エアコンはつけっぱなしのほうが電気代が安い説は本当なのか?

日本各地で30℃以上になることが増え、

群馬県伊勢崎市では40.5℃を記録しました。

これくらいの暑さになると、

熱中症になる危険性が高くなるため、

エアコンを有効に活用したほうが良いと思います。

 

しかし、

エアコンを使うと電気代が高くなるから

なるべく使わないようにして、

本当に暑くてどうしようもないときだけ

エアコンを使おうという方も

いると思います。

 

しかし、

ネット上やテレビ番組を見ていると

24時間エアコンをつけっぱなしにしたほうが

電気代は安くなるんだよという話も

ちょこちょこ目にしますね。

 

普通に考えてみると、

必要なときだけエアコンをつけて

そうではないときや外出しているときは

エアコンを消したほうが

電気代が安くなる気がします。

 

実際に実験をしてみて、

安くなったのか

高くなったのかというのを

ブログ等に書いている人もいますが、

実際、24時間エアコンつけっぱなしは

本当に電気代が安くなるのかというのを

僕なりに考察してみたいと思います。

 

エアコンはつけっぱなしのほうが安くなるのか?

エアコンを24時間つけっぱなしの方が

安くなるという意見が出てきた理由を

見てみましょう。

 

エアコンの電源を入れ始めたときは、

部屋の温度が高いため、

電力をたくさん使います。

そのため、スイッチを入れた直後がが

一番、電気を使ってしまうんですね。

 

ある程度、部屋が冷えてきたら

弱運転に切り替わって、

消費電力が下がっていきます。

 

この図の左側を見てみてください。

(ダイキン工業空気のお悩み調査隊がゆくより引用)

 

電源を入れた直後は電気代が高く、

ある程度の時間が経つと

電気代が少なくなっているのがわかります。

 

右の図はある程度、

部屋が冷えたら

エアコンを消して、

また暑いなぁと感じたらONにする

もしくは外出時にOFFにする

という使い方をしたものです。

 

こまめにON-OFFをすることで、

節約している気になりますが、

電源を入れた直後は

エアコンが強運転で動くので

電気代が高くなり、

これならつけっぱなしにしてたほうが

安くなるのではないか

という意見があるわけですね。

 

この話は嘘ではないですし

たしかにそうだなぁと思う部分もありますが、

だれでも安くなるというわけではありません。

 

24時間つけっぱなしにしたほうが安くなる人は?

理論上はつけっぱなしにしたほうが

安くなる気がしますが、

  • 部屋の構造
  • エアコンの性能
  • 生活スタイル

によって変わってきます。

 

部屋の構造とエアコンの性能

木造戸建てと

鉄筋コンクリートマンションでは

断熱性能や気密性がだいぶ異なります。

 

6畳の部屋に

6畳用のエアコンをつけていても

(2.2kWのエアコン)

木造の場合はギリギリ冷やせる性能ですが

鉄筋コンクリートの場合は

9畳まで冷やすことができます。

 

ギリギリの性能で冷やすのと

余力があって冷やすのでは

電気代のかかりかたが違ってきます。

 

たとえば、

木造戸建て6畳の部屋で

エアコンをつけっぱなしにしてみましょう。

 

部屋を冷やそうと頑張るものの

外が暑すぎて部屋が暖まろうとして

ずっと強運転で動いてしまったら

これは電気代はすごく高くなりますね。

 

今一番ネット上で売れている

日立の白くまくん

RAS-AJ22Jでざっくり計算してみると

ずっと強運転になってしまうと

一日380円

一ヶ月で11400円ほど

かかる計算になります。

 

実際は夜間は弱運転に

なっていると思うので、

もうちょっと安いと思いますが、

最新のエアコンと使っても

1月の電気代が1万くらいになるわけです。

 

これが10年前のエアコンなら

もっと電気代は高くなります。

エアコンというのは古くなればなるほど

省エネ性が低いことが多いので、

1万どころか2万くらいになる人もいるでしょう

 

ここで重要なのことは、

断熱性が高いマンションと

木造戸建ては別物として

考えなければいけないことです。

 

もっと細かいことを言えば

西日が入ってくる部屋なのかとか

厚手の伝熱性が高いカーテンを使っているのか

というのでもだいぶ変わってきます。

 

つけっぱなしにしたほうが得

というのは断熱性が高い部屋に

住んでいる人だと思いますね。

(木造でも断熱性が高い家もある)

 

そうではない人は

むしろ高くなると思います。

 

次に考えなければいけないのは

生活スタイルです。

 

生活スタイルによって変わる電気代

どの時間帯に家にいるのか

というので話が変わってきます。

 

例えば、

朝8時位に出勤して

20時くらいに帰宅する

という生活をしていた場合は、

24時間つけっぱなしにしておく

メリットはほとんどないですね。

 

日中の一番暑い時間帯は

冷房も強運転になりやすいため

電気をたくさん消費します。

その時間帯に家にいないのであれば、

消しておいたほうが安いです。

 

日中お仕事されている方は、

つけっぱなしにしても

あまり意味がないのではないでしょうか?

 

 

休日等で一日中家にいる場合は?

一日中家にいる場合は、

つけっぱなしにしたほうが

電気代は安くなります。

 

ちょっとスーパーに買物に行くとか

コンビニに行くというときに

エアコンを付けたり消したりすると

電気代は逆に高くなるので、

つけっぱなしにしたほうが良いです。

 

しかし、

1時間以上外出する場合は

消したほうが安くなります。

 

目安としては

30分前後の外出なら

エアコンはつけっぱなし

そうではないなら消したほうが良いと

思いますね。

 

目安となるのは

30分以上の外出があるかどうか

という点です。

 

熱中症になるくらいならエアコンを使おう

エアコンを使うのをケチって

熱中症になってしまったら

元も子もありません。

 

熱中症での死亡者は

年間1500人ほどいます。

 

最近はコロナコロナと

騒がれていますが、

コロナによる死亡者よりも

多いのが熱中症ですので

注意が必要です。

 

死亡しないまでも

入院や治療となると

エアコンが1台買えるくらいの

費用がかかります。

 

どちらにしても

我慢するものではないと思いますね。

 

若いときは大丈夫でも

60代過ぎたらかなり危険です。

熱中症の死亡者の81.5%は

65歳以上です。

 

これまで大丈夫だった人でも

これからも大丈夫

というわけではないので、

しっかりとケアしていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました