家族サービス男女で変わる意味の違い

さて、本日のテーマは家族サービスです。

この言葉、よく聞く言葉ですが、

女性の間では、

ネガティブな印象に受け取られることが

多いリスキーな言葉です。

決して前向きな時に使う言葉では

ないことをご存知でしょうか?

えっなんでぇ~!!

とキレ気味な人もいると思いますので、

解説していきましょう。

この家族サービスという言葉を

使うシチュエーションは、

男性仕事の休みの日に、

家族と遊びに行くとか、

買い物に行く、旅行に行く時に、

週末は家族サービスをしないとね

みたいな感じで使われることが多いです。

さて、これを言われた女性側は

どのような心理状態になるか?

考えたことありますか?

はぁ?家族と遊ぶことがサービス?

愛する家族と何かするのが、

いやいやな訳?と

サービスという言葉が、

とてつもなく引っかかり、

イヤイヤ奉仕しているという

ニュアンスに受け取られます。

サービスしてやるという

上から目線の言葉になってしまうんですね。

これ、男性側からすれば、

そんなつもりじゃあ・・・と

めげますよね?

でも、そういう風に聞こえるんです。

男としては、

誠心誠意尽くさせていただきます。

精神的土下座状態であっても、

その気持ちは伝わりません。

(めんどくさいね)

サービス=無償奉仕

本来はやらなくていいことを

特別にやってるという感じ

これが、いけないわけですね。

えっでも月から金まで働いているんだから

仕事を言い訳にする人もいます。

女性側も月から金まで、

家事、育児、掃除、

そして、微妙なSEXに

付き合ってますよ。

たまの休みの土日くらい休ませてよ

と男性と同じ理屈を当てはめると、

土日は、ご飯無し

洗濯しないから着るもの無し

子供がいれば、徐々に非行に走る

とんでもない事になりますね。

夫婦どちらも休みにすると、

ご飯がないわけだから外食しかないわけです。

サービス的要素がないことは

自明の理ですね。

男だけが毎日頑張っているわけではないんです。

むしろ、仕事が大変って・・・

そんなに仕事できないの?って話になります。

真の働き方改革する?

なんか、そういう講座やってるらしいよ?

とステマはここまでにして

男性側からは、

うちのパートナーは、

家事も育児もなんもやらない

ゴロゴロして遊んでいるだけだよ!!

文句の一つもそろそろ出てきたでしょう。

えっそんなにそれが嫌なら、

別れればいいじゃん。

なんで付き合ってるの?

・・・

多少文句があっても、

一度、惚れた女にゃあ、

逆らえない。

そういうことですかね?

いやぁわかるよ~

悪い女と

分かっちゃいるが

忘れられない

わけがある

ついつい、都々逸(7 7 7 5)

を歌ってしまいましたね

ちなみに、頭の文字が”わ”で揃ってます。

そんな心境ですよね~

嫌いじゃないですよ

でも、自分の思いが

正しく伝わらないんじゃ、

意味がないですよね

そして、女性側も、

惚れてるという弱みにつけこんで

苛めないであげてください。

男って、とても弱い立場なんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする