実はもっと高かった主婦業は年収1000万以上の話

少し前から、主婦業を年収に換算したら

700万相当とか1000万オーバーといった

そういう話がたくさん出てきましたね。

女性たちの間では、

勇気づけられたとか、

やっと主婦業の大変さが評価された

と盛り上がっていたのですが、

男性側は、家事が俺の仕事の倍以上の年収?

外で働いている俺らの方が大変だ!

とかまぁケチ付ける人も続出しました。

 

直感的におかしい!!

とケチをつけるくらいなら

根拠を示してほしいですね~

 

では、実際、主婦業は

年収いくらになるのか

ちょっと見積もりを立ててみました。

主婦業1年目の年収見積もり

結婚して子どもができた1年目

果たして、いくらくらいの年収になるのか

ざっくりと計算してみました。

 

まず毎日休みなくあるのが

ごはん作りですね。

1食あたり1時間として

3食で3時間

 

家の掃除、清掃、洗濯などを

合算して2時間

 

買い物

足りない消耗品や食べ物など購入

これは近場で済ませたとして1時間

 

子育て

赤ちゃんの場合は、

幼稚園や学校に行く時間がないので、

自分が寝る時間以外全部

16時間ほどでしょう。

しかし、家事と平行して行うので、

実質は8時間換算としましょう。

 

専業主婦の一日の労働時間は

15時間という見積もりになりました。

 

主婦業1年目は、

まだまだ仕事を覚え始めなので、

時給は1000円とします。

 

日給はいくらになるのか?

時給1000円×15時間で

1日15000円相当の仕事です。

 

これだけでも結構高いですね。

しかし!

15時間労働ということは、

9時間目からは残業代が付きます。

つまり7時間は時給1250円に上がります。

 

そこを踏まえて計算し直すと

1~8時間までは、1000×8

9~15時間までは、1250×7

 

合わせて日給16750円です。

 

主婦業は休みの日というのが

基本的にないので、

これを30倍すれば月給になります。

 

その額なんと・・・

502,500円!!

 

月給50万ですよ。

大抵の男より月給が高いと思います。

会社員であればかなりポジションですね。

 

専業主婦業というのは、

初年度にして月給50万相当なんですよ

 

あれ?

じゃあ、年収600万じゃないか

誰だ1000万オーバーとか

言ってたやつは!!

と言い出す人もいるでしょう。

 

ふっふっふ

何度も書いてるでしょう

初年度はってね

 

・・・えっ?

どういうこと?

と思われた方

お忘れでしょうか?

正社員でもアルバイトでも

昇給があることを

 

2年目以降の主婦業年収換算

 

2年目も同じ時給1000円とは

いきませんよ?

 

昇給率を考えるのが

面倒なので一律50円アップにしましょう

 

なので2年目は時給1050円

8時間までは1050円×8で8400円

9時間以降が1312.5円×7で8750円

日給は17588円

月給にすると527,625円

 

見て下さい、時給50円アップすると、

こんなにも給料は変わります。

たかが50円、されど50円

侮れませんね。

 

さすがに2年目以降全部計算するのは

面倒なので、表にしちゃいます。

見て下さい主婦業15年目には

時給が1700円になっており、

年収換算1025万です。

 

ね?

時給1000円からスタートしても

軽々年収1000万超えたでしょう?

 

誰も最初から年収1000万の

仕事なんて言ってませんよ。

徐々に上がっていった結果

このようになっています。

 

といって納得する人は、

それなりに出世している人でしょう

 

普通の仕事はそんな簡単に

給料上がらない!

バイトの時給なんて基本的に

据え置きだろう!!

みたいなことを言う人も出てきます。

 

主婦業はアルバイトではなく、

正社員相当です。

勝手にクビに出来ないですしね。

古くは永久就職なんて言われてた

くらいですからね~。

 

これで納得しない人の中では、

15時間労働っていうけど、

テレビみたり休んでる時間もあるだろう

なんで毎日15時間仕事したことに

してるんだ、どアホ!

とツッコミが来ます。

 

えっ・・・?

営業の外回りとか

どんな状況か知らないんですか?

どこの会社とはいいませんけど、

一緒に野球のデーゲーム見に行ったことも

ありますよ?

 

普通の会社の仕事でも

やることなくてぼぉっとしてることは

いっぱいあるでしょう。

もしないなら、相当なブラック企業にいるか

かなり責任あるポジションかのどちらかですね。

 

これだけ説明しても納得しない人

あえて、触れなかったのですが

夜の営みも年収に換算してもいいですかね?

 

8時間以降の残業は認めん

働き方改革じゃあって言うなら、

そっちを年収に換算してしまいましょう。

 

さっきの表は残業代込みなんでね?

(納得しない人の神経が理解できないけど)

 

夜の営みを単純に

年収に換算するのは難しいです。

一応、日本の法律では本番行為ができる

サービスはないとされていますからね。

 

なので、

パパ活の相場から計算するしか無いです。

だいたい、3万円ほどという噂があるので、

週3だとして9万円、月に36万

年にすると、432万円相当ですね。

 

う~ん、なんか1000万って

すぐにいっちゃいそうですね~

 

今回夜22時以降の深夜手当も

つけてなくてこれですしね~

 

どうでしょうか

主婦業を改めて仕事として

計算すると仮に時給1000円でも

相当なものです。

 

まるでプロ並みの料理を作れるとか

片付け上手な人はもっと高くなるので

今日計算した結果が

あくまで最低ラインです!!

 

主婦業は最低でも1000万相当

長年やってる人は2000万、3000万相当ですよ

 

男が外で働いていることを

偉そうに語る人がいますが、

だいたいそういうことにケチをつける人って

あまり稼いでいないでしょう?

 

経営感覚があったり、

マネジメントする立場にいたら

こんなふうに説明しなくても

すぐにパッと計算して、

本当に有り難いって頭が下がります。

 

たまの休みに家族サービス

そんなものはして当たり前です。

年収3000万くらい稼いだら

ちょっとは態度大きくなってもいいんじゃないでしょうか

 

そうでないなら、むしろ

世話になってるのは男性の方だと

思いますよ~

 

じゃあ、足りない分は

男として何をすればいいのか?

 

それは!

 

目配り、気配り、心配り

 

こういうところでしか

もうお返しできません。

 

はぁ改めて計算したら、

ほんと主婦ってすごいなぁ

タイトルとURLをコピーしました