気になるみんな貯金額100万円貯金できると中の上?

日本人の平均貯蓄額は

1600万程という話を聞いたことはありますか?

えっみんなそんなに貯金しているの?

どうしよううちは100万円もないよ・・・

と感じる方もいるかもしれませんが、

こういう統計データというのは、

一般市民の実情とかけ離れることがあります。

 

というのも何かといいますと

所得格差が大きい日本において

平均値はあまり参考にならないんです。

 

それはなぜか?

一人がものすごく貯金していると

平均貯金額は高くなってしまい

普通の人の感覚と

ずれが生じることがあります。

 

平均値

例えば5人の貯金額を聞いてみたところ

  • Aさん:2000万円
  • Bさん:500万円
  • Cさん:200万円
  • Dさん:100万円
  • Eさん:10万円

という結果だったとしましょう。

 

この5人の平均貯金額は

562万円となります。

 

この結果から自分は平均以上なのか

平均以下なのかという判断をすると

2000万円貯金している

Aさんだけが平均以上で、

B,C,D,Eさん4人はみんな平均以下となります。

 

どうでしょうか

平均より下だからといって

自分が世間的に見て

多い方なのか少ない方なのか

という判断はできないですよね。

 

平均貯金額というのは

1人ものすごいお金持ちがいると

ぜんぜん参考にならないデータに

なってしまうわけです。

 

そこで重要になってくるのが

平均値を見るのではなく、

中央値を見てみる

ということです。

 

中央値という言葉は、

あまり馴染みのない方も

いると思いますので、

簡単に説明しますと、

データを大きい順に並べたときに

真ん中にくる値のことです。

 

先程の貯金の例で考えますと

  • Aさん:2000万円
  • Bさん:500万円
  • Cさん:200万円(中央値)
  • Dさん:100万円
  • Eさん:10万円

5人の中で真ん中に来る人は

上から3番目のCさんですので、

中央値は200万円ということになります。

 

この5人の中で真ん中の額なので、

Cさんよりも貯金が多い人は2人

Cよりも貯金が少ない人も2人

ということで、

間違いなく5人の中でちょうど

真ん中の状態な人ということになります。

 

平均貯金額で考えるよりも

他の人と比べてどうなのか

自分の位置はどのあたりなのか

というのがわかりやすいと思います。

 

なんとなく中央値の意味は

分かっていただけたでしょうか?

 

 

さて、

平均値と中央値の意味が

理解していただいた上で、

本題に入りたいと思います。

 

実際、みんなどれくらい貯金してるの?

というお話です。

 

日本人の平均が1600万円と言われても

多くの日本人は

1000万円どころか100万円も

貯金できていない状況です。

 

金融広報中央委員会が調べた

令和元年の年代別の貯金額を見てみましょう。

 

年代別貯金額

一人で暮らしている

単身世帯の年代別貯金額(中央値)がこちらです。

20代:5万円

30代:77万円

40代:50万円

50代:54万円

60代:300万円

 

上から数えても下から数えても

ど真ん中にくる人の貯金額が

中央値ですが、

どうでしょうか?

思ったより少ないと感じましたか?

 

自分の周りと比べると

なんか変に感じる人と

そうでない人に分かれると思いますが、

その感覚のズレは、

貯金が少ない人はわざわざ貯金額を

他人に言わないと思うので、

ある程度耳に入ってくる情報は

そこそこ貯めている人の話なわけです。

 

しかし、

中央値ですから、

これがど真ん中の人の貯金額なわけです。

 

もし、単身世帯の方で、

100万円貯金することができますと

全年代で考えてみても

中の上ということになります。

 

100万円の貯金で中の上と言われても

なんだかなぁという

気分になるかもしれませんね。

 

考え方はいろいろあるのですが、

100万くらいしか貯金できない日本は

そうとう貧しい国になっている

という考え方と

ほとんどの人が貯金ができていないけど

なんやかんやで生活できてしまっている

日本ってすごいねって考えるかです。

僕は後者の考え方が好きです。

 

貯金がないと不安な面は多々ありますが、

貯金があっても不安がなくなるわけではありません。

 

世の中の情報というのは

基本的に不安を煽る情報がいっぱいなんですよ

 

老後にいくらかかるよ

病気になったら入院費がすごいよ

癌になったら治療費や薬代が・・・

子供が市立の学校に進学したら・・・

葬式はいくらかかるから・・・

家のローンで破綻するタイミングは

ボーナス払いがうまくまわらないときで・・・

などなど、

日常の中で、

もしこうなったら

何百万円かかるからヤバイよって

毎日脅され続けているわけです。

 

これらの不安を解決できる貯金額って

いくらなんでしょうね。

仮に1000万円貯金があっても

ぜんぜん安心できなくなります。

 

なのであまり貯金があるとか

ないとかってところだけに

こだわらないほうがよいかと思います。

 

今貯金がない人は

自分の今後の生活を考えて

必要な金額を貯めていけば

良いと思いますし、

他人の比べてもライフスタイルが

ぜんぜん違うので、

意味がないと思います。

 

無いならないでなんとかなるさ

って思えるメンタリティも

必要なのではないでしょうか

タイトルとURLをコピーしました