日焼け止め:紫外線吸収剤・散乱剤の比較と危険性

日焼け止めは一年中必要というのが

少しずつ認知されてきたので、

夏が終わるくらいの時期でも、

日焼け止めは必要ですよね~

 

そんな日焼け止めなんですが、

皆さんはどのように選んでいますか?

 

日焼け止めを買うときに、

SPFの数字の高さを見て、

少しでも数字が高いものを買おうとする人

 

SPF50+は肌ダメージがある

と言われているから

SPF20くらいにする人

 

なんとなく、

最強日焼け止めって

ポップに書かれていたから

買ってみたなどなど

 

人によって選び方は違うと思います。

 

 

SPFの数字や

PA++++など

+の数も重要なのですが、

 

お肌に優しい日焼け止めは?

という点で考えるなら、

 

紫外線を吸収するタイプなのか

紫外線を散乱させるタイプなのかを

見ることも大事です。

 

 

日焼け止め化粧品の仕組み

日焼け止め化粧品は、

紫外線を化学物質に吸収させて防ぐものと

鏡のように反射させて防ぐものがあります。

言葉にするとちょっと難しいの

この図を見てください。

(ドクターシーラボより)

左の図のように、

紫外線を反射させるタイプのものが

お肌に優しいと言われています。

 

逆に紫外線吸収剤は、

お肌の表面で化学反応を起こすため、

お肌に悪いと言われています。

 

 

では、なぜそんなお肌に悪い

と言われているのに

紫外線吸収剤タイプの商品が

世の中にはいっぱい出ているでしょうか?

 

紫外線吸収剤タイプが多い理由

お肌に優しい日焼け止め以外は、

作らなければいいのにと

感じるかもしれませんが、

それでも世の中に残っているには

ちゃんとわけがあります。

 

それは、

お肌に優しいと言われている

紫外線散乱剤タイプは、

汗で流れて崩れやすいという

デメリットがあります。

 

せっかく日焼け止めを塗っても

汗で流れてしまっては、

効果がなくなります。

 

さらに、

紫外線散乱剤タイプは、

紫外線カット率が

低めになりやすいです。

 

デイリーケアに

とても良いですが、

スタジアムで野球観戦

子供の運動会に参加など

一日中、日差しが強いところに

でなければならないときは、

あまり向いていません。

 

そして、

ここが結構嫌がられるところですが、

塗り心地が重たい

と感じる方がいます。

 

塗り心地が悪く、

塗っても崩れやすい

外回りの営業マンとかも

これでは困る

 

一度崩れたらメイクもしているし

上から重ね塗りもできないし~

という声もあります。

 

多少肌に悪くても、

紫外線カット率が高く

塗り心地が良い

紫外線吸収剤タイプ

たくさん開発されています。

長時間、外に出るなら吸収剤タイプも必要かも?

お肌に優しい化粧品を使ったがために、

紫外線をお肌に通してしまって

日焼けしたら本末転倒です。

 

お肌に良いものだけを使っているんだから

美肌になれるに違いない!

と思うのはある意味、素人判断です。

 

もともと一番厄介なのは

紫外線なわけですから、

化粧品の1成分を目の敵にしても

しょうがないんですね。

 

どうしても

化学反応とかケミカルって聞くと

嫌な気持ちになると思いますが、

それでも紫外線素通しするよりは

全然良いと思いますよ。

 

塗った瞬間から

痒くなったり、

赤くなるような化粧品は

使ってはダメだと思いますが、

とりあえず塗ってみて

大丈夫そうなものを見つけたら

キープしておいたほうが良いと思います。

 

ここ10年くらいは

紫外線吸収剤タイプも

かなり改良されており、

お肌に優しくするように

カプセル化という技術を使っています。

 

シリコンでコーティングして

お肌でアレルギー反応が起きないようにしたり

シルクコーティングをしてみたりとか

いろいろな技術が使われています。

 

日焼け止めは、

紫外線散乱剤じゃないとダメというのは

ちょっと古い考え方かもしれませんね。

 

これから日焼け止めを買うときは、

SPFやPAばかりを見るのではなく、

これは散乱なのか吸収するタイプなのか

店員さんに聞いてみたほうが良いと思います。

 

そんなマニアックなこと聞いていいの?

と躊躇する人もいると思いますが、

美容の世界ではとても常識的なことなので、

答えられない美容部員さんはいないと思います。

 

もし、答えられないなら、

その店で買うのはやめたほうが

いいかもしれませんね。

 

ただ人によって、

吸収剤は絶対悪だと思っている人もいるし

逆に散乱剤を悪だと思っている人もいます。

 

使う場面がデイリーケアなら散乱剤

日差しが強く長時間なら吸収剤

って使い分ければ良いと思いますよ

 

どっちもにも良さがありますので、

どっちがダメということではないと思いますよ~

タイトルとURLをコピーしました