女性の薄毛FAGAは社会的な不安感が原因

昔から女性の薄毛は問題視されていましたが、

近年、女性のAGAを治そうという話を

よく目にする機会が増えてきました。

 

今日は、

そんな女性特有の薄毛

FAGAについて

お話したいと思います。

なぜ女性もAGAになるのか?

AGAは男性がなるものなので、

女性がなるFAGAというのは、

まったく同じ現象ではありません。

 

FAGAになったからといって

自分がおっさん化してしまった

とガックリする必要はないですよ。

 

たまに、

最近の女性は雄になってきた

みたいなことをいったり、

女性性がどうとか

女として枯れてきたとか

いろいろ言う人がいますが、

女性の薄毛問題は、

決してそういうことではありません。

 

年齢とともに、

女性ホルモンの量が減ってきたため

髪の毛の発育が悪くなってきたことで

細毛になってボリューム感がなくなったり

少し抜け毛が気になるようになったり

しています。

 

女性ホルモンが減ってきたってことは

やっぱり、女性として・・・!!!

みたいなことを考えそうですが、

そもそも20代中盤以降

女性ホルモンは減少しているので、

ホルモンの量だけで、

女性としてどうという話をするのは

ちょっと違うと思います。

 

その理屈で考えると、

26歳以降は全員ババアということに

なってしまいますよ。

こんな発言をしたら、

ロリコン呼ばわりされて

袋叩きにあいそうです。

 

では、年齢だけのせいではないなら

他になにが原因なんでしょうか?

 

それは、

自律神経の乱れです。

 

年齢や老化の影響というよりは、

40代くらいから

過度なストレスがかかる機会が

単純に増えます。

 

これは社会的な要因だと思います。

 

結婚されている方であれば、

子育ての悩み

ママ友の悩み

旦那の悩み

といった自分ではなかなか

改善しづらい部分のストレスが

多くかかる時期です。

 

未婚の方であれば、

仕事の不安

結婚したほうがという同調圧力

謎の孤独感

といった一人なら一人で

違った対人関係の悩みができます。

 

どちらに転んでも

人付き合いで悩むわけです。

 

もちろんこれは一般論であって

全員が当てはまるわけではないですが、

こうした社会的なストレスによって

自律神経が乱れ、

女性ホルモンの分泌量が

年齢以上に減ってしまうことがあります。

 

その結果、

薄毛になるということです。

 

近年、

特に問題視されているということは、

昔とは違った意味で、

社会的なストレスが増えているのだと思います。

 

正規雇用ではない

安定した収入が見込めない

年金だけでは2000万円足りないらしい

 

いますぐに、

なにかあるわけではないですが

不安感や閉塞感があると思います。

 

知らないうちに、

女性ホルモンを減らしてたわけですね

 

 

そして、

こうしたストレスを貯め続けると

男性ホルモンが増えます。

 

男性ホルモンが増えれば、

油脂が増えるので、

頭皮のコンディションが悪くなります。

 

女性ホルモンが年齢とともに

減るだけなら多少若いときよりも

ボリューム感がなくなったかな?

くらいですが、

男性ホルモンが増えてしまうと

これは厄介ですね。

 

女性のAGAの困ったところは、

女性ホルモンが減るだけではなく

社会的なストレスから

男性ホルモンも増えてしまっていることで

これまで以上にFAGAに

なりやすくなっているんです。

 

年々増えてきているのも

そういった社会的な背景があったようですね。

FAGAの治療法

セルフケアで済むレベルの人と

薬を使わないだめな人がいます。

 

FAGAの進行度によって

そこは決まってきますので、

まずは専門医に相談したほうがいいと思います。

 

一般的には、

ミノキシジルを処方してもらって、

半年くらいかけて徐々に

発毛を促すといった感じの治療になります。

 

 

海外の通販サイトで

安く購入できたりもしますが、

濃度が濃いため、

副作用が出やすいです。

 

女性の場合は、

髪の毛が増えただけではなく、

体毛も増えてしまって、

困ったという声もあります。

 

適切な量というのは

素人では判断できませんので、

安いから通販で買おうではなく

自分に必要な量を調べてもらったほうが

のちのちの副作用で悩まされなくて

済むかもしれません。

 

妊婦さんや低血圧の人は、

絶対に通販で買って試そうと

してはいけません

 

血圧を下げる効果があるので、

クラクラするだけで済むならいいですが、

万が一、それで転んだり、

頭を打ったら大変ですから、

絶対に、自己判断してはダメですよ。

 

 

本格的な治療に入る前に

まずは自分なりのストレス解消法を

見つけてみましょう。

 

どうせ薬を飲めば治るんでしょう

って投げやりな気持ちで

治療をすると不思議と効果が薄くなります。

 

男性の場合は、

治療薬とは関係がないのにEDになったりね。

 

なかなか薄毛になって

笑顔になれといわれても

難しいかもしれませんが、

それでもなんか楽しめるものを

見つけることが大事ですよ。

 

なんとなく5秒位

ふふっと笑える瞬間を

作れたらベストですね~

タイトルとURLをコピーしました