アラフォーからは野菜より肉を先に食べると若返る!

食事をするときに、

野菜を先に食べた方が良い

というベジファーストという

健康法を聞いたことはありませんか?

 

実はこの健康法は、

若いときはいいのですが、

アラフォー以降は、

野菜よりも、肉を先に食べたほうが

より若々しくいられるんです。

野菜を先に食べるのは何がいいの?

食事をするときに、

最初は野菜を食べて・・・

というのはなにがいいのか

あらためて復習してみましょう。

 

ベジファーストというのは、

食物繊維が多く含まれている

野菜を最初に食べると、

 

糖質や脂質の吸収を抑えられる

 

というメリットがあるため、

ダイエットをしている人や、

健康意識が高い人の間で、

流行っていきました。

 

今では、ダイエットしていない人でも

野菜から食べたほうが

健康になれると思って、

野菜から食べている人も多いでしょう。

 

このような書き方をすると、

うちのブログを良く読んでいる人は、

あっもしかして、

ベジファーストって危ないの?って

邪推しちゃいたくなるでしょうが、

大丈夫です。

 

肥満対策には

それなりの効果があります。

 

食物繊維が糖質の吸収を

ゆっくりにすることで

血糖値を急上昇させないようにします。

 

そして、

食物繊維と脂質が絡まることで、

腸での吸収を防いでくれます。

 

血糖値を上げず、

脂質の吸収を抑える

 

肥満対策には

効果がありそうな気がしますね~

 

だがしかし!!

 

食物繊維はそんなに万能ではないんです。

 

糖質や脂質だけをブロックするなら

良いのですが・・・

 

タンパク質、ミネラル、ビタミン類なども

ブロックしてしまうんです!!

 

野菜を先に食べるダイエットは

必要な栄養素もブロックしてしまうので、

体重を落とすためには、

それなりに良くても、

健康維持にはあまり向いていません。

 

特にアラフォー以降の世代は注意!

加齢とともに変わってくることの一つが

若いときに比べて

肉類をあまり食べなくなることです。

 

食べる量が少なくなり、

野菜の食物繊維でブロックすると

アミノ酸やタンパク質が

足りなくなります。

 

消化器系が弱まってくる

50代以降は、

タンパク質の消化吸収に時間がかかります。

 

なので、

肉より先に野菜を食べると、

タンパク質が吸収しきれなくて、

肌荒れ、脱毛の原因に繋がります。

 

 

肉から先に食べるとこんなメリットがたくさん!

健康面では、

免疫力が上がります!!

 

若いときに比べて、

病気が治りにくくなったなぁ

と感じたら・・・

それは肉不足ですね~

 

免疫力を高めるためには、

タンパク質と脂質が必要です。

 

野菜を食べて健康に!

というのはいいのですが、

あまりそこに集中しすぎると、

免疫力が下がるので要注意です。

 

美容面では

タンパク質をしっかりと摂ることで、

筋肉量が増えるので、

太りにくい体質になっていきます。

 

痩せたいなら食べろ!

というのはきいたことはありませんか?

 

ちゃんと勉強している

ダイエットの講師なら

みなさん、痩せたいなら食べるしかないよ

って言ってます。

 

それはそうです。

タンパク質不足で、筋肉が落ちたら、

代謝が下がって、太りやすくなりますからね。

 

 

しっかりとよく噛むとこんな良いことが

食べるときに、

しっかりとよく噛むと、

満足感が得やすいため、

主食の量が減るので、

ダイエットできるというのは

よく聞きますね。

 

よく噛むと

もっと良いことが起きるんですよ!

 

唾液の中に

若返り効果があるホルモンが分泌するんです。

 

しっかりと噛むだけで

若返り!!

 

これをきいたら、

次の食事からは、

まずは肉を食べて~

 

そして、しっかりとよく噛む

 

これをしていると、

肌はきれいになり、

抜け毛が減り、

骨も丈夫になり、

歯も健康でいられるんです!

 

もう、

ベジファーストは今日で卒業ですね!

 

明日からは、

肉ファースト!

お肉から食べましょう!

タイトルとURLをコピーしました