ワサビノキ,モリンガの効果と危険性

またまた少し話題になってきている

ワサビノキ、通称モリンガについて

今日はお話をしようと思います。

 

日本で販売を行っている業者では、

「モリンガ」という俗称で呼ばれています。

フィリピンでは、

「マルンガイ」、「カムンガイ」と

言う名前で呼ばれており、

日本で商品検索するときも、

この名前で調べても出てきますよ。

 

 

さて、そんなモリンガですが、

何がそんなに良いのか?

といいますと、

通常の食べ物よりも

豊富な栄養素が入っています。

 

ワサビノキ wikipediaより引用

一般的な食べ物と比べても、

豊富な栄養素があるため、

青汁などにして飲むと、

健康に良いとされています。

 

インターネットでモリンガについて

調べてみても、

「奇跡の食材」

「スーパーフード」

といった感じに出てきます。

モリンガってすごいの?

薬用植物として、

古代インド発祥の

伝統医学アーユルヴェーダなどで

古くから使われているものです。

 

アーユルヴェーダでは、

血圧の低下血糖値の改善

影響があると考えられています。

 

アフリカ、フィリピンでは、

授乳にも良いと信じられており、

伝統的な民間療法として

広まっています。

 

現代の研究室では

いろいろな病気に効きそうな気がする

といった可能性が少しありそう

っていう結果が出ています。

なんとも歯切れの悪い言い方をしていますが、

可能性は0!といいきるのは、

実験や研究では難しいんです。

偶然たまたま1万人に1人でも

良い結果が出てしまうと、

0ではなくなりますので。

 

人間に対して使う場合は、

脂質に対して少し良くなるかも?

といった結果が出ています。

 

いろいろな栄養素が含まれているので、

発展途上国や食物が足りていない地域には

かなり人気があるものです。

 

インターネットで少し調べると、

すぐにガンに良いとか

万病に効くみたいな話になりますが、

あくまで、民間療法として言い伝えですので、

あまり、大きな期待はせず、

あまり野菜食べてないし、

青汁の代わりに飲もうかな?

といったくらいの認識が

ベストだと思います。

 

抗酸化のちからが高いことから、

毎日モリンガを摂っていると、

花粉症にもある程度良いのでは?

という声をちらほら聞きます。

 

個人的には、

花粉症対策にモリンガよりは、

麻黄湯のほうが楽になるかなと思います。

 

 

少しネガティブな情報として

書いているように感じるかもしれませんが、

悪いものというわけではなく、

ちょっと聞き慣れない外国の民間療法を

持ち上げすぎじゃないかな?

といった印象です。

 

モリンガの危険性・副作用

たくさんの栄養素が含まれる

スーパーフードですので、

大量に摂ると体にはむしろ悪くなります。

 

たくさんの栄養素が入っているのだから、

多く摂りすぎない

これはモリンガに限らず、

すべての食物やサプリメントにいえます。

 

良いものだから、

たくさん飲みたい、食べ体は危険です。

 

少し古い情報になりますが、

厚生労働省の発表では、

流産の危険があるという報告もされています。

 

これから妊娠する可能性がある方

妊娠中の女性

子作りにはげむ男性は

絶対に飲んだり食べたりしないようにしましょう。

 

健康のために、

流産してしまっては

元も子もありません。

 

あとはそうですね~

血圧改善に使用されることが多いということは、

低血圧の人が飲んでもしょうがないと思います。

モリンガのまとめ

普通の食べ物よりも

たくさんの栄養素を摂ることができて、

低カロリーというのが魅力です。

モリンガの青汁を飲んで、

栄養バランスを整えるという

食べ物とサプリメントの中間

のようなものとして

使うにはいいのではないでしょうか

 

ただし、

流産のリスクがあるため、

妊婦さん、妊活中の人は

絶対に飲んではいけません。

 

全体的に研究データは乏しく、

アフリカやインドネシアなどでは、

効果があると信じられている

といったものです。

 

悪いものというわけではなく、

民間療法の一種ですので、

薬に頼らない健康の維持のために

こういう自然のもので、

あれこれしたいという人は

検討してみてもいいのではないでしょうか

 

タイトルとURLをコピーしました