銀行口座を持っているだけでドコモ口座不正出金の被害に合う可能性

銀行口座の預金が不正に引き出された

ドコモ口座事件が連日話題になっていますが、

この事件の問題は、

ドコモと契約していなくても

被害に合っている可能性があるという点です。

 

電子決済サービスのドコモ口座によって

引き出されたと聞けば、

auやソフトバンクユーザーの方は

あまり関係ないなぁ

私は大丈夫だって思ってしまいがちですが、

今回の事件は一般的な

銀行口座を持っている方なら

誰でも被害に合う可能性があります。

(ゆうちょ銀行でも被害が出ています)

 

なぜドコモと一切契約していなくても

ドコモ口座から引き出されてしまうのか?

といいますと

メールアドレスがあれば

架空の名義でドコモ口座が

開設できてしまう

というセキュリティーの低い

システムによって

今回の事件が起きました。

 

一般的に口座を開設するとなると

本人確認書類や免許証

公共料金の支払明細などが

必要になりますが、

ドコモ口座の本人確認は

メールアドレスです。

 

今どきメールアドレスなんて

いくらでも作ることができますし、

誰でもなりすましができてしまうものです。

 

このようなどうしようもない

セキュリティーシステムだったため

なにかしらの手段で顧客の氏名や

口座番号等を手に入れて、

ドコモ口座と銀行口座を連携させ、

お金を不正に出金した可能性が高いようです。

(まだ全容は明らかになってません)

 

この問題の厄介なところは、

被害に合われた方が、

銀行に問い合わせをしても

「正規の引き落としなので・・・」

ドコモから情報が漏れて

このようなことになったのでは?

とドコモのせいにされ

 

ドコモに問い合わせをすると

「銀行から情報が漏れたのでは?」

と責任をなすりつけ合いが始まり、

本当にあなたがドコモ口座を開設したのではなく、

他人がやったという証明ができないため、

お金の動きや調査ができない

と逃げられてしまったことで、

社会問題となりました。

 

今ではドコモが全額補償する

という話になりましたが、

お金が返ってくれば

それでいいって話ではないと思います。

 

今回の不正出金の件で

ドコモの丸山副社長が話していた内容も

なんだかなぁというものです。

「悪意あるユーザーを

排除するための本人確認

という視点が欠落していた」

 

お金を扱うサービスで

本人確認の重要性がわからないって

相当な問題発言だと思いますよ。

 

そんなドコモ口座事件の

被害に合っていないかどうか

皆様も確認してみてください。

 

ドコモ口座事件の被害確認方法

銀行の預金通帳の履歴を確認しましょう。、

「ドコモコウザ」

「デイーバライ」

という項目があったら

要注意です。

 

自分でドコモ口座やd払いを

使っているなら

問題ありませんが、

そんなサービスを使った記憶もないのに

履歴に残っていたら、

不正出金された可能性があります。

 

下記の銀行口座をお持ちの方は

必ずチェックしましょう。

みずほ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、イオン銀行、伊予銀行、池田泉州銀行、愛媛銀行、大分銀行、大垣共立銀行、紀陽銀行、京都銀行、滋賀銀行、静岡銀行、七十七銀行、十六銀行、スルガ銀行、仙台銀行、ソニー銀行、但馬銀行、第三銀行、千葉銀行、千葉興業銀行、中国銀行、東邦銀行、鳥取銀行、南都銀行、西日本シティ銀行、八十二銀行、肥後銀行、百十四銀行、広島銀行、福岡銀行、北洋銀行、みちのく銀行、琉球銀行

 

数万円ずつちょこちょこ

引き出していたりするので、

預金額がある程度ある人は

ちょっと気づきにくいかもしれません。

 

他人事だと思っていたら

意外と自分も被害にあっているかもしれないので、

確認してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました