パートナーシップ!返す言葉はありがとう

自分にとって良いこと

言われて嫌なこと、

さまざまなシチュエーションが

あると思いますが!

どんなときでも、

「ありがとう」を返すことが出来れば、

パートナーシップは良くなります。

ありがとうって返さなかったために、

後々大爆発する地雷になる

シチュエーションを考えてみましょう。

パートナーが褒められたとき

日本人はものすごく謙虚なもので、

自分のパートナーが褒められると、

ついつい、悪く返してしまうことがあります。

例えば~

「素敵な旦那さんね!」

なんて言われると、

「外ではいいけど、いつもはゴロゴロ」

逆のケースで

「素敵な奥さんですなぁ」

なんて言われると、

「いやいやそんなことないですよ、

 ○○さん(相手)のとこほうが素敵です」

なんていうやり取り、

一度は見聞きしたことがあるんじゃないですか?

もしかしたら、無意識のうちに

似たようなことを言ってたりして

日本人であれば、

そこまで違和感のない会話例ですが、

この会話例を外国の人に見せたら、

まったく理解してもらえません。

謙遜の気持ちから、

パートナーの悪口を言う?

なんのために?

おかしいんじゃないの?

絶対にやめたほうがいい!

そんな返答がだいたい返ってきます。

文化的な背景が違うとか、

日本では褒められても、

調子に乗ってはいけないとか

そういうものがあるとはいえ!

大切なパートナーや家族を

悪く言う文化はありません!

なんとなく照れくさくて、

素直に受け取らない

謙虚な気持ちから、

少し悪く言う

たしかに理解はできますが、

それを言われた人たちは

どのような気持ちになるでしょうか?

褒めた相手も、

なんかいいなぁと思って、

褒めたら、違うって否定され

パートナーから見れば、

眼の前で悪口を言われてる

なんのメリットもありませんね。

自分だけでもなんかメリットがあるのか?

と考えみても、

謙虚さは感じないし、

微妙な人という感じ

つまり、パートナーを悪くいうことは

止めたほうが良いってことですな

では、どうするべきなのか?

っていいますと、

パートナーや家族のことを

褒められたら!

「ありがとう」

って返せば良いんです。

「ありがとうございます。」

「いつもよくやってくれてるんですよ」

なんでもいいですが、

そんな返答がベストです。

こういったやり取りというのは、

その日のうちに効果が出ることは

少ないですが、

塵も積もれば山となります。

なんでいつも外に出ると、

悪く言われるんだろうとか

たまたま機嫌が悪い日だと、

些細なことがムカつくものです。

しかし、一歩外に出れば、

感謝の言葉を発してる

言われて嬉しい言葉ナンバーワン

「ありがとう」

って言われてる

プラスの感情の方でも、

徐々に貯まっていきますね。

最初のうちは、

感謝の言葉を発するのは

なかなか恥ずかしくて抵抗が

あるかもしれません。

徐々に慣れますから、

とりあえず嫌味っぽい言葉から

全部、ありがとうに変えてみましょう。

即効性はないですが、

確実にパートナーシップが良くなります。

慣れれば、

ありがとうって言うタイミングなんか

日常でたくさんありますよ。

エレベーターの開くボタン押しててくれた人

黙って降りる人も多いですが、

この話を理解できてる人は、

自然とありがとうって言ってます。

ボタンの前に立ってたんだから、

当たり前でしょう!とまでは

思う人はいないと思いますが、

何もいわないで降りるって

そういう意味なんですよ?

無言からありがとうに変える

というのも重要ですね。

何一つ当たり前のことなんて

ないんだからね~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする