40代半ばから必要性が高まる基礎化粧品クリーム

顔に塗るタイプの

基礎化粧品はどこまで必要なのか?

という議論がよくされています。

 

オールインワンタイプを使っているから

それ以外の美容液やジェルを使わなくて良い

という考え方もあれば、

化粧水、美容液、乳液、クリーム

オイル、パックなどなどを

使い分けてきっちりしたほうが

美顔になれるという考え方もあります。

 

結局、どちらが正しいのか?

どちらのほうが本当に

肌が綺麗になれるのか

ということを考えてみると

年代によってその答えは

変わってきます。

 

個人差はありますが、

20歳から40歳くらいまでであれば

一般的な保湿ケアをしていれば

ある程度、お肌の状態を

保つことができると思います。

 

しかし、

40歳過ぎたあたりから

皮脂の分泌量が少なくなってくるので、

ただ水分補給をしているだけでは

だんだんと追いつかなくなってきます。

 

ここ最近、

お肌が乾燥しやすくなったなぁ

って感じたら水分が足りないんだから

もっと良い化粧水や美容液を使って

お肌に潤いを与えなきゃって

考えてしまいがちですが、

40代の乾燥は皮脂量が足りないことから

カサついてしまうということが

多くなってきます。

 

ただカサつくだけだと

保湿不足なのか

油分不足なのかが

判断つきにくいと思います。

 

1つの目安としては

カサカサ+固くなった

と感じたら油分不足かもしれませんね。

 

カサカサしてきた場所に

クリームなどを塗って

油分補給をすれば

カサカサが解消していくと思います。

 

皮脂腺が少ない目元、口元

40代にならなくても

元々皮脂腺が少ない

目元、口元は若くても

皮脂不足になることがあります。

 

目元が乾燥して

小じわが入ってしまうと

実年齢よりも老けて見られてしまい

ちょっと嫌な思いをすると思うので、

目元ケアはしっかりしておきたいですね。

 

 

口元も皮脂腺は少ないので、

カサカサしたり固くなっている人は

クリームで油分補給したいですね。

 

40代半ばくらいからの変化

40代という年代は

かなり個人差が大きく、

ぜんぜん問題ないよって人もいれば

明らかになにかがおかしくなってきた

と感じる人が出てきます。

 

なにかこれまで生きてきた経験と

違うことが体に起き始めたら

基礎化粧品をプラスしてみる

機会かもしれませんね。

 

30代までは

目元、口元といった

皮脂腺が少ない場所だけに

クリームを塗ることをおすすめしましたが、

40代半ばくらいになると、

オデコやホホも皮脂量が少なくなってきます。

俗に言われるTゾーンやUゾーンにも

クリームを塗ってみると、

お肌のゴワゴワやかさつきが

良くなっていくと思います。

 

使い込んでいる革のバッグとか

革製の靴ってある時期から

妙に固くなるときがあるじゃないですか

 

専用クリームを塗ると

柔らかくなって

使いやすくなることがあると思います。

 

お肌もそれと似ていまして

クリームを塗っていくと、

ちょっとずつ柔らかくなります。

 

カサカサするのもいやですが、

ゴワゴワした肌になるのも

やっぱり嫌ですよね。

 

顔に限らず、

首から下の部分も同じことがいえます。

 

体のどこかの皮膚が

なんか固くなってきた

カサカサ、ゴワゴワしてきて

女性の柔肌なんて言葉が

自分に当てはまらなくなってきた・・・

 

あぁもう女でなくなってきたんだ!!

ってショック受けてる人もいますが、

ただの油分不足ですので、

なにも絶望する必要はありません。

 

お肌トラブルの原因にあった

スキンケアをすれば、

またキレイな肌に生まれ変わり

モチモチ、すべすべに戻ることができますよ。

タイトルとURLをコピーしました