渋谷ヴィーガンデモ、ヴィーガンは本来菜食主義押し付け集団ではない

6月1日に渋谷で

ヴィーガンを自称する集団が

デモを行いました。

 

 

この10メートル先くらいには、

カウンターデモ

「動物はおかずだ歩き食い祭り」

が同時開催されています。

フライドチキンを持つ人や

ファミチキ、フランクフルトを持つ人がいます。

謎の和牛肉マンも来ています。

 

こういったデモが起きると、

自然と勘違いされてしまうのが、

ヴィーガン=菜食主義押し付け集団という

イメージです。

 

そもそも、

ヴィーガンというのは、

肉、卵、乳製品、蜂蜜などを

食べない人たちの総称です

 

・健康のために食べない

・アレルギーなどで食べられない

・宗教上の理由

・過去のトラウマが原因

・思想を持っている

・動物愛護の意識が強い

 

他にも理由があるかもしれませんが、

大きく分けると、上記のような理由があって

菜食主義になった人たちの

総称がヴィーガンです。

 

一部の過激派のおかげで、

ヴィーガン=菜食主義を押し付ける

傲慢な集団という

印象が持たれてしまっています。

 

それをやっているのは、

アニマルライツという団体です。

インターネット上で

画像や動画を広めたり、

デモ活動を頑張って行っています。

 

あまりに頑張りすぎてしまったため、

ヴィーガンとアニマルライツは

イコールにされてしまっており、

現在の日本でヴィーガンを名乗ると

少し危険な思想を持っていると

誤解されることも少なくありません。

ヴィーガンとアニマルライツの違い

ヴィーガンの多くの人たちは、

過激な思想があるから、

菜食主義者になったわけではありません。

 

ほとんどのベジタリアンは、

野菜は美味しいよね~

きちんと栄養を学べば、

肉なしでも栄養がきちんと摂れる

アレルギーで肉が無理だったから

こうした知識は助かる~

 

といったレベルのもので、

特別な思想は持ち合わせていません。

 

むしろ自分は肉は食べられないけど

肉食の人に菜食を押し付けては良くないよ

と思っている人もたくさんいます。

 

中には、肉が食べられなくてごめんなさいと

申し訳なく思っている人もいます。

実際、集団でご飯を食べに行ったり、

パーティーを開くときに

手間を掛けさせてしまって申し訳ない

って謝ってくる人もいます。

 

しかし、

だんだん人数が増えてくると、

違った考え方の人も増えてきます。

それが、アニマルライツです。

 

アニマルライツについて、

どういう組織なのかを説明するのは

少し難しいので

ホームページを見て、

判断してみてください。

認定NPO法人アニマルライツセンター
工場畜産等での非倫理的行為をなくし、アニマルライツやアニマルウェルフェアの問題を提起し、ヴィーガンなど動物にやさしいエシカルな生活をサポートするNPO法人

 

人の支配下で苦しむ動物たちの

苦しみをなくすために

活動を行っているそうです。

 

そういった考え方を持つのは

良いと思いますが、

自分たちの思想を

他の人に押し付けるのは

ちょっと違うかなぁと思います。

 

もう少しスマートなやり方をしてほしいですね。

 

過激な方法で訴え続けると、

反発される力も強くなります。

 

例えば、よく耳にする

「肉食者は野蛮人、動物が可哀想!」

「畜産業の実態を見ろ、残酷過ぎる」

みたいなお話

 

こういうふうに言われて

あっ確かにそうだなぁ~

今日から止めよう!

とはならないでしょう。

 

動物にも生きる権利が

あるかもしれませんが、

人間にも自由に生きる権利があります

 

互いの権利を侵害せずに、

肉食がいても良い

菜食主義がいても良いと

お互いに認めてあっていくのが

良いのではないですかね。

 

 

そういえば、

今回のデモにスパイが紛れ込んでいたようです。

 

 

ヴィーガンデモの中に

「肉食え肉!!」

という紙を持っている人が・・・

 

なかなか、

組織運営というのも

難しいものですね~

 

出会いの場に使っている

ファッションヴィーガンも

結構紛れているらしいですよ。

 

最後に、

デモするなら、

法律は守りましょうね~

 

赤信号を無視して道路を横断したり、

道路に飛び出す人がいましたが、

事故が起きたら迷惑なので、

止めましょう

 

それに、

法律を破ってしまったら、

どんなに良いこと言ってても、

誰にも言葉が入っていきませんよ。

タイトルとURLをコピーしました