神経治療と整形外科・整骨院等との違いは対処できる痛みの種類が異なる

手技による施術を行うという点を見ると

似ている治療法が世の中には

たくさんあるため、

なにが違うのだろうか?

と疑問に感じていると思います。

 

治療法や施術に対して

しっかりとしたエビデンスがある

というのが大きな違いではないでしょうか

 

本人の体感をインタビューして

一般的な整骨院や整体と比べて

めちゃくちゃすごいでしょ!!

って自慢しているのではなく、

信頼性の高い医療機器を使用して

3歳から88歳までの方々を対象に

ランダム化比較試験を行い

脳波、自律神経レベル、

血圧、脈拍、脈波などなど

様々なデータを測定し、

他の治療法と効果の違いも比較しています。

(指圧、カイロ、PNF、オステオパシー等)

 

その比較評価をするために

自分たちの研究所だけではなく、

外部の研究機関や大学と

共同で研究し高い評価が得られ

治療業界に大きな衝撃を与えたものが

神経治療法になります。

 

僕たちの神経治療法が

もっとも素晴らしい治療法だ

といいたいわけではないのです。

 

これまでの治療法では

なかなか回復が難しかった方に

もう1つの選択肢をご用意できた

と思っています。

 

一般的なリハビリテーションの場合

治ってなくても3ヶ月経ったら

終了してしまい、

なんとなく口コミが良い

整体の先生や気功の先生

その他ヒーリングなどなど

藁にもすがる思いで

なんとか少しでも痛みを取りたい

って思っている方はたくさんいます。

 

それとは別のケースとしては

他の整形外科に通って

レントゲン、CT, MRIをとっても

原因不明・・・

 

年齢が40歳をこえていると、

四十肩じゃないとか

坐骨神経痛じゃないと言われ

なんの効果があるのかも

ろくに説明されずに

電気治療をされたり

赤外線を当てられたり

意味もなく引っ張られて

逆に痛めたりということが

少なくないのではないでしょうか

 

それでもあまりよくならないと

炎症しているから注射打とうって言われ

それでも駄目だと手術しかないね

ってなることがありますが、

あれ・・・?

もともと原因不明だったのに

手術・・・?

なんてことがあると

治療に対して前向きになれなくなりますよね。

痛みは大きく分けて3種類

痛みというのは、

なにかしらの刺激が入っているから痛い

というものと

何も刺激は入っていないけど

神経機能の問題から痛いと感じるものあります。

 

特に整形外科や整骨院等で

骨に異常はないし、

多少歪んでるけどなんでだろうね

ってなっている

謎の痛みに関しては、

神経機能のエラーからくる痛みなので、

いくら指圧したり、

骨をボキボキやっても

そういった物理的な問題ではないため

その場はなんとなく良くなったと感じても

次の日には元通りに戻ってしまうことが

よくあります。

 

僕のところに治療に

来られた方がよく言っています

 

整骨院とか整体は

行かないよりはマシなんだけど

すぐに元に戻っちゃう

 

それは、

神経機能の問題から来る痛みが

強いということなので、

神経を修復もしくは正しい信号を

飛ばせるようにしないと

ずっと痛いままということになります。

 

 

神経機能だけの問題であれば、

ブロック注射やモルヒネ等使えば

痛みは消えるのでは?

と考える方もいると思いますが、

神経機能だけの問題なら

たしかにそれで痛みは消えます。

 

しかし、

現実にはブロック注射を打っても

痛みがほとんど変わらない

もしくは1日くらいで元に戻る

なんてケースもあります。

 

これは、

物理的な刺激でもないし

神経機能の問題でもないんです。

 

ではなにが問題なのかというと

それは霊的な超常現象です!

呪いです!

ってことではなく、

脳が痛みがあることを当たり前と

記憶してしまい、

痛いのが普通という状況になっている

脳のエラーという問題もあります。

 

この問題に対して、

整形外科と整骨院は

ほとんど対処ができないのです。

 

この3つ目の脳の問題や

痛みに関するトラウマは

薬や注射ではなかなか難しく

特殊な技術を持ったカウンセラーや

ヒーリングと言われる手法が

必要になるケースもあります。

 

神経治療は

脳神経にもアプローチができるので

この謎の痛みも対処ができるんですね。

 

物理的に痛いのであれば整体

神経機能が問題なら注射でごまかす

脳の問題であればカウンセリングやヒーリング

だったものが、

すべてひっくるめて治療できるようにしたのが

神経治療法となります。

 

リハビリテーション界の

オールインワンと呼べるものだと思います。

 

しかし、

神経治療法にも

当然、できないことはたくさんあります。

 

骨が変形してしまっていたら

いくら神経や脳を調整しても

これはすぐには治りません。

 

骨盤のゆがみくらいはすぐに

治せますが目に見えて

骨がぐにゃってなっているのは

さすがにすぐは治せません。

 

こういった問題は

整形外科医のほうが僕よりうまいです。

 

原因ははっきりしている

例えば

ヘルニア、半月板損傷、

靭帯断裂、四十肩、五十肩

 

こういった内容であれば、

凄腕と言われる整体師や

柔道整復師の方々の中には

僕よりうまく治療できる方は

いるとおもいます。

 

それ以外の

なんだろうなぁこれ?

ってなるような痛みや

原因不明と言われ悩んでいる

そんな内容だと神経治療のほうが

有利な点が多いです。

 

そして神経治療を行う

施術者の技量も大事なのですが、

もっと大事なことは

どこの神経が傷んでいるのか

それを正しく判断できる目です。

 

闇雲にあっちこっちを治療すれば

それで良いというものではありません。

適当に全身やっておけばいいや

なんてものだったらよかったのですが、

しっかり狙わないと

効果は薄いと思います。

 

神経治療の施術というのは

ほとんど刺激がないので、

受けている側はなんだろう・・・

ほんとペタペタ触ってるだけじゃないの?

って最初の10分くらいは感じると思いますが、

腕の神経治療を行ったときに

腕の皮膚がきれいになり

もちもち、すべすべになるとともに

青筋が消えていくのをリアルタイムに

見ることができるので

それでおぉ!ってなる方が多いですね

 

そして、

神経治療の凄さというのは

治療を終えたその日よりも

3日後くらいがもっとコンディションが良くなる

というのがちょっと普通ではないのです。

 

受けたその日は良いんだけどね

といわれてきたものとは違い

その日よりも次の日

次の日よりも2日後のほうが

もっと良くなると思います。

 

ただし、

ならない場合もちゃんとあります。

それはなにかというと

治療したその日か次の日に

活発に動きすぎて痛めるケースです。

 

3日位は安静にしててねと

必ず説明するのですが、

膝が痛いのが治ったのが嬉しいといって

帰り際にスキップして帰って痛めたとか

肩が動くようになって嬉しいといって

バンザイしまくってたら痛めたとか

 

嬉しいのは分かるのですが、

まだ完治したわけではないので

ある程度ほどほどにして

休んでいただかないと

また痛めてしまうかもしれません。

 

でもそれくらいの結果が

一回の治療で出るって

なかなかすごいことではないでしょうか

 

いろいろ書きましたけど

他より良い治療法だから来てね

なんて営業はかけません。

そもそも商売でやっていないですし

 

なんとなく

神経治療なら治るかもって

直感的にピンときた人だけが

お問い合わせいただければと思います。

 

お問合せフォームはこちら

神経治療お問い合わせフォーム

 

神経治療過去の記事

小城博士提唱の神経機能年齢が15歳に若返る『神経治療』とは?
神経麻痺、運動麻痺など 既存の治療法では 回復が困難な症状に対して、 投薬、注射などを一切使用せずに 手技のみで大きく回復させたことで ...
神経治療はカウンセリング無しで精神・心的外傷・イップス治療ができる?
これまでの医療であれば諦めて 痛みや苦しみとうまく付き合っていくしかない と言われてきた様々な症状が 神経治療法が開発されたことで 驚く...
タイトルとURLをコピーしました