男女で変わるストレス解消法の違い『孤独・会話・やけ食い』

なにか悲しいことや、

嫌なことがあったとき、

ものすごくストレスを感じた時に

どのようにみなさんは、

ストレス解消をしていますか?

 

嫌なことがあったしやけ酒だ~!

という人もいれば、

もう死ぬほど食ってやると

やけ食いする人

誰にも会いたくない関わりたくないから

一人にしてほしいとふさぎ込む人

いろいろなタイプがいると思います。

 

個人差が大きくあり、

みんながみんなこうすればいい

というのはないのですが、

男性と女性でストレスの解消法が

真逆になるという結果が出たのは

なかなか面白いものです。

男女で違うストレス解消法

一般的に男性と比べると

女性の方が幸せホルモンの量が少ない

言われています。

 

そのため、不幸なことがあったときや

ストレスがたまることがあると、

無性に『甘いもの』が欲しくなったり、

やけ食いをして、肉を食べまくったり

する人が結構います。

 

もちろん個人差があるので、

全ての女性がそうというわけではないですが、

統計的にはそういう傾向があります。

 

甘いものやお肉を食べると、

幸せホルモン「セロトニン」

多く分泌されることがあるため、

実は結構理にかなった行動をしています。

 

なんでそんなに食べるの!?

ってびっくりするくらい食べる人も

中にはいますが、

それだけ幸せホルモンが足りておらず

脳の中では「不幸」を感じているからです。

 

最近は、

プロテインの必要性や

アミノ酸の必要を発信する人が増えたため、

女性でもタンパク質を多く摂るように

なりましたが、一般的な男性と比べると

肉の摂取量やプロテインの摂取量、

アミノ酸の摂取量が

やっぱり少なめだと思います。

 

特に40代を越えてから

やや気持ちが下がったり、

更年期特有の問題が起きたりするのは、

体の老化とともに、

タンパク質の吸収量が下がり、

30代までと同じ行き方をしていると

幸せホルモンが足りなくなることが多く、

45歳前後でうつ気味になったり、

更年期障害で悩む人が出てきます。

 

温泉旅行

嫌なことがあると、

温泉旅行などに行きたくなる人もいます。

これは温泉に浸かることでリラックスし

幸せホルモンが徐々に分泌されるため

ゆっくり体を休めつつ、

脳内の問題も改善していくという

とても理にかなった行動です。

 

女性の場合は、

幸せホルモンの問題が大きく影響するため、

一人で家に引きこもるよりも、

食べる、寝る、温泉、だれかと愚痴る

なんてことをしたほうが、

早めに幸せホルモンが増えていきます。

 

 

女性の場合はそれでいいとして

男性の場合も同じ行動のいいのか?

というと実はそうでもないんですね。

 

良いことやってるんだから、

男女問わずそうしたほうがいい

って感じるかもしれませんが、

性差が出てくるのは面白いですね。

 

 

男性の場合は孤独になるほうが良い

男性はテストステロン(男性ホルモン)が

多いため、孤独を好む傾向があります。

 

そのため、

女性のように幸せホルモンを増やそう

という行動をするよりも、

男性ホルモンの影響がとても強いので、

一人になって、じっくり考える時間

作るほうが結果的に立ち直りが早いです。

 

友人とあって愚痴を言い合うというのも

良いストレス解消法に見えますが、

気晴らしになるので、

やらないよりはマシですが、

それでも男性の場合は、

自分で一人の時間を作り、

じっくり考えて整理することが

脳内のストレスは解消していきます。

 

特に男性はプライドもあるため、

人前で泣くというのも

簡単にはできません。

 

一人になって、

どこかでもう涙が出ないってくらい

泣けばいいんですよ。

 

涙を流すことで

精神安定に繋がりますから

とことん1人の時間を作って

ストレスを発散させましょう。

 

一人でやけ酒をするというのも

あまり褒められたことではないですが、

脳科学的には理にかなった行動だと思います。

 

酒は男を磨く水

心の穢れを落とす水

 

ですから辛いときくらい

たまにはお酒の力を借りたって

いいのではないでしょうか

 

今回は男性と女性と

大きく分けてお話しましたが、

女性でも男性的な人もいれば、

男性でも女性的な人もいます。

 

自分はどちらの方法が

より向いているのかを

考えてみて、

ストレスを解消しましょう。

 

僕はお酒を飲む習慣がないので、

モンブランのホールケーキ食べたり、

焼き肉食べ放題にいったりするのが

好きですね~

タイトルとURLをコピーしました