冬季うつ、日照時間とブルーライトカットの弊害

秋から冬にかけて気分が落ち込み

暖かくなってくるにつれて

徐々に気持ちが回復してくる

冬季うつという症状があります。

 

冬季うつという名前はついていますが、

鬱病の一種というよりは

双極性障害の一種だと思うのですが、

一般的に鬱に分類されています。

冬季うつの症状

冬季うつになってくると

気持ちが落ち込んだり、

やる気が出てこなくなる

だけではありません。

 

急に食べられなくなって

拒食気味になったり、

逆に甘いものが欲しくてほしくて

しかたなくなり、

気がついたら食べすぎて

太ってしまったり、

少しずつ眠れなくなってきて

不眠症に悩んだりします。

 

重度の状態にならないと

これが鬱のせいでなっているとは

自覚しづらいため、

なんとなく最近テンション上がらないな

なんか食べ過ぎちゃうなぁ

冬は美味しいものが多いから

しょうがないよね~と

あまり深刻に考えずに放置しているうちに

春がやってきて治ってしまうため

正月ボケとか寒いから怠けているだけ

と誤解されてしまい、

周囲に理解が得られないのが

悩みになったりもします。

 

一年通して冬だけ

コンディションが悪いので、

自分は寒さに弱いんだ

って勝手に勘違いしてしまうこともあります。

 

 

そんな冬季うつですが、

寒さだけが原因ではないなら

なにが原因なのか?

といいますと

日光にあたる時間と日照時間が

大きく関係しています。

 

日光にあたる時間と日照時間

冬場になると

日照時間は短くなり

太陽光を浴びる時間や

太陽光が目に入る時間

短くなります。

 

特に日本国内でも

日照時間が短い県は、

紫外線を浴びることが

少なくなるため、

美肌の人が多いです。

 

たとえば、

青森、島根、秋田、富山、山形、鳥取、石川県

美肌のビッグ7と呼んでも

過言ではない地域です。

都会に住んでいる人からすると

あまり馴染みがない地域なため

へぇ~そうなんだ~って思うかもしれません。

実際に現地に行って

そのへんの店員さんとか

街を歩いている学生さんを見ると

肌が綺麗な人が多く

平均値の高さは感じると思います。

 

そんな魅力的な地域でもあるのですが、

日照時間が短いと

冬季うつになりやすくなる

という傾向があります。

 

都市に住んでいる人や

愛知、和歌山、山梨、大阪など

日照時間が長めの地域に元々住んでいて

日照時間が短い地域に引っ越すと

冬季うつになってしまう

ということがよくあります。

 

これもなかなか誤解しやすいのが、

元々都会に住んでいた人が

地方に行って退屈だから

テンションが上がらない

という人もいるでしょうが、

意外と日照時間というのも

馬鹿にできないものなんです。

 

よく海外に旅行に行きたくて

しょうがなくなる人いっていますよね。

旅行好きという面もありますが、

冬季うつの治療になっている面があります。

 

オーストラリアに行ったら、

なんかわからないけど開放感があって

気分がスッキリした!

日本に帰国したらまたどんよりしちゃって

日本はだめかもとか

言い出す人がいるのも

日照時間の影響があるわけです。

(それだけではありませんが)

 

寒い時期には温かい国にいってバカンス

という文化はどこにでもあるのですが、

これは贅沢したいというよりは

心の栄養が得られるといったことも

あるのではないでしょうか

 

理屈がわかっていないと

こんなコロナ禍になにを

寝ぼけたことをいってるんだ

となってしまいますが、

実は無意識のうちに

冬季うつを治すために

体が求めてしまっている

ということがあります。

 

 

僕は美肌の研究者でもあるので

太陽光を浴びたり

紫外線で日焼けするというのは

極力したくないですが、

なぜ冬季うつにならないのかな?

と考えてみますと

年がら年中ブルーライトを浴びてるです。

 

ある時期からブルーライトは

目にも肌に悪いってうるさくなりましたが、

ブルーレイの研究開発してた僕なんて

1日中ブルーライトを浴びていました。

でも目の視力は右目1.5ありますし

左目は2.0あります。

お肌は見ての通り、

一般的な人よりは綺麗ではないでしょうか

 

世の中にあるものって

なんでもそうなんですが、

完全な悪とか

これは絶対に良い

というのはないんですよね。

 

たしかにブルーライトは

眼精疲労になりますし、

お肌にもダメージを与えます。

 

でも、

ブルーライトや紫外線を浴びることで

心が落ち着くという面もあるのです。

 

冬季うつの治療法の中に

高照度光治療というものがあります。

強い光を当てて

冬季うつの症状を緩和するというものですが、

特別そこまで症状が重くないのであれば

窓から太陽光を見るだけでも

十分に効果があります。

 

日向ぼっこしないとだめ

ということもないので、

カーテンを開けて、

太陽光を部屋に取り込む

それだけでも心にゆとりが出てきます。

 

LED照明より蛍光灯が良い

ここ10年、

省エネや紫外線が少ないことで

虫も寄ってこないということで

LED照明がかなり流行っていますが、

蛍光灯の光のほうが効果的なんです。

 

というのも、

蛍光灯というのは

少し青白い光が出ているため、

短い波長の光を多く含んでいます。

そのため、太陽光を浴びられない人も

ちょっとだけブルーライトや紫外線を

得ることができるんですね。

 

LEDがだめというわけではないですが、

体や心に与える影響というのが

あるのではないでしょうか

 

最近は慣れてしまいましたが、

LED照明が出始めた時って

なんかきつい感じがしましたよね。

直進性があるから光が目に刺さる

というのもありますが、

感覚的にLEDの光ってきつい

と感じる面がありました。

 

蛍光灯や電球のほうが

優しく感じる理由の1つに

ブルーライトや目に見えない光の

影響があったのではないでしょうか

 

LED照明に

調色機能がある機種なら

全灯にしないで

寒色にして青白くしてみるのも

よいかもしれませんね。

ちょっとだけ気持ちが

おちつくかもしれませんよ。

 

冬季鬱かもしれないなと思ったら

太陽光を部屋に入れてみたり

それが難しい人は

蛍光灯の光を浴びたりして

冬場に元気に過ごせるようになりたいですね!

タイトルとURLをコピーしました