理系でなくても感動した数式によるラブレター

計算不要の数式を使って

愛の告白ができる

というネタを学生さんから

教えていただきました。

 

数式と聞くと、

ほとんどの人が

アレルギー反応が出るかもしれませんが、

内容的にぜんぜん数式の意味が

わからなくても感動できるので、

ぜひ、続きを読んでみてください。

 

最初話だけを聞いたときに

どうせ、数字の並びが

語呂合わせになってて

114106(あいしてる)

みたいな昔ポケベル時代に流行った

感じなんでしょって

ちょっと小馬鹿にしてました。

 

しかし、

そんな低レベルの話では

ぜんぜんなかったんです。

 

では実際どんなものだったのか

ラブレターが入っている

封筒を見てみてください。

 

封筒をあけるところ(ベロ)のところに

バッテンやシールではなく、

謎の数式が書いてありますね。

128√e980

ぱっと見、ゴロにはならなそうです。

128はそのままにして

ルートの中身を計算しても

意味のわからない数字ですしね。

 

ちなみにeというのは

自然対数の底のネイピア数

2.718281828・・・という数字です。

 

学生時代初めて習ったときに

『ふなひとはちふたはちひとはちふたはち』

とかいって念仏のように

唱えさせられましたね。

なんか先生曰く

パニックになったときに唱えると

精神が落ち着くんだそうです。

ほんと数学者って変態が多いですよね。

 

そんな話はさておき、

どうもこの謎の数式は解けそうにないです。

 

なんとかして

数式をいじくりまわすも

良い答えが出てこない

 

とりあえず

この数式は後回しにして

中身の紙でも見てみるかと思って

封筒を空けてみると

数式が半分に割れて・・・

I LOVE youの文字が登場しました!

 

128√e980そのものに

意味があったのではなくて

封筒を空けたら

メッセージが登場する

という仕組みだったんですね。

 

ほんとこんなこと

思いつくなんて天才ですね。

 

これならラブレターを入れなくても

封筒だけあれば告白できるじゃないですか

 

気づいてもらえなかったら

どうしようもないですが、

これはかなり感動しました。

 

今の時代、

LINEで告白するのが

普通になってきましたが、

いやぁいいですね。

やっぱり紙は!

 

これ自分でも書いてみて

わかりましたけど、

結構難しいですよ。

 

封筒を開けたときに

I LOVE YOUになるように

意識過ぎると

数字が変な形になっちゃうし

適当に書くと、

そもそもなんだかわからなくなるし

ほんと、思いがこもった

封筒だと思います。

 

これは理系であれば

かなり刺さる内容でしょう。

 

理系でなくても

ちょっとニヤニヤしてもらえたのでは

ないでしょうか

 

最近暗い話題が多い中、

久しぶりにニッコリしてしまいました。

ほんといいね

 

めったに封筒で

何かを送ることがないのですが、

なにか送る機会があったら

書いてみようかな

ちょうど、今月末の講座で

郵送するものがあるので、

この数式を書いてみても

面白いかもしれませんね。

でも家族とかに見られて

変に誤解されてもアレだと思うので

やめておきますかね。

 

でも一度は使ってみたい

もしくはもらってみたいなぁ

と思っちゃいますね。

 

皆様もぜひ

封筒に128√e980と

書いて試してみてください。

自分で書いて開いてみても

感動しますよ~

タイトルとURLをコピーしました