除菌スプレーを使うほど不健康になる

除菌スプレーでシュッシュっと

細菌を減らして綺麗にしようと

すればするほど、

不健康になっていきます。

 

人間の体の中には、

数百超以上の細菌が生息しています。

この細菌の中には、

体に害を与えるものもあれば、

逆に守ってくれるものもあるんです。

 

部屋の中にいる

病原菌だけを除菌できるのであれば

スプレーするのは良いと思います。

 

でも、体にとって必要な菌も

除菌してしまうので、

体の免疫機能が下がるわけですね~

 

そして、毎日毎日

シュッシュしていると、

部屋の中の細菌たちが

だんだんとそのスプレーに

慣れてきます。

 

徐々に耐性がついてきて、

除菌スプレーでは死ににくい

強力な細菌になってしまうのです。

 

良かれとおもって行っていた

除菌スプレーが、

免疫力を下げ、

細菌をパワーアップさせてしまう

という悪循環が続いていくわけです。

 

だんだんこだわり始まると、

スプレーだけではなく、

ありとあらゆる方法で、

除菌をしていきます。

 

中にはブラックライトを使って

除菌する人もいれば、

○○イオンを飛ばしまくって

除菌・・・?みたいな

ことを考える人もいます。

 

どんどん除菌、殺菌、滅菌みたいな

エスカレートしていくと

ちょっと危ないかもしれませんね。

部屋の中の菌が減ると・・・?

自然界において、

菌がいない状態というのは

まずありえない状態なので、

まだ医学的にもよくわかっていない

たくさんのプラスの効果が、

得られなくなります。

 

もちろん、菌があれば良い

といっているわけではありません。

 

やみくもに除菌しまくると

体に必要なものまで、

失っていくということを

知っておくことも大事だと思います。

除菌スプレーの危険性?

シュシュッとするだけで、

部屋の菌が死ぬものが、

肺に入って何も人体に影響がない

と考えるのは

ちょっとむずかしいと思います。

 

では、

逆の考え方をしてみると、

スプレーしても

人体に大きな影響はないですよ~

とするのであれば、

部屋をシュシュッとしても

除菌できないってことになるので、

安全だけど無駄なことやってる

ってことになるんですよね。

 

どっちから考えても、

あまり良いことがないです。

 

少し敏感な人とかは、

除菌スプレーや消臭スプレーを

少し使うだけで、

頭が痛くなるとか

喉が痛くなる人がいます。

 

実際、体の不調を訴える声が

たくさんあるので、

自分は大丈夫!!

とおもっていても、

体には負担がかかっていると思いますよ。

 

年々、アレルギーの人が

増えてきている背景には、

潔癖過ぎるというのも

あると思います。

 

もちろん、

除菌だけが問題ではなく、

食べ物の問題、

環境の問題

いろいろなことがありますが、

その1つが除菌スプレーというのも

十分に有り得る話です。

 

除菌スプレーはほどほどに

しておきましょうね~

タイトルとURLをコピーしました