不安と孤独感を埋めるためのコロナ婚活の問題と利点

新型コロナウイルスの影響で、

健康面のみならず経済面でも

不安になることが多いため、

結婚したいという人が

例年よりもとても増えています。

 

僕の周りにいる独身の女性たちも

結婚したいなぁと

言っている人が増えてきました。

 

さて、

たまには恋愛心理学者としての

記事も書いておかないと

そんなこと研究してましたっけ?

って忘れられそうなので、

今回は恋愛について

お話したいと思います。

 

 

コロナに限らず、

なにかで不安な時期というのは、

1人で家にいると

なんかそれだけでとっても

孤独に感じてしまい、

このままで大丈夫なのかなぁ

こんなときに誰かが

一緒にいてくれたらなぁ

なんてことを考えてしまいがちです。

 

 

しかし、

恋愛心理学の統計データを見てみると

これが大きな落とし穴になると

言われています。

 

 

不安を埋めるために

相手を探すとどういうことが起きるのか

ちょっと一緒に考えてみましょう。

 

不安な状況の時、相手からどう見えるのか?

男性でも女性でも

どちらでもいいのですが、

自分が不安になっていて

あぁ寂しいってなっているとき

相手側からはどのように見えるのか

というのを考えてみましょう。

 

男性の方は女性をイメージして

女性の方は男性をイメージしてみてください。

 

例えば僕が不安と孤独に耐えられなくなり

そろそろ結婚相手を探すかぁ

一人だといざってときに辛いしな

となったとしましょう。

 

そんなときに出てくる言葉といえば、

大学の講義もまともに始まらないし

講演依頼は全部キャンセル

メーカーから依頼された仕事も流れ

あ~あ、この先どうなっちゃうのかなぁ

(フィクションです実際にはなってません)

 

今はいいとしても、

夏くらいからしんどくなるよねぇ

家にいたってやることないし、

友達と話すって言っても、

同世代は子育てで忙しいしねぇ

 

コロナ禍で外で合うこともできないし

ほんとどうしたもんだろう

 

なんて感じに僕がぼやいていたら

女性の皆様はどのように感じるのでしょうか

 

あぁ小城博士が弱っているから

支えてあげたい

私がいるから大丈夫よ!

なんて思ってくれる人は

少な・・・

いや、いないでしょう

 

つまりこういうことなんですね。

不安な状況の中で

出会いを求めると、

いつもよりも魅力が減っている

ように見えるんです。

 

人間ですから、

いつでも強気で活発なわけではありません。

誰だって気持ちが落ちるときがあります。

 

しかし、

落ち目のときに相手を探してしまうと

あまり良い結果につながりません

 

これは多少遊びなれている人なら

ピンと来ると思いますが、

失恋直後の男女っていうのは

ちょろいっていうのは

経験則でわかりますね。

 

もう金輪際恋愛なんてしない!!

って人もいますけど、

誰でもいいから~って人もいるわけです

 

気持ちが弱っている時っていうのは

とっても危険なわけです。

 

 

だからといって

不安をうめるために

相手を探してはいけない

というわけではありません。

 

相手を探して見つけたら

少しだけ踏みとどまって

気持ちの整理をしてみましょう

 

自問自答してみる

調子が良くなっても一緒にいたいか

その相手は、

不安が解消された後でも

一緒にいてほしいかどうか

考えてみましょう。

 

不安で困っている時には

一緒にいてほしいけど

自分が絶好調になったら

あまりかまってほしくない

っていう人もいます。

 

しかし、

不安で困っているときに

くっついた相手というのは

当然、不安で困っているときに

支えてくれる人なんですから、

いつでもべったりな可能性があるわけです。

 

自分が絶好調になってみたら

それがうざったいと感じることも

あるでしょう

 

なにを自分勝手なことを

言ってるんだ!?

って感じるかもしれませんが、

意外と人間そんなもんです。

 

基本的に人間も猫も一緒で

かまってほしいときはかまってほしい

そうでないときに構うとキレる

そういう人は決して少なくありません。

 

常に一緒に過ごすことが耐えられるか?

1人だと不安というのは

わかりますが、

2人なら楽しくて、

幸せということに

絶対的になるわけではありません。

 

実際にコロナが流行してから

家庭内暴力の相談件数は

日本のみならず激増しましたし、

女性が男性への言葉の暴力による

うつ病やその他の精神疾患も

とっても増えました。

 

1人よりも2人

家族がいれば乗り越えられる

ということもたくさんありますが、

プラスのことばかりではないのが

一緒にいるということです。

 

そういったことも乗り越えて

ともに過ごしていく覚悟があるのか

というのはちょっと考えてみても

良いと思います。

 

 

えぇ~

そんなこと考えてたら

誰とも一緒になれないじゃん

って思うかもしれませんが、

無理して一緒になっても

近い将来に別れているでしょうから

結果は一緒だと思います。

 

 

といったことを

あらためて考えてみて

それでもこの人がいいなぁ

って思うなら良いのではないでしょうか

 

今回はマイナスの方向から

お話をしてみましたが、

プラスの方向から考えてみると

とってもチャンスな時期でもあります。

 

なんでもない時期なら

お付き合いできないようなタイプの人も

不安と孤独にやられているので、

そういった人と付き合えるチャンスでもあります。

 

商品でいえば

適正価格よりも安売りしている状態です。

 

と考えれば、

むしろ今動くのはアリという

見方もできますね。

 

ピンチはチャンスでもあるので、

そこをどう活かすかは

自分次第ではないでしょうか

タイトルとURLをコピーしました