伊勢神宮・お伊勢参りで気になる服装やマナー

伊勢神宮・お伊勢参り・

正式なルートなどで検索をすると、

さまざまなルート提案されています。

 

読めば読むほど、

何がベストなんだ・・・?

古くからの習わしに則ったほうが・・・

といろいろ悩んでいるうちに

少し面倒だなぁという気持ちに

なる人もいるかもしれません。

 

インターネットで調べて出てくる

正式なルートというのは、

せっかく来たんだから、

数時間かけて回りましょうという

ルート提案であって、

必ず書かれているようにしないと

ご利益がないわけではありません。

 

伊勢神宮の公式ホームページを見ても、

30分モデルコースや

60分モデルコースというものが

提案されています。

モデルコース|ご参拝・ご祈祷|伊勢神宮
お伊勢参りのおすすめコースをご紹介。内宮・外宮へのお参りから伊勢と神宮の歴史を学べる要所まで。ご祈祷やお神札授与所への立ち寄りもお忘れなく。お伊勢さんとして親しまれる伊勢神宮へぜひお参りください。

 

これを見ていただいてもわかりますが、

あくまでこうすると効率よく回れます

というモデルコースなだけですので、

こうしないとご利益ゼロ!

むしろマイナスということではありません。

 

伊勢神宮公式ページでも言われてますが、

四季折々の美しい景観や

森のかおりを楽しみながら、

ゆっくりとご参拝ください。

とのことです。

 

大事なことは、

神への感謝と謙虚な気持ち

そして、楽しむことです♪

最低限おさえておきたい知識

正宮→別宮に行く

外宮(豊受大神宮)と内宮(皇大神宮)

どちらにお参りしたとしても、

正宮に行ってから、別宮に行く

という順番は守りましょう。

 

内宮は右側通行・外宮は左側通行

はっきりとした理由が

あるわけではないんですが、

内宮では右側通行

外宮では左側通行になっています。

 

看板にも書いてあるので、

行けばなんとなくわかりますよ。

 

服装について

これだけあれこれルールがあると、

服装や靴などにもなにか決まりが!?

と考えてしまいますが、

これといってダメなものはありません。

短パン、ハーフパンツ、タンクトップでも

基本的に参拝できます。

 

フォーマルな格好をするのは、

会員になって正式参拝をするときです。

 

神域内は禁煙

タバコは喫煙所がありますので、

そこで吸いましょう。

歩きタバコは厳禁ですよ!

 

神域内は飲食禁止

水分補給等は休憩所があるので、

そこでしましょう。

歩きながら食べたり飲んだりは

してはいけません。

 

ペットを連れて歩けない

ペットは入口で預けられます。

神域内を一緒に歩くことはできません。

 

といろいろルールがあるように見えますが、

伊勢神宮の中では、

飲食、タバコ、ペット同伴禁止くらいです。

事前に分かっていれば、

十分に対策できますね。

 

源さんイチオシ参拝ルート(1時間)

・五十鈴川で手を清める

 

・瀧祭神

ここは天照大御神に

要件を取り次いでくれるところなので

「うまいこと取り次いでください」と参拝する

 

・正宮

ここって本来、

平和を感謝するところだから

お賽銭も禁止なんですよね。

だから賽銭箱もないし

 

・荒祭宮

個人的なお願い(宣誓)を

聞いてくれるところ

 

・お守り等購入

 

・宇治橋の擬宝珠を触る

鳥居から見て、

左側の2番目の擬宝珠のなかに

万度麻(まんどぬさ)という

神札が入っているので

そこを触って帰るとご利益アップ!

 

参拝方法

手水の作法

清め方

1:右手で柄杓を持って水を汲みます。

(なるべく多めに水を汲みましょう)

2:左手に水をかけて清めます。

3:左手に柄杓を持ち替えて

4:右手に水をかけて清めます。

5:右手に柄杓を持ち替えて

6:左手に水を受けて口をすすぎます。

(柄杓に口をつけたり直接水を含まない)

7:左手を清めます。

8:残った水で柄杓を洗い清めます。

途中で水を汲み足さないようにしましょう。

 

二拝二拍手一拝

腰を90度に折り、

2回深いお辞儀をします。

 

胸の高さで両手を合わせ、

右指先を少し下にずらして

パンパンと2拍手します。

 

ずらした指を元に戻して、

最後に深いお辞儀をします。

 

 

伊勢神宮をお参りするにあたって、

最低限のマナーやルートについて

お話しました。

ここには書かれていない

素晴らしいパワースポットなども

たくさんありますので、

美しい景観を楽しんでください。