刺すヒアルロン酸パッチの効果と安全性、注射との違いは?

手軽にできるアンチエイジングで

大人気の美容整形ヒアルロン酸注射。

とはいえ、美容整形外科に行くことに

少し抵抗がある人もたくさんいます。

 

もっと手軽に気軽にできないかなぁ

と悩んでいる人が多いところに

目をつけて開発された商品が

刺すヒアルロン酸パッチです。

 

この商品は、

ヒアルロン酸を注入するための

針がついているパッチでして、

自分の気になるところへ貼るだけで

ヒアルロン注射を打った気になれる

アイテムとなっています。

 

口コミなどを見てみると、

打ってから数時間後に、

ふっくらしてきたかも~とか

シワが薄くなった!!

いつもよりほうれい線が

目立たなくなったかも

といった声があります。

 

美意識が高い系の女性の間では、

お手軽なヒアルロン注射

思われているそうです。

 

そんなヒアルロンパッチは、

そもそも安全なのか?

効果があるのか?

についてお話します。

 

刺すヒアルロンパッチの安全性

ヒアルロン酸は元々体の中にある成分なので、

副作用とかアレルギーが起きにくいものです。

 

刺すヒアルロン酸パッチの針は、

長さが0.2mmくらいと

短めの針になっているので、

皮膚が薄いところに刺さなければ、

血管に突き刺さることは

めったに無いと思うので、

とりあえず大丈夫かなぁ・・・?

といった印象です。

 

では、どこに突き刺さっているのか

といいますと、

表皮の中の角質層といわれる

バリア機能のところに

針を刺してヒアルロン酸を注入しています。

 

角質層というのは、

皮膚の生まれ変わりターンオーバーによって

剥がれ落ちてしまうところなので、

注射した直後は、

ヒアルロン酸によって

潤い感が得られると思いますが、

すぐに無くなってしまうと思います。

 

いろいろな保湿成分と組み合わせても、

もって1日かなぁ~

と思いますので、

いつもより若々しくみずみずしい肌でいたい!

今日は勝負の日なの!!

という時には意味があるかもしれませんね。

 

保湿力の瞬間ドーピングですね。

 

安全性については、

中身がどうこうよりも

針が衛生的かどうかが重要です。

 

針がなんらかで汚れていたり

菌がついていると、

お肌によくないですからね。

 

 

ヒアルロン酸パッチは美肌になるのか?

角質層にヒアルロン酸をいれるので、

半日から1日くらいは、

みずみずしく、若々しい感じの

肌になると思います。

 

ただここで1つ誤解してはいけないのは、

あなた自身の肌質が良くなっている

わけではありません。

 

肌質そのものが良くなるというのは、

自分の体の力で、

ヒアルロン酸を作り、

水分をためておける肌になることです。

そういった体質改善や

肌質の改善ではなく、

瞬間的に、ヒアルロン酸をいれることで

潤っているようみせるかんじです。

 

メイクアップは肌の外側の化粧ですが、

ヒアルロン酸注射は、

肌の内側の化粧といった感じです。

 

メイクを落とせば、

元の顔に戻るように、

ヒアルロン酸がなくなれば、

元の肌に戻ります。

 

一見デメリットように見えるますが、

元に戻るというのが

1つメリットでもあるわけです。

 

あぁやっちまった・・・

ってなっても取り返しがつくからですね。

 

 

ヒアルロン酸注射の方がいいの?

美容外科の先生に質問すれば、

もちろんヒアルロン酸注射のほうが

良いと答えると思います。

 

ただ、それは

きちんとした技術を持っている医師が

高品質なヒアルロンを注射した場合です。

 

えっどういうこと?

って思われたかもしれませんが、

たぶん、美容外科の人たちは

口が裂けても言わないでしょうが、

まず、ヒアルロン酸注射の

腕が悪くて内出血させてしまったり、

変にパンパンにして、

違和感のある顔にしてしまう医師もいます。

 

あとは、

すごく安く体験できるところとかで

あるある話なんですが・・・

そもそもヒアルロン酸を入れていないとかね。

 

じゃあ、何を入れてんだ?

というのはさすがに調査できていないので、

わかりません。

 

というネガティブな話もあるので、

絶対に美容外科に行って

打ったほうがいいよ!!とも

いえないから、

こういうヒアルロン酸パッチみたいな

商品が登場してしまうわけですね。

 

ちなみに、

きちんとヒアルロン酸注射をやると、

短くても3ヶ月くらい効果があり、

長い人で半年から1年くらい

満足できる結果になります。

 

なぜそんなに

効果に違いがあるのかというと、

針を刺しているところが、

真皮層やそれより深いところに

打っているので、

パッチとはぜんぜん違うんですね。

 

効果は高いけど

医師の腕次第というところが

リスクになりますね~

 

そういう意味では、

お手軽にできるヒアルロン酸注射が

刺すヒアルロン酸パッチというのは

間違っていないので、

今日だけ綺麗になりたいときには

良いかもしれません。

 

でも、何日も綺麗で居たいなら

毎日刺すことになるので、

ちょっと考えものだと思います。

 

得られるメリットと

リスクを天秤にかけて、

必要なものを選択してくださいね~

タイトルとURLをコピーしました