湯船に毎日浸かるのは美容の大敵

湯船に毎日浸かるのは、

美容の大敵というのはご存知ですか?

 

お肌を「綺麗」にというのは、

2つの意味があります。

 

一つは、

皮脂や汗といった汚れを落として

肌を綺麗にする。

 

もう一つは、

肌質を綺麗にする。

 

といったように、

肌を綺麗にといっても、

2つの意味があるので、

どちらの意味で

綺麗にしたいのか?

 

といえば・・・

 

やっぱり、肌質を良くしたいですよね。

もちろん、汚いままで

良いよって話ではないですよ

 

それでは、

なぜ、毎日、湯船に浸かるのが

美容にとってはよくないことなのか?

そのお話をしたいと思います。

 

湯船に浸かりすぎると・・・?

温かいお風呂に入って、

しばらくすると、

皮膚がふやけてきますよね

 

お風呂上がりに指とか見ると、

しわしわ~ってなっていて、

うん、しっかりお風呂に入れたなぁ

という確かな実感もあり、

気持ちいいですよね~

 

だがしかし!

 

あの、しわしわ~、ふにゃふにゃ~

という状態は、

皮膚のバリア機能が低下している

状態なんです!!

 

少しだけ専門的な言い方をすると

角質層の防御機能が下がっているんですね。

 

この角質層というのは

サランラップほどの

薄っぺらいものでして、

お肌を守るバリアのような機能をもっています。

 

皮膚の中に、

サランラップのようなものがあるから

長時間お風呂に入っていても、

体の中にお湯が入っていって、

水で膨らむということが、

ないんですね~

 

その角質層のバリアが弱くなると

どうなるのか?

 

お風呂上がりに、

カサカサ~

かゆかゆ~

ってなっちゃうんですね。

 

お風呂上がりの肌って

痒くなる人多いでしょう?

 

私、乾燥肌だからしょうがない

すぐ、保湿しなきゃ!

オイル~ オイル~!

ってなってる人は、

もしかしたら、

お風呂の入り方に問題があるのかも

しれませんね~

 

そうはいっても、

やっぱり、毎日お風呂に入りたい!!

美容のためといえど、

シャワーだけじゃいやなの!

って人もいるでしょう。

 

そんな方々のために、

正しい入浴方法をお伝えします。

お風呂の温度は40℃まで!

まず、お風呂の温度です!

ここが熱すぎたら話しなりません。

 

お湯の温度の上限は

40℃

 

なんかちょっとぬるいって

感じるかもしれませんが、

41℃以上になると

心臓への負担が大きくなるという

研究報告がされています。

 

若いときは、

心臓も血管も強いので

何も気にしなくても

いいかもしれませんが、

男女問わず、45歳過ぎたら

アラフィフになったら、

心臓と血管のことを考えることが

若さと健康の秘訣になります。

 

湯船に浸かるのは寝る2時間前

温度が決まったら、

次は、いつ入るのか?

お風呂はいつ入るの?

(♯゚ロ゚) 今でしょ!!(古い)

 

古典ギャグでボケてる

場合ではないですね・・・

反省します。

 

理想的な入浴するタイミングは

自分が寝る2時間前

 

そして、

お風呂に浸かるのは

20分まで!!

 

それ以上は・・・

メリットよりもデメリットが増えて

あまり良いことがないです。

 

入浴方法のまとめ

お湯の温度は40℃まで

入るタイミングは寝る2時間前

浸かっていいのは20分まで!

最大でここまでが限界です。

 

これを抑えておけば、

バッチリです。

 

やっぱり、毎日入りたいんだよね

って人は、少し条件がきつくなります。

 

毎日入りたい人向け

お湯の温度は39℃まで

入るタイミングは寝る2時間前

浸かっていいのは10分まで!

 

これを守れば、

毎日お風呂に入れますよ~

お風呂好きな方も安心ですね。

 

乾燥肌というのは、

先天的なものというよりは、

生活の中で少しずつ、

なっていったという人が多いです。

 

若いときは、

体の中の水分が豊富なので、

あまり水分を気にしなくてもいいのですが、

30過ぎたらどんどん減るので、

お風呂の入り方は

ちょっとだけ気をつけたいですね~

タイトルとURLをコピーしました