新型コロナの恐怖を煽るために死亡者数水増し指示の資料流失問題

新型コロナウイルス感染症による

死亡者数というのは

世界的に見ると少なめに報道するのが

一般的な対応となっています。

 

しかし、

日本では世界とは真逆の対応の

死亡者数を多めに見積もって

恐怖を煽るという

不思議な対応をしていることが

ついにバレてしまいました。

 

厚生労働省から医師たちに向けて

このような指示があったのです。

こちらの指示書下部にある

赤枠の内容を読んでみてください。

 

 

ごちゃごちゃ色々と書いてありますが、

重要な点は赤枠の内容です。

 

厳密な死因は問いません

 

 

とりあえず検査した結果

新型コロナウイルス感染症の

陽性者であれば、

他の病気が原因で死亡しても

きっかけはコロナでしょ

ということで

死亡者数にカウントされます。

 

昨年からテレビなどで

こう言われていましたよね。

持病を持っている人

基礎疾患がある人

高齢な人は危険

 

考えてみればわかりますが、

新型コロナウイルス感染症に限らず

どんな病気だって危険な状態ですよ。

 

しかし、

新型コロナウイルスは危険すぎる・・・

ということを広めたいので

死因はなんであれ

ウイルスに感染しているなら

コロナで死んだことにしよう

というとてつもない判断が下されました。

 

都道府県の公表している死亡者数の取り扱い

東京都の感染者数や死亡者数が

連日報道されていることで

一喜一憂されていますが、

あの数字は何の役にも立たない

数字あそびなので、

気にするだけ無駄なのですが、

一般の方はテレビや新聞の報道でしか

情報を得ることができないので

本当に悩んでいる人が

たくさんいると思います。

 

地方自治体の発表している

数字があまり意味がないという

証拠画像がこちらです。

 

さきほどの資料の続きなのですが、

赤枠の中を読んでください。

 

都道府県等が公表する死亡者数は

どうすべきか?

という答えがこちらです。

 

新型コロナウイルス感染症の陽性者であって

入院中や療養中になくなった方については

厳密な死因は問わず、

死亡者数として

全数を公表するようお願いいたします。

 

つまりですね。

新型コロナウイルス感染症で

陽性と出てしまったから

とりあえず入院したり

自宅療養をしていたときに

なくなった場合は、

コロナの症状がでておらず

肺炎になっていなくても

これはコロナをきっかけとして

死んだのだから

コロナウイルス感染症によって

死亡したってことにしましょう

というお話です。

 

先程の資料と

ほぼ同じ内容ですが、

くどいくらいに

厳密な死因は問わず

と書かれています。

 

医師からすれば

この文言はとてもありがたいです。

 

実際は糖尿病の悪化中に

風邪を引いただけだけど

コロナのせいで死んだことにしよう

私の糖尿病治療は完璧だったんだから

これはコロナのせいだよ

と胸を張って言えてしまうわけです。

 

医師からすれば

コロナのせいにできるので

とっても嬉しい

 

コロナの恐怖を

煽りたい勢力からすれば

死亡者数が水増しできるので

とっても嬉しい

 

国民以外はwin-winの関係なのです。

 

という資料が

流出してしまったことで、

今現在も議員の間で

大喧嘩になっています。

 

厚生労働省はなにやってんだ

こんな指示書を許可したアホはだれだ

と責任のなすりつけ合いに

なっているのですが、

全然関係がない人が

責任を取らされ

うやむやになっておしまいでしょう

 

政治的な話は

一個人としてできることが

ほとんどないので

僕らが考えなければいけないことは

コロナ怖い怖いという

考え方をそろそろやめないといけない

ということです。

 

僕らが騒いだパニックになっていると

大喜びしている人たちや

それに乗じて大儲けしている人たちが

ニヤニヤするだけです。

 

 

あらため数字を見返してみると

新型コロナウイルスのせいで

死亡したとされている

水増し死亡者数は

1年間で6000人ほどです。

 

新型コロナウイルス以外の

肺炎で死亡した人は

令和元年95498人です。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai19/dl/h6.pdf

(令和元年人口動向より)

 

多いときに約11万人の方が

肺炎で亡くなっている年もあります。

 

新型コロナウイルスが

流行するまでは

肺炎による死亡というのは

こんなにも多いんだ

3大疾病とあまり変わらない

くらいの人数がなくなっている

ということをあまり気にしないで

生きてきただけなのです。

 

身近なところに死が存在する

ということを認識すると

怖いのはわかりますが、

元々の状況とあまり変わっていません。

 

 

1つ誤解がないように

あらためて言っておきますが、

新型コロナウイルスは

たいしたことがない

ということをいいたいのではないので、

感染症対策をきちんとするべきだと思います。

 

若い世代にとっては

ただの風邪に近い症状でも

風邪だからうつしていい

ってわけじゃないですよ。

 

特に1月2月は

ウイルスと細菌の合併症により

喉がやられる人が増えています。

 

コロナ以外にも

病気の原因はたくさんあるので、

手洗い、うがい、換気をしっかりして

予防していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました