焼けてないのに肌が浅黒くなったなと感じたら

8月下旬になり、

少し気温も落ちてきて、

そろそろ秋がやってくるのかなぁ

と感じられるような

季節になってきました。

 

なんとか、

今年もあまり日焼けしないで

済みましたが、

ほとんど日焼けしていないのに、

なんとなく、

肌の色が浅黒くなったような

気がしたことありませんか?

 

その原因は、

紫外線Aにあるかもしれません。

紫外線の種類

 

紫外線には、

大きく分けて、

紫外線A,B,Cと3種類あります。

 

紫外線A波

日焼けはしないけど

お肌の奥に入っていき、

老化させるもの。

 

紫外線B波

日焼けする紫外線です。

 

紫外線C波

ほとんど地上には

降り注いでいないので、

あまり気にしなくても大丈夫です。

ちなみにあまりに強力すぎて、

目に入ると失明の危険性があります。

 

 

今回、なんか浅黒く感じる

気がしてしまった原因は、

この紫外線A波を浴びすぎたのかもしれませんね。

 

 

肌の奥まで届く紫外線A波の危険性

紫外線A波は

目で見てわかりやすい問題が

すぐには起きません。

 

(ロート製薬のUVAとUVBイメージ図)

 

この図を見ていただくと

わかりやすいのですが、

紫外線A波は、

表面の皮膚よりも奥の

真皮層にまで入っていきます。

 

そして、

お肌のハリ感にとても大事な

コラーゲンをズタズタに

してしまうので、

少しずつ少しずつ

お肌の弾力性が無くなっていきます。

 

年齢とともに、

お肌のハリ感がなくなるのは、

年をとったからだなぁ・・・

老化老化ってことではなく、

紫外線にコラーゲンを

ズタズタにされてしまった影響で

若いときに比べると、

ハリ感が低下してしまっているのです。

 

 

目に見えてわかる日焼けと違い、

日頃、体感があまりないので、

気がついた時には、

あぁ・・・なんかハリが・・・

ってなるわけですね。

 

一般的には、

20代後半から30代にかけて

なんかハリがなくなったように

感じるのはこのためです。

 

UV-B波より10倍以上降り注いでいるUV-A波

すぐに体感が出てこないから

あまりケアしようという気持ちに

なりにくいのですが、

紫外線A波は・・・

なんと、日焼けする紫外線B波より

10~20倍

降り注いでいます。

 

そして、

夏場だけ強いのかと思いきや

紫外線A波は年中無休です。

 

冬場は多少弱くなりますが、

それでも、冬でも侮れないのが

紫外線A波です。

 

 

この紫外線A波は、

浴び続けると、

お肌が老化するだけでなく

シミの原因にもなります。

 

お肌の奥の方にダメージが入るので、

根が深いシミになります。

目で見てはっきり分かるシミになれば

わかりやすいですが、

うっすらしすぎていると、

なんとなく浅黒くなった感じになります。

 

シミというのは、

表面付近にできてくれれば、

消すのは簡単です。

 

なんの商品とはいいませんが、

こすっただけでシミが消える

みたいなことを売りにしている

化粧品があるでしょう?

 

それは、

お肌の表面にできたシミなら

消せるかもしれないというお話です。

 

でも、紫外線A波によって

お肌の奥の方にできてしまったシミは

こすったり、スクラブしたり、

ピーリングしても、

何も効果がありません。

 

むしろ、お肌にダメージを与えて

さらに状態が悪化します。

紫外線A波対策

一般的な日焼け止めで

防ぐことができます。

 

日焼け止めの箱を見ると、

SPF30,PA+++とか

書いてありますよね。

 

このPA+++というのが

紫外線A波を防ぐ力になります。

 

+の数が2個以上ついていると

日常ケアにはちょうどいいと思います。

 

あまり外に出ないのに、

SPF50+、PA++++とかの

強力な日焼け止めを塗り続けると

それはそれで肌ダメージになるので、

デイリーケアとしては、

SPF20~30、PA++以上の

日焼け止めが良いと思います

 

わかりやすい日焼けと違って

ちょっとずつ体を老化させる

紫外線A波はとても厄介です。

 

これから涼しくなっていきますが、

紫外線A波は常に降り注いでいますので、

油断せずにケアしていきたいですね~

 

 

タイトルとURLをコピーしました