美容成分の原液がそのまま配合の化粧品ってすごいの?

プラセンタの原液美容液とか

ヒアルロン酸の原液化粧水とか

原液が入っているというのを

売りにしている化粧品は

とても人気があります。

 

日本語だけをみれば、

お肌に良い成分が

高濃度で入っているように

見えるので、

とてもお得に感じますね~

 

さてさて、

そんな原液化粧品というのは

どういうものなのでしょうか?

 

いろいろなところで質問されるので、

あらためて詳しくお話したいと思います。

 

化粧品の世界

原液化粧品と呼ばれているものは

販売会社では何もいじってません

という意味になります。

 

ちょっと意味がわかりにくいと思うので、

化粧品が作られて販売されるまでの

流れを説明します。

 

化粧品が作られて販売されるまでの流れ

 

原料メーカーというところが、

ヒアルロン酸を作ったり、

プラセンタエキスを作ったりしています。

 

この原料メーカーから

いろいろな美容成分を仕入れて、

化粧水や美容液を作ります。

この美容製品を作る会社のことを

化粧品メーカーと呼びます。

 

そして、

魅力的な化粧水を見つけて

これから世の中に普及させていこう

と考える会社が出てきます。

これを販売会社と呼びます。

 

あとは小売店ショップが作られて、

そこに化粧水が並ぶことで、

僕たちは気軽に化粧品を購入することが

できるわけですね~。

簡単に図にまとめると

こんな感じです。

 

原液化粧水と呼ばれているものは

この図で言うところの、

化粧品メーカーが作った化粧水Aを

まったくいじったり、

手を加えたりせずに、

小売店に並べると・・・

この化粧品は原液です

と呼ばれるようになります。

 

少しでもアレンジしたり、

薄めて量を増やしたりすると、

原液とは呼ばれなくなります。

 

な~んだ、

薄めたり加工していないのが

原液化粧品と呼ばれているなら

やっぱり良いものじゃん!

って感じた人もいると思います。

 

少し意地悪な目で

物を見れる人は

こう感じませんか?

 

原料メーカーや化粧品メーカーが

すでに水で薄めたり、

なにかを足していたら・・・

濃度100%ではないかも?

なんて風に思った方もいると思います。

 

うん、まさにそのとおりなんですよ。

信頼できるメーカーだから

超大手企業だから大丈夫

ってことはないんですね~

 

原料メーカーで作られたときには、

もうすでに水で薄められている

なんてことは当たり前にあります。

 

これはインチキとか

嘘ということとはまた違っていまして

そもそも濃度100%のものなんて

使い物にならないんです。

 

もしヒアルロン酸100%で

何かを作ったら・・・

ガチッガチに固まったものになります。

 

これを100倍以上に薄めて、

ようやくドロドロとした

ヒアルロン酸になります。

 

この時点で原液ってなに?

って感じがするでしょう。

 

化粧品メーカーは

塗り心地の良さに最適な濃度や

保湿感が良い濃度というのを

日夜研究しています。

 

できれば、

製品の価格も安くしたいので、

できるだけ濃度は薄くしたいわけです。

 

そうして出来上がった化粧水Aというものを

まったく手を加えずに売れば

原液化粧品と名乗ることができるんですね。

 

細かい話はさておき、

原液=100%ではない

販売するときにいじってませんよ

というだけのお話になります。

 

普通は販売会社が

微調整するなんてことは

しませんから

大抵の化粧品は原液ということに

なってしまうんですよね~

 

化粧品業界によくある

言葉のマジックの1つが

原液化粧品です。

 

なんか、

ちょっと騙された気分になりますが、

決して悪いことをしているわけではないので

怒っちゃ駄目ですよ~

タイトルとURLをコピーしました