飲酒とハゲの関係

いつの頃からだろうか

お酒を飲むとハゲるという話が

広まったのは。

インターネットで飲酒 薄毛とかで

検索すると大量に記事が出てきます。

内容を読んでみると、

それっぽい理屈で話が展開され、

あぁ確かにハゲそう・・・

と思ってしまいますね。

しかし!

本当に飲酒とハゲには因果関係があるのか?

それを今日は考えてみたいと思います。

飲酒をすると体内で何が起きるのか?

ここから考えてみましょう。

お酒を飲むと、アルコールを分解するために、

肝臓がフル回転します。

その時に、ビタミン亜鉛

大量に消費され、

さらに、尿によってミネラル類も

たくさん流れます。

一時的に、血液中の栄養素

かなり薄くなるというのが、

飲酒やジュースを飲んだ時の特徴です。

このお話が取り上げられ、

育毛や発毛に影響を与える

つまり、ハゲる!

という話につながっているわけです。

しかしね~

この理屈で考えるなら、

大量に水を飲んでも似たようなこと

起きるわけですよ。

水を飲みすぎて、

オシッコが近くなる。

そして、頻繁にトイレに駆け込み

出しまくりとなれば、

血中の栄養素はどんどんなくなり、

ミネラルも枯渇

髪の毛の発育に重要な

ミネラル類が少なくなり・・・

ハゲる!!

って話になっちゃいません?

水もダメ

お酒もダメ

そうなってくると、

野菜もダメになりますよね?

野菜はほとんど水分です。

90%以上水分で出来ていて、

キュウリに至ってはほぼ水です。

つまり、キュウリを食べすぎると、

水分過多になって、

オシッコが近くなって、

頻繁にトイレに駆け込み、

ミネラル分を排泄して

結果的に・・・

ハゲる!!

・・・

んなわけあるか!

って感じですね。

この話を逆に考えれば、

ミネラルを大量に摂れば、

生えるという話になります。

えぇ~

亜鉛とってれば、生えるの?

ほんとぉ?

亜鉛摂りすぎて、

精力旺盛になって、

男性ホルモンがびんびんになって、

逆にハゲたりしない?

ということが逆に心配になります。

さて、こんな感じで理屈で考えても

しょうがないので、

ハゲの専門家にちょっと聞いてみました。

その結果、

飲酒と薄毛に関係性はあまりない!

というお話でした。

ただし、飲酒そのものが原因ではなく、

飲み会が多い=ストレス過多

という図式から、飲酒が多いとハゲるという

可能性はあるそうです。

アルコール分そのものが問題ではなさそうです。

まぁ飲酒する機会が多いということは、

それだけ、面倒なことが多いということですね。

美味しいお酒は、適量飲めば百薬の長です。

詳しくはこちらの記事へ

しかし、つまらないお酒

面倒な人間関係

タバコがモクモク

この場に数時間いることを考えると、

確かにハゲそう!!

っていうか、ハゲる!!

そして、ハゲ研究若手のホープ

20代の研究員に聞いてみたところ、

どうやら、ハゲに影響するのは肥満のようです。

あぁ~昔から

チビ、デブ、ハゲと3拍子

揃ってましたしね。

それはありそうです。

医学的にはBMIが25以上になると、

男性型脱毛症(AGA)と関係性が

出てきます。

肥満の方が、飲酒より遥かにハゲやすい

ということですね。

ただ、研究員達と話していてわかったのですが、

やっぱり、ハゲのことを気にしすぎることが、

もっともハゲる感じがします。

好きなものを食べて、

美味しいお酒を適度に飲んで、

楽しく生きる

これがハゲない秘訣ですね。

それでもハゲたらどうするかって?

それはハゲるべくしてハゲたのです。

そう、まさに運命!

運命に抗うことは

とても険しい道のりになるため、

ときには、諦めも必要です。

長い友と書いて髪ですね。

その親友との決別は、

とても悲しく辛いでしょう。

しかし、別れがあれば出会いがある

きっとこの先良いことがありますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする