5Gの電磁波や携帯の電波の健康被害と危険性

ここ最近インターネット上で、

第5世代移動通信システム5Gが

一般的に普及すると

人体に悪影響が出るという説を

みんなに伝えるために、

12年前に流行した携帯電話の電波で

ポップコーンが作れるという

Youtubeの動画が拡散されています。

 

Pop corn with cell phonesという動画です。

 

動画を見てみると、

携帯電話4台を十字に並べて

その中心にトウモロコシを炒った粒をおき、

4台の携帯電話に発信します。

 

各携帯電話が着信音がなりはじめてから

5秒くらいすると突然、

コーンが破裂してポップコーンが出来上がります。

 

この動画が広まった当時、

携帯電話の電波は

かなり強力なパワーがあり、

人体に悪影響があるのではないかと

騒がれました。

その直後にたくさんのブロガーさんたちが

こんな動画についていろいろな

解説記事が書かれているので、

本記事ではサクっと考察します。

 

携帯電話の電波でポップコーンが5秒で作れるのか

ポップコーンを作ったことがある人は

わかるかもしれませんが、

フライパンで作るにしても

30秒から1分くらいかかると思います。

あまり火が強すぎると

コーンが焦げてしまいますので、

要注意です。

 

火と電波は違うでしょって

ツッコミがありそうなので、

電磁波で調理といえば、

電子レンジですね。

 

電子レンジでポップコーンを作る場合

600Wの出力で3分くらいで

作ることができると思います。

 

電子レンジのような

強力なマイクロウェーブが飛び

小さいな箱の中で多重反射する

特殊な状況でも3分くらいかかります。

 

このことを考えても、

携帯電話4台テーブルに並べただけで

電子レンジよりも高効率に

コーンを温められるなんて

ありえないと思うんですよね。

 

もし本当だったら金属のアクセサリーが危険

もしこれが本当だったら

満員電車の中で、

スマホをいじったらやけどしませんかね?

 

みんな密着状態でゲームやったり

動画を見たり、ウェブ検索したり

通信しまくってますよね。

 

2008年当時よりも

通信は高速化しており、

ただ電話が着信するなんて状態よりも

すごいことが電車内では起きてますが、

指輪が放電してやけどしたり

金のネックレスがバチバチして

首を大やけどしたって話は

聞いたことがありません。

 

携帯電話の電波がそれほど危険なら

人体への影響も怖いかもしれませんが、

金属製品への影響はもっと怖いです。

 

もしも電子レンジみたいなことが

携帯電話で通信すると起きるなら

尖ったところに影響が出やすいので、

アクセサリーがバチバチすると思います。

 

試しに実験してみようと思って、

電子レンジに金属のものを入れるのは

危険なのでやめてください。

電磁波の人体への影響

電磁波といっても

周波数によって人体に与える

影響というのは大きくかわります。

 

無線LAN、WIFIなどで使われている

周波数は2.4GHz

一秒間に24億回振動している状態です。

 

電子レンジから出てくる電波と

周波数が近いため、

電子レンジを使うとWIFIの接続が

不安定になることがあります。

 

それくらい大きな影響がある

電磁波が人体になにも影響がない

って考えるほうが不自然だ

という意見がたくさんありますが、

2000年代に様々な研究者が

人体への影響を調べましたが、

振動で温まることがあるけど

人体への悪影響はほとんどない

というのが結論でした。

 

WHOが携帯電話を長時間使うと

発がん性が上がるという

発表をしましたが、

携帯電話が一般に普及し始めた

2000年代前半から2016年までの

脳腫瘍になった人を調査したところ

アメリカではむしろ減っていました。

 

携帯電話、スマホを1台どころか

2台以上持つ人も多く、

タブレットやゲーム機でもWIFI通信をして

さらにフリーWIFIなんてサービスまで

登場したのに不思議と脳腫瘍になる人は

減っているそうです。

 

情報というのは一部分だけ取り出すと

良くも悪くも言えてしまうのです。

 

WHOが携帯電話を長時間使うと

発がん性が高くなるという発表をしたときの

長時間の定義が・・・

1日15時間以上通話している人です。

 

テレアポの仕事をしてても

普通は一日に15時間以上なんて

通話しないでしょう

 

仮にそれをしないといけない状況だったら

携帯電話とか電波の問題じゃなくて

労働環境が悪すぎることが問題じゃないでしょうか

あと通話しているストレス

 

携帯電話本体の側に頭があると問題なら

イヤホンマイク使えば

電波の影響が少なくなると思います。

 

ブルートゥースは電波を飛ばして

通信しているので駄目ですね。

通信の電波が危険だと思う方は

無線は全部駄目ですよ。

危ないので有線にしましょう

 

5Gに使われる周波数は人体に悪影響を与えるのか?

5Gはこれまでの通信と違って

周波数が高いから危険なのではと

直感的に感じる方がいます。

どれくらい周波数が高くなっているのか

一部ご紹介します。

 

NTTドコモが使用する周波数は

3.6~3.7GHz(ギガヘルツ:1秒に10億回振動)

4.5~4.6GHz

27.4~27.8GHzです。

 

KDDI

3.7~3.8GHz

4.0~4.1GHz

27.8~28.2GHz

 

ソフトバンク

3.9~4.0GHz

27.0~27.4GHzです。

 

27GHzという周波数が

人体にどれくらいの影響を与えるのか

というのは現時点では

あまりよくわからないというのが結論です。

 

まだ人類はこの周波数の

電磁波を長期間浴びるという

経験をしていないので、

楽観視はできない部分はありますが、

基礎研究の段階では

問題ないだろうと判断して

普及させています。

 

しかし、

アメリカでは

5Gの通信をするための

基地局の近くに住んでいる人が

頭痛や不眠に悩まされている

という報告があります。

 

こういった報告を見ると

基地局の近くは危険だから

自分住んでいる家の側には

作らないでというデモ活動が

起きるのは当たり前だと感じると思いますが

この話には1つ誤解があるんですよね。

 

基地局のアンテナから発せられる

電磁波というのは

基地局に近いほど強いわけではありません

 

なので基地局の入り口らへんにいると

めちゃくちゃ電磁波が強く

近くを歩いているだけで

頭がガンガンして、

建物から少しずつ離れていくと

頭痛がなくなった

ということにはなりにくいです。

 

それはなぜかといいますと、

基地局の入り口付近は

アンテナの真下になるので、

電波が逆に届きにくいんです。

 

真下に電波を飛ばそうとすると

遠くの人に電波が届きにくくなるので、

遠くに飛ぶように斜めに飛ばしてるんですね。

 

高いところからホースで

水撒きするイメージをしてみてください

遠く離れたところに水たまりができて

足元が濡れることってあまりないでしょう?

 

それと全く一緒ではないですが、

イメージ的にはそれに近く、

基地局に近いと電磁波が強い

ということにはならないんです。

 

なんとなく自分の家の側に

アンテナ基地局ができるのは

怖い感じがしますが、

離れたところのほうが

逆に怖いんですよ。

 

それを知っていますと

どうせどこかに作られるなら

近くに作ってくれたほうがいいな

って気持ちになりますよね。

 

どちらが良いのかは

まだわからないことが多いので

絶対に5Gが安全とは言い切れませんが、

体に悪影響があるとも

実験的には言い切れないので、

難しいところです。

 

 

5G通信が日本全国でできるようになった結果

1万人の人が5Gの電波で苦しめられたとしましょう

原因はなんであれ嫌な思いをしたとして

残りの1億人以上の人は特に問題はなく、

通信が速くなって便利になったとしたときに

どちらが我慢をするべきなのかという

議論が起きてくるのでしょうね。

 

新しいもんが登場するときって

必ず悪く言われるんですよね。

 

でも便利すぎてなくすことができなくなると

共存する道を探し始めるわけです。

 

5Gが一般的になると

4Gや3Gの頃は良かったなぁ

電波に悩まされなくてなんて言われるんですかね。

 

携帯電話が登場したときから

電波で脳でやられる説は出ているので、

今回の5Gが初めてではありません。

 

こういった電磁波系の悩みは

100年以上前から世界中で考えられていたようです。

 

ティンホイルハットと呼ばれる

アルミ箔を重ね合わせたヘッドギアをかぶって

電磁波やマインドコントロール、

テレパシーの影響を遮るという

方法が提唱されていました。

科学的な根拠はあるようなないような話ですが

現代でも信じてかぶっている人がいます。

 

本当に不安で不安でしょうがない人は

全身にアルミホイルを巻いて、

電磁波の影響受けないようにして

頭もぐるぐるにアルミホイルを巻くという

対策をしたほうがいいかもしれません。

 

こうなってくると2020年は

大変な年ですね。

コロナでマスクは必須になり、

5Gでアルミ箔で頭を巻かないといけなくなる

かもしれないなんて

 

冗談はさておき、

現時点で大丈夫と言い切れないものの

駄目という科学的な根拠が

あまりない状況です。

 

最初の話に戻りますが、

携帯電話の電波でポップコーンが

5秒で作れるなら、

頭もポーンってなるはずですから

気にしないほうが良いのではないかな

と個人的には思います。

タイトルとURLをコピーしました