男女で違うホルモンバランスの乱れの兆候と不快症状

40代くらいからでしょうか

少しずつ若い時とはちょっと違うな

という違和感を感じる人が増えてくるのは

 

アスリートなど運動をしている人は

30代くらいから感じるかもしれませんが、

一般の方の場合は40代で体力の衰え

50代で精神的な違和感を感じ始める人が

増えてきます。

 

特に、やる気がなくなったり、

これといって理由はないけど

憂鬱になったりするのは、

ホルモンバランスが乱れてきている証拠です。

 

男性でも女性でもそうですが、

50代くらいになってくると、

男性ホルモンと女性ホルモンの

分泌量がかなり減ってきます。

 

そのホルモンの影響が

心に反映されているため、

気持ちが落ち込む人が増えたり、

頭痛になったりします。

 

さて、ホルモンバランスの乱れによって

出てくる症状というのは、

男女で結構違います。

 

もしも、こんな症状が出始めたら、

それはホルモンが乱れてきているのかもしれません。

 

 

ホルモンバランスが崩れている兆候

ホルモンバランスが少し崩れてきたな

という場合に起きることがあります。

 

例えば、

急に外出するのがかったるくなる

急に人と会うのが面倒になる

 

ちょっとしたことが気になって、

意味もなく凹む

 

物忘れが増える

 

といったことが増えてくると

ホルモンバランスが崩れ始めています。

 

元々そういう性格だというのであれば、

あまり参考になりませんが、

年齢が上がるにつれて、

そういう傾向が出てきたのなら、

ホルモンの可能性が大です。

 

さらにホルモンバランスが大きく崩れると

体に様々な不快症状が出てきます。

男性と女性で若干傾向が違うので

分けてお話します。

女性がホルモンバランスが崩れると

女性の場合は、

頭痛、めまい、肩こりが少しひどくなります。

特に疲れているわけでもないのに、

クラクラっとしてしまったり、

なぜか頭が痛かったりと

体のあちこちに影響が出てきます。

 

痛みがでないまでも、

妙に体がほてるという人もいるでしょう。

これもホルモンバランスの乱れから

やってきます。

 

体の調子が悪いからといって

ストレッチやマッサージを受けても

あまり効果が感じられない場合は、

原因が筋肉にあるのではなく、

ホルモンバランスにあるのかもしれませんね。

 

 

男性がホルモンバランスが崩れると

痛みとしては、

頭痛と肩こりが増えてきます。

 

少しものが見えづらくなったり、

ど忘れが増え始めます。

 

そして、

なんとなく性欲も減ってきます。

 

それに伴って、

なんとなくダルいなぁと

様々なことで感じることが増えます。

 

 

男性の場合は、

性欲とやる気がなくなるので、

ちょっとわかりやすいかもしれませんね。

 

もういい年齢だし、

性欲なんてなくなったって問題ないと

思う人はそこそこいますが、

男性の場合はきちんとしていれば、

70代でも生殖能力がありますので、

50代で諦めるのはちょっと早いかなと思います。

 

性欲を増やせとまではいいませんが、

ホルモンバランスの乱れによって

性欲がなくなっているのなら

放置しておくと、

目は悪くなるし、

記憶力は下がるし、

情熱や熱意といったものも

どんどん失われてしまうので、

男性として結構苦しい思いをするかもしれません。

 

 

ホルモンバランスを整える方法

ホルモンバランスを整えるには

ストレスフリーになって、

不摂生な生活をやめて、

しっかり寝る

と書いている本やブログが多いですが、

それができる人はあまりいないでしょう。

 

できることならやってますって感じですもんね。

 

理想的な話をしても、

実践できる人が少ないので、

すごくシンプルなものを

今回は提案したいと思います。

 

寝る直前に入浴しない

温かいお風呂に入ると、

自律神経が逆に乱れることがあります。

体をポカポカにするのは

なんか良さそうな感じがしますが、

場合によっては不眠症の原因になります。

 

どうしてもお風呂に入りたいなら、

40℃未満の温度にして、

ぬるめのお湯にはいってください。

スキンケアの観点から見ても、

40℃以上のお湯は危ないですからね。

メリットがほぼないです。

 

朝日を浴びる

朝起きたら、バタバタする前に

カーテンを開けて、

朝日を少しだけ浴びましょう。

1分浴びるとかではないので、

とりあえず、朝日を目にいれましょう

 

そうすることで体内時計もリセットされ、

徐々に睡眠の質が上がっていきます。

 

睡眠の質が上がれば、

結果的に身体的なストレスも減り、

ホルモンの乱れも良くなっていく

ということです。

 

ストイックにあれもこれもやるのは

とてもむずかしいので、

簡単に取り入れることができる

寝る直前は入浴禁止

朝起きたら朝日を浴びる

 

これくらいなら、

特に大きく生活習慣をかえなくていいから

簡単ではないでしょうか

 

こういった日常的なケアで

どうにもならないくらい

痛みが酷いとか

鬱になりそうという場合は、

民間療法に頼らずに一度病院に行きましょう。

もしかしたら原因がぜんぜん違うかもしれませんからね。

タイトルとURLをコピーしました