嫌なことがあった日は眠らないほうがいい

すごく怖い思いをしたときや、

とても嫌なことがあったとき、

さっさと眠って忘れてしまおう!

と思うものの、なかなか眠れなくて

お布団の中でギラギラしてること

ありますよね?

こんなときは、

眠らないほうがいいんです。

それはなぜかといいますと、

人間の記憶というのは、

寝ると定着するという性質があります。

すべての記憶がそうというわけでは、

ないんですが・・・

知識以外の記憶はだいたいそうなっています。

記憶の種類には大きく分けると3つあります。

1:短期記憶

電話番号を聞いて、

パッと覚えて、パッと忘れる

みたいなものです。

2:手続き記憶

自転車の乗り方とか、

車の運転とか、

体で覚える記憶です。

3:陳述記憶

言語にできる知識や体験のことです。

この3つの中で、

短期記憶と手続き記憶は、

寝ると記憶しやすくなります。

なので、スポーツの練習とかは、

練習中にもうまくなりますが、

しっかり寝るだけでも上達します。

このように、睡眠と記憶というのは、

おおきな関係性があるわけですね。

そこで、本題に戻りますと、

嫌なことがあったときや、

怖い思いをしたときは、

なぜ、眠れないのか?というと、

そのまま寝てしまうと、

恐怖が定着してしまうからです。

その防御反応として、

眠れないということが起きるんですね。

さっさと寝てしまって、

忘れよう!

と思いながらも眠れないのは、

それが正しいからなんです。

無理して寝ないことで、

脳に恐怖を定着させない

これが重要なんですね~

特に体で覚えてしまった体験は、

寝てしまうと、しっかりと脳に刻まれます。

なので、ささっと寝ないで

ちょっと起きてましょう。

睡眠と記憶というテーマになれば、

嫌なことばかりではなく、

テスト勉強はどうなんだ?

と思いますよね。

テスト勉強、資格、試験などは、

陳述記憶ですので、

寝ても寝なくても記憶の定着に

あまり差がないです。

なので、日頃からあまり勉強していない人は、

ガッツリと一夜漬けをしたほうがいいです。

明日のテストのためにコンディションを

整えて、脳の力を最大限発揮できるように!

なんていうのは、

日頃から頑張っている人だけのお話です。

まともに勉強してきていない人は、

一夜漬け!

これしかありませんね~

ただ、徹夜してそのまま試験というのは、

やっぱり効率が良くないので、

数時間でもいいので寝てから行きましょう。

3時間も寝れば十分でしょう。

スポーツとか楽器の練習とかは、

寝ているときこそ、進化のタイミングです。

起きて一日中、練習しまくるのもOK

そして、練習が終わったらすぐ寝る!

こうすると、

練習中にいろいろな技能が習得され、

本来、習得したい技能とは違う

無駄な動きも習得しています。

睡眠をすることで、

この無駄なものを削ぎ落として、

洗練してくれるわけですね。

ほんと、人間ってすごいよね~

勝手に最適化してくれるんです。

なので、練習してすぐ寝ると、

上達率大幅アップです。

とはいえ、はまっていることがあると、

眠るのももったいない

と思っちゃいますよね。

でもね、この話を聞いたら、

眠らないともったいない!!

と思っちゃったでしょう♪

怖くて嫌な思いをした日は、

夜更かししましょう。

意味もなくダラダラとテレビ見るとか

すっごく、どうでもいいゲームをするとか

そんな日があってもね~

たまには、いいじゃないですか!

まとめ

体を動かす系や、技術習得したいなら

練習後すぐ寝ること

勉強に関しては、

寝れば良いわけじゃないから、

とにかく、頑張ろう!

嫌なことがあったら、

夜更かし、朝まで遊ぶ

これが、脳にとっては最高ですな~

嫌なことがあったら、

朝まで遊べると考えると、

嫌なことが起きるのも、

そんなに悪いことでもない気がしてこない?

努力したり頑張ってるときは、

すぐに寝たほうがいいわけだし・・・

あれ?

なんか、普通は逆のことしてない?

どおりで毎日が苦しいわけだねぇ~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする