コロナ鬱対策に食べる精神安定剤で不安を撃退

3ヶ月間毎日コロナ関連の

ネガティブなニュースを見聞きすることで

無自覚なうちにコロナ鬱になっている人が

とても増えてきています。

 

鬱症状が出ないまでも、

少なくともあまり良い気分では

ないと思います。

 

そんなときにおすすめなのが、

食べる精神安定剤と呼ばれている

ほうれん草+ごまです。

 

この2つには、

メチオニンというアミノ酸が

豊富に含まれています。

 

このメチオニンというのは、

ヒステリーを起こす原因物質の1つ

ヒスタミンを和らげてくれる作用があります。

 

軽度なうつ状態に対しても、

即効性がある成分で、

気持ちを落ち着かせるのに

ぴったりなものです。

 

さらに、

ヒスタミンを和らげることで、

アレルギーなどからくる痒みも

緩和してくれます。

 

そして、

肝機能もサポートしてくれるので、

お酒を飲まれる方にもちょうどいいですね。

 

 

これだけでも

ほうれん草+ゴマを食べない理由が

見当たらないのですが、

マイナスを0にするだけではなく、

プラスにしていく成分も含まれています。

 

 

幸せホルモンと呼ばれている

セロトニンを作るための原料が

入っているんです。

 

セロトニンの原料になるタンパク質

トリプトファンという

必須アミノ酸が入っており、

セロトニンを脳内で合成するために必要な

ビタミンB6も入っています。

 

セロトニンが増えることによって

脳内でストレスがたまりにくい

環境を作ることができます。

 

さらに、

ナイアシンが入っているので、

皮膚や粘膜の修復を助ける効果もあります!

 

ほうれん草の胡麻和えの作り方

まずは材料を揃えましょう

ほうれん草 1束

すりゴマ 大さじ4~5

みりん 大さじ1

醤油 小さじ2~3

砂糖 小さじ1くらい

和風だし 小さじ半分

(和風だしの元がない方は適当に出汁を足してください)

 

作り方は簡単です。

ゴマをスリスリして

すりゴマにしたら、

ほうれん草を食べやすい大きさに切って

鍋で適当に茹でて、

煮えたらゴマをかけて完成です。

 

ほうれん草は煮過ぎないのがコツですね。

ササッと煮てしまいましょう。

 

今回はご紹介したレシピは

味付けをきちんとしているので

材料が多いですが、

なければないで、醤油と砂糖だけでも

なんとかなると思います。

 

でもやっぱりみりんくらいは

ほしいような気がしますが、

大丈夫でしょう。

 

ほうれん草+ゴマで

少し気分を落ち着かせてみるのは

いかがでしょうか

タイトルとURLをコピーしました