コロナ感染症で死亡後、立会いができなくなった本当の理由

新型コロナウイルス感染症によって

死亡した場合は遺族の方でも

顔を見ることも出来ない

骨も拾うことができないということで、

とても苦しい思いをしている

という報道がされています。

 

先日、志村けんさんが

新型コロナウイルスによる肺炎で

亡くなった後に、

兄の知之さんが

『ひつぎを見ることができたが

感染を防ぐため顔を見ることはできず、

火葬にも立会うことはできなかった』

というコメントをしたことで、

コロナで亡くなると

立会いが出来ないんだということを

初めて知った方も多かったのではないでしょうか

 

 

この志村けんさんの関連記事だけを読むと、

感染を広げないようにするためとはいえ、

家族でさえ立会えないなんて

いくらなんでもひどすぎると感じたり、

それだけ危険なウイルスなんだなと

新型コロナウイルスへの恐怖心が

さらに高まった人もいると思います。

 

しかし、

火葬の立会いができなくなったのは、

コロナウイルスがとても危険だから

家族であっても絶対ダメ

という理由ではありません。

 

どういうことなのかをお話をする前に

そもそも

新型コロナウイルス感染症の遺体の扱いについて

厚生労働省はどのような指導をしているのか

確認してみましょう。

 

新型コロナウイルス感染者の遺体の扱いについて

ウイルスが付着した血液や体液等を通さない

非透過性の袋に収めることが望ましい

としています。

 

このような外に漏れることがない袋に入れれば、

遺族が搬送しても大丈夫としていますし、

特別な防護服や対策をとらなくても

良いと言われています。

 

 

袋に入れることができない場合は、

手袋を必ず着用し、

顔や目を守るために、

マスクやゴーグルをするよう指導しています。

 

衣服に関しては汚染を防ぐために、

使い捨てのガウン等を着てほしいと言っています。

 

血液というのは

衣服に着くと一般的な洗濯方法では

なかなか落とすことができません。

特に新型コロナウイルスに関しては

よくわかっていないことが多いので、

立会うのであれば

使い捨ての服がいいでしょう。

 

ここまで読んでいただくと

あれ?

なんで立会いできないの?

って思いましたよね

 

厚生労働省は

感染を防ぐための対策を

きちんと講じることができるなら

通常の葬儀を行うことは問題ない

遺族の意向をできるだけ尊重してあげてください

と言っております。

 

ここまではっきりと言われているのに、

現実では火葬の立会いができない

ケースがとても増えています。

 

今回の志村けんさんの件もそうですが、

顔も見ることができないケースが

増えているのは事実です。

 

これはなぜなのか?

厚生労働省がウソをついているのか?

実は葬儀屋だけが知っている

裏情報があるのか?

などいろいろなことを考えてしまいますが、

現実は想像していることとは

ちょっと違う理由から

立会いができなくなりつつあります。

 

火葬の立会いができなくなった理由

元々は少人数であれば、

火葬の立会いはできていました。

しかし、4月2日現在では

立会いができないケースがとても多いでしょう。

その理由はなにか・・・?

 

火葬場や葬儀屋さんから

マスク、ゴーグル着用をしてくださいと

お願いをしても、

遺族が言うことを聞かないケースが

多かったそうです。

 

葬儀屋としては厚生労働省がいう

コロナ対策を講じることができないと判断し

安全性確保のため家族の立会いをさせないように

してしまったというのが理由なんです。

 

一部の自分勝手な人たちのせいで、

最後の立会いができなくなってしまったのが

本当の理由なんです。

 

サービス業や接客業をしている人は

分かると思いますが、

本当に人の話を聞かず、

逆ギレしてくる人って

いるんですよね。

 

今回も少数ではありますが、

言うことを聞かない人が出てきたため

火葬の立会いができなくなりました。

(できる所もまだあります)

 

実際の現場では、

厚生労働省の指導よりも

簡易化したもので

お願いをしていたそうです。

 

・熱がある人は参加をしないでください

・マスクは最低でもつけてください

 

といったレベルに妥協しても

守ってくれない人が多かったそうです。

 

見るからに体調が悪そうな人だったので、

万が一に備えて体温を計ろうとしたら

怒鳴られたなんてケースもあるようです。

 

 

コロナウイルスのせいで

大切な家族を亡くしたというのは

とても辛いことですし、

当たりどころがない怒りが

こういったときに出てしまうのはわかるのですが、

世界レベルで起きている感染症の場合は、

被害者であると同時に

加害者になり得るということも

理解しないといけません。

 

こういう話をすると、

好きでコロナにかかったわけでもないのに、

よくそんなことが言えるな

科学者というのは人の気持ちがわからないのか

みたいなことを言われる方もいますが、

冷静になってよ~く考えてみてください。

 

亡くなった人が原因で、

その周囲にいる人が感染して、

さらに自分が住んでいる地域全体に感染させたら

誰が恨まれると思いますか?

その亡くなった人が

死んだ後も悪く言われ続けることになります。

 

残された人たちは、

きちんと感染対策をして、

亡くなった方の名誉を守る必要があると思います。

 

手洗いうがいをする

マスクをする

体温が37℃以上だったら外出しない

これくらいはそんなに難しいことでは

ないと思います。

 

きちんと対策すれば

通常通りで大丈夫っていわれているんですから

きちんと対策して、

少しでも犠牲者を出さないようにしたいですね。

タイトルとURLをコピーしました