ですから

扱い方を間違えると危ないですよ

1944年頃は殺人光線なんて

呼ばれてましたからね

怪力光線とかね~

もう70年以上前のことなので

さすがに古い話ですね~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする