パートナーの長所を52個書き出す

パートナーシップにおいて、

ものすごく重要なこと

それは感情のコントロールです。

相手の感情を制御しよう!

という意味ではないですよ(笑)

どうしたって、人間ですから、

イライラする日もあれば、

意味もなく泣きたい日もあります。

そんなときって

悪いところに目が行きがちかもしれません。

なんでこんなに苦しいのに、

分かってくれないんだろう

それなり辛いって

アピールしてるのに

鈍感すぎて察してくれない。

そんな風に感じたり、

思ったりするときもありますよねぇ

どんなにラブラブな相手でも、

いつか気持ちが落ち込む日は

やってきます。

パーフェクトに見えていたのは、

恋愛状態による錯覚ですからね~

ホルモンのバカぁ~って感じ

そんな来る将来に備えて、

交際し始めたら、

やっておくべきことがあります。

ヤっておくじゃなくて、

やっておくね。

それは、

パートナーの良いところ52個

ノートか紙に書き出してみることです。

現代ならスマホのメモ帳アプリでもいいです。

最初の10個位はささっと書けますよ。

でも、そこから先はなかなか厳しいですよ。

52個もないよ!

ってめげることもあるでしょうね。

1日で書き上げるとなれば、

さすがに無理です。

かなりの人が脱落してしまいます。

でも、

1週間に1個書くならどうですか?

毎週日曜日に1個書いてもいいですよ。

その週、なんか褒めるようなことあったかなぁ

って振り返ってもいいですね。

悪いところではなく、

小さいな親切や気配り、嬉しかったこと

ちょっとしたことでいいから、

1個だけ書いてみましょう。

そして、それを52週間続けると・・・

なんと1年経ちます。

交際2年目は、

いろいろと慣れと飽き、甘えが出て、

イライラする日も増えるでしょう。

そんなときです。

このパートナーの長所52個ノートを

見直してみましょう。

良かった部分だけが詰まっている

思い出のノートです。

書き上げたちょっとした長所は、

楽しかったり嬉しかったりしたときの

記憶を効率よく引き出します。

いわば、思い出の目次欄なんです。

例えば、こんな感じに書いたとして、

1:可愛い、2:気が利く、3:笑顔が素敵

4:仕事を頑張ってる、5:人のために泣ける

6:起きて待っててくれた、7:よく笑う

8:掃除が丁寧、9:明るい、10:かしこい

11:仕事をフォローしてくれる

12:面倒見が良い

とか、そんな感じに52個ですよ。

まぁこんな12個書いてだけでも、

「こんないい子いないなぁ~」

って思いますよね。

これが52個ですよ。

もし、そこに書かれている長所を

すべて持っている子を探そうとしたら、

まぁまず、フリーじゃないでしょうね。

絶対モテるから、

すでに誰かと付き合っているでしょう!

そう、いまお付き合いしている相手って

きっと本当に素晴らしい人なんだと思いますよ。

でも、必ずしもそうではないこともありますね。

いくら長所が52個以上あったとしても、

犯罪に手を染めている

家庭では暴力的

世間体ばかり気にする

これらが1個でもあったら、

もう駄目でしょうなぁ

あと、

52個あげられなかった・・・

って場合は、別れたほうがいいでしょう。

ちっちゃいことでも、

適当に嬉しかったこととか書いていけば、

1年で52個ってむしろ少ないくらいですよ。

見切りをつけることも大事ですね。

とりあえず、今から週に1個だと

なかなか間に合わないから、

ささっと10個位みんな書いちゃいましょう。

あとは、生活しながら気づいたら

メモしておけばいいんじゃないかな

これだけ、パートナーに対する

イライラする気持ちが解消され、

もっと好きになっちゃうかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする