トマト嫌いは恋愛ベタで、野菜嫌いは低年収?それってもしかしてリコピン?

野菜の好みと人間性には相関があると、

野菜ラボさんが昨年から報告しています。

例えば、トマト嫌いの人は恋愛ベタとかですね。

このグラフを見てください。

なんと、トマト嫌いの41.2%が

お付き合いした経験無し・・・

そして付き合ったとしても、

半年いないに別れており、

3年以上付き合っている人も少ない

という結果になっています。

う~ん、トマト嫌いって

結構、多いと思いますが、

意外な感じですね。

トマト嫌いだとなぜお付き合いできないのか?

それは、トマトに限った話ではないですが、

あれが嫌い、これが嫌いという人は

好感度が低くなる傾向があるからだと思います。

大人になって野菜嫌いアピールすると、

人によっては、育ちが悪いみたいな

反応をする人もいるでしょう。

アレルギーとかなら仕方ないですけどね。

家のしつけがなってないなんて思う人も

いるかもしれませんね。

早稲田大学の池田教授も言っています。

食の好みは家のしつけの影響が大きい。

厳しいしつけを受けたがどうかだと。

僕も小さい頃は野菜が嫌いでしたね。

でも地方の美味しい野菜を食べた時に、

あれ、野菜ってこんなに美味しいんだ

ってビックリしました。

キャベツが甘いなんて思いもしなかったですね。

まずいものばかり食べさせられると、

嫌いになるというのもあると思うので、

たまには、地方に出て、

美味しい野菜を食べてみるのも良いと思います。

とキレイにまとめてもしょうがないので、

別の考察もしていきます。

逆にトマトを好きはなぜ、交際経験が多いのか?

これは、やっぱりリコピンでしょうね。

トマトが赤くなると、

医者が青くなるという言葉は有名ですね。

それくらいトマトパワーがすごいです。

活性酸素を除去し、

ビタミンは豊富に入っているため、

美肌効果はすごく、

βカロテンでがん予防

血管も強くして・・・

とまぁ凄いわけです。

そのトマトが好きなんですから、

きっと確率的にキレイな人が多いのでしょうね。

そりゃあ、モテるわけだ。納得。

トマトを毎日食べるのが難しい人は

こういったサプリもありかもしれませんね。

髪の毛にも良いですよ。

次の話題に移りましょう。

野菜嫌いは低年収という統計データです。

なんと、嫌いな野菜が5~6種類ある

48.4%の人が年収200万未満・・・

野菜好きと比べて、1.5倍の差があります。

これは統計的な誤差とは言えないですね。

明らかな有意差があります。

しかも野菜好きの6.7%は1000万以上ですから。

嫌いなものがある人とない人で

ここまで差が出てくるとは意外です。

こういう話になると、

知り合いの◯◯さんは、

野菜嫌いだけどお金持ちとか

そういう話題になりますが、

確率の話ですからね。

1人、2人いるのは当然です。

やっぱり、好き嫌いなく、

なんでも食べられる人は

チャンスの幅が広いのでしょうね。

あれがダメ、これがダメって言う人は

誘いにくいですしね。

これは恋愛だけじゃなくて、

ビジネスの場でもそうだと思います。

ちなみに僕は結構好き嫌いあるのですが、

人にあまりその事を言いません。

だいたい、なんでも好きですよと返しますね

相手方が美味しいって喜んで食べているものを

否定するのは、場が白けますからね。

余談ですが、

野菜好きの人の96.3%は肉も好きだそうです。

野菜嫌いの人の32.3%は肉も嫌いだそうです。

結局、嫌いな野菜が多いと、

嫌いな物も確率的に増えるってことですね。

小さい頃、あれやだーこれやだーって

言い続けて、親から何も言われないと

そうなるのかもしれません。

子供が野菜嫌いだとしても、

無水調理で野菜をどろどろにして、

わからなくさせるとか、

うまいことを繊維をクッキーに仕込むとか

そういう工夫が必要でしょう。

野菜が食べられなくたって

生きてはいけませんが、

年収にも恋愛にも直結すると思うと、

野菜食べたくなってきますね。

なんで野菜なんか食べなきゃいけなんだよって

聞かれたら、

将来の年収が上がるし、

きれいになってモテるよ

ってことです。

叱って無理やり食べさせるよりは

よっぽど、効果あるんじゃないかな

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする