エアコンの風よけカバーで直撃風とカビ対策

だんだん気温が上がり、

暑くなってきましたね~

 

まだ我慢できるからつけなくていいかな?

でも暑いしどうしようって

悩むようなそんな季節になりましたね~

 

ただ、エアコンの一つ嫌なところって

風が体に直接当たり続けると

変に寒くなるのが嫌ですよね~

 

高機能なエアコンになると

センサーで人を避けてくれるみたいですが、

そういった高級機を持っていない場合は、

風よけカバーを付けるのがいいと思います。

 

エアコンの風よけカバーは

だいたいの家に取り付けることができますよ。

 

穴を空けるような工事も無いですし

工具も使わないので、

自分でくっつけることができます。

 

 

エアコンの室内機の下側に

留め具をつけてぶら下げる感じです。

 

エアコンの風が上に行くので、

座っている人に直接、

風が当たらない感じになります。

 

冷気というのは、

部屋の下の方に溜まるので、

冷房は水平か上向きに出したほうが、

部屋を効率よく冷やすことができます。

 

逆に暖房は下向きに出さないと、

いつまで経っても、

足元が暖かくなりません。

 

夏と冬でエアコンの

風向きが逆になるので、

覚えておきましょう♪

 

エアコンの風を直接

体に当て続けるのは

風邪や咳、鼻炎の原因になります。

 

健康被害だけではなく、

美肌にとっても、

エアコンの風はよくありません。

 

エアコンの風で乾燥することはもちろん

エアコンの一番の怖さは・・・

カビです!!

 

エアコンの送風口や

フィルターなど

目に見えるところは

掃除することができますが、

本体内部は簡単に洗うことができません。

 

本体を分解して内部を掃除すると

目に見えないところのカビだけで

バケツの中が真っ黒になります。

(https://curama.jp/magazine/77/より引用)

これだけ内部に黒カビがいるということは

エアコンの風って

冷たくて気持ちが良い風ではなく、

カビまみれの風ということになります。

 

エアコン使うと咳が出るとか

目がゴロゴロする人

それ、カビですよ

 

直接、お肌に当て続けたら、

乾燥するだけではなく、

アレルギーっぽくなります。

 

なので、

エアコンの風は直撃しないように

風よけをしないといけないんですね~

 

先ほど紹介したものは、

エアコン本体の下側に

少しスペースがないと

使えないので、

上側なら空いているんだけど

という人にオススメなのが

これです。

 

 

なんとカバーの内側に

光触媒のフィルターがついているので

ちょっとだけ、

空気も綺麗にしてくれます。

 

取り付ける時に

間違って、エアコンの風を

完全に塞いでは駄目ですよ。

それだと、部屋の中に

冷風が届かなくなるので、

いつまで経っても、

部屋が冷えなくなりますよ~

 

こういう無機質なカバーではなく、

柄が入っているのが良いという方は

こんなのがあります。

 

 

 

エアコン直撃風対策と

カビを浴びない対策をして

夏風邪を引かないように

しましょうね~

 

あまりいないとは思いますが、

よく企業にある

天井に埋込み型の使っている人は

こういうのもあります。

 

自宅もエアコン対策はこれで

完璧ですね~

 

あとは、職場の席が

エアコンの近くの人は

ほんと、辛いですよね~

こういう風よけカバーを

つけさせてくれればいいのにね~

 

たまに気が利く会社は

すでにつけてくれたりします。

 

理解がある上司がいる会社

いいですな~

タイトルとURLをコピーしました