パラベンフリーってなぜ腐らないのか?

無添加化粧品という

言葉を見ると

安全性が高い化粧品なんだなぁ

って思っちゃいますよね。

食べ物で無添加と聞くと、

やっぱり安全性が高い

健康的な食べ物な気がします。

でも化粧品で無添加って・・・?

食べ物と違って、

危ないこともあるんじゃないかな

なんて思っちゃいました。

さて食品と化粧品では

まず何が違うのか

考えてみましょう。

それは消費するまでの

時間が違うと思うんです。

食べ物の場合は、

その日のうちに

召し上がってください

って案内されることが

あるじゃないですか。

防腐剤が入っていない

添加物が入っていない

だからすぐに腐るから

当日中に食べてください

って言われるんですよね

これはすご~く納得できます。

防腐処理していないんだから

一日で腐るって言われても

何も変な気はしませんし、

腐らないまでも、

品質が落ちるというのも納得です。

作りてのこだわりがあるからこそ

当日中に食べてもらいたい

何も矛盾はないですね!!

さてさて、

問題は化粧品です。

最近は無添加

パラベンフリー

という言葉をよく見ます。

防腐処理していないのに

なぜ腐らないのか?

というのが気になりませんか?

例えば化粧水でパラベンフリー

と書いてあると

おっ防腐剤入ってないんだ

これはすごく安全な気がする~♪

って思いますけど

じゃあ、どうして腐らないのか?

と疑問に思って説明を見てみたら・・・

緑茶由来の成分で防腐していると

またなんか安全そうなことが

書いてあります。

緑茶由来ってことは・・・

フェノキシエタノールでしょう。

いやぁ~

フェノキシエタノールで防腐するって

パラベンより毒性が高くなるんじゃないかな?

パラベン=悪

防腐剤=悪

という図式がいつの頃からか

出来上がってしまいましたが

腐るほうが悪でしょう!!

腐ったものを肌に塗るなんて

怖くてできないよ!!

だから、代わりのものを

入れるんですが・・・

かえって毒性上がってるじゃん

ってこともあるわけです。

より安全なものを求めた結果

気がつけば危険なものにたどり着き

安全性よりも、

安心感が優先されてしまっています。

そうしないと売れないんだから

しょうがない!!

って見方もありますが、

みんなが正しい知識をつけていけば

メーカーも変なものを作らなくて

済むわけですね。

メーカーの研究員は

本当に熱心に研究しており、

これじゃ、本当は肌に悪いんだよなぁ

って分かっていながらも、

しぶしぶ作っている場合があります。

利益を上げるためには、

売りやすいものを作らないといけない

という面がある以上、

仕方ないんでしょうけどね~

たまに、本気で何も考えていない

場合もあるから怖いんですけどね

特に外国かぶれになると、

世界では~みたいな事言いだして

外国のものはスンバラシイ

思い込んでしまうケース

肌質なんて同じ日本人同士でも

ぜんぜん違うんですから

外国で良くても、

日本で良いかは別のお話です。

それに薬機法に引っかかって

成分変更した結果、

似て非なるものになることが

多いじゃないですか

ある意味実験台に

されてるようなものですよ~

だいぶ話がそれましたが、

パラベンフリーだから

安全なのか?というと

決してそんな事ありません。

安全性が担保されているわけではなく

安心感を提供してくれるだけです。

でも知ってしまうと・・・

あまり安心できないですね。

本当に防腐剤を一滴もいれていない

というのもあるにはありますが、

結構マニアックな製品になりますね。

一回で使い切りとか

真空になってるとか

とにかく普通の感じではなくなります。

店頭に並べておいて

勝手に売れる製品ではないでしょうから

人気はあまりないんでしょうね。

でも実はすごい

そんな化粧品もたくさんあるから

普通じゃないのを探すのも

楽しいですね~♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする