メイクして髪型整えたら若い頃の八代亜紀になった

先日メイク講座を初めて共催して

メイクの奥深さと真髄のようなものを

教えていただいので、

試しに僕ががっつりメイクしたらどうなるのか

というのを全力で試してみました。

 

女装趣味は一切ないので

服装はいつものYシャツのままです。

あくまで顔と髪型を変えただけですね。

眉毛は剃ってしまうと、

後戻りできなくなってしまうので、

そのままにしてあります。

 

元々が太くて濃い眉毛なので、

そのまま活かしてメイクすると

今風の顔にすることができず

前回のような若々しい感じには

なれなかったのですが、

これはこれでアリかなって

顔になることができました。

 

写真は100枚以上撮影した中の

厳選に厳選を重ねたものなので、

なかなかの仕上がりになっています。

 

 

まずはメイクの前の顔がこちらです。

なんとなくテンションが

上っているので、

ニヤニヤしています(笑)

 

ここから目元とまつげをしっかりメイクし

顔にリキッドファンデーション塗って

カツラをセット!!

カツラ無しだと、

なんかヴィジュアル系バンドの

みたいな感じになってるだけなので

ここはきっちりいきます!

 

 

カツラを被って

髪型を整えます!

 

手が異様に光ってるのは

天井からの照明が明るすぎて

真っ白になっています。

LED照明の困った点の1つですね。

ロングヘアって

生まれてから

一度もしたことないんですよね。

意外とカツラだけでもイケてるような・・・?

男のような女のような顔になっています。

 

うまく眉毛が目立たないように

前髪で隠すのがコツですかね

でもこれを活かして撮影しないと

昭和顔の美人女性になれないので、

悩みどころです。

細くしちゃうと今風になっちゃうからね。

それは2年前にやってロリっぽくなったから

今回はやりません。

 

 

眉毛をはっきり出すと

こんな感じです。

Googleでこの画像を使って

類似検索をすると

謎の外国人女性ばかりがヒットします。

とりあえず女性として認識されてるっぽいですね

 

メイク前の写真だとちゃんと男性でしたので

GoogleのAIは騙せたようです。

 

 

より女性っぽく見えるように

少し顎を引いて、上目遣いにすると!

これなら誰がみても

もう女性でしょう!!

うまく撮影できました

 

撮影しているときに

いろいろな表情を作っていると

なんか誰かに似てるなぁって

思ったんですよ。

 

昔どこかで見たような・・・?

誰だっけなぁと思ったら

若い頃の八代亜紀に似てるなぁ

って思いました。

 

すまし顔だとちょっとアレなので、

今度は超笑顔で撮ってみます

 

母親にも見てもらいましたが、

八代亜紀の若い頃に似てるって

めっちゃ言われましたね。

 

小さい頃から母親似だって

言われ続けてきましたが、

自分の母親は

八代亜紀には似てないんです。

 

まぁ性別が違うしね。

もし女性として生まれてきたら

どうだったかというのは

また別の話でしょう。

 

 

女性顔に見える表情が

だんだん分かってきたので、

今度は調子に乗って

頬を膨らませてむくれてみました

漫画的な表現として

こういう顔してみましたが、

結構いい感じの表情ではないでしょうか

個人的には結構気に入ってます。

 

 

ちょっと見下ろして

相手を見下してみると・・・

八代亜紀の感じじゃなくなりましたが

なんか昭和にいそうな女性になりました。

あとは、

どことなく牡丹峰楽団のチャヨンミさんの

若い頃に似てるような雰囲気です。

マニアック過ぎて誰もわかりませんね(笑)

 

 

次はアホっぽい顔で1枚

これが何?って言われてると

なんともいえないんですけど

なんかいい感じに撮れました。

 

表情作るのって

難しいですね。

色気を出そうと頑張っても

なかなかセクシーな顔はできません。

 

キレイ系に見えるように

頑張ってみるも

悪くないけど

表情硬いし怖いしね

 

アホ面は簡単に作れるんですけどね

超笑ってます!

こういう顔するのが

とっても楽です。

 

ブログの記事のサムネイルで

よくやってる笑顔

やっぱり女性は笑顔に限りますね。

(中身は男性だけど)

 

フラッシュで飛ばして

ブリッコしてみた

顔はいいんですけど

手がモロに男なんですよね(笑)

 

だんだん撮影していくうちに

顔が女性っぽくなっていくのが

自分でもわかります。

 

慣れてきましたよ

最初はなんか違和感がすごくて

嫌だったんですが、

むしろこれが本当の自分の顔なのでは?

と勝手に頭が誤解していきます。

 

照明の当て方が

悪かったみたいなので

いい感じに当ててドヤァ~

 

ドヤ顔からのアホ面

ちょっと力を抜いた

表情している方が

いい感じですかね~

 

なんかついつい決め顔

しちゃうんですよね。

 

日頃ももうちょっと

肩の力を抜いたほうが

いいのではないか

という気がしてきました。

 

 

いやぁ~楽しかったです。

ついつい1時間以上撮影して

写真フォルダが100枚以上に

なってしまいました。

 

しかしですね。

やってみて分かったことが

あるんですが、

元の顔に戻ったときに

目の前にいる男性はだれだ?

ってなりましたね。

 

なんか自分の元の顔を見て

気持ち悪い・・・って

感じてしまい、

それに慣れるのに時間がかかりました。

 

性自認が違うって

たぶんこういうことなんでしょうかね。

 

結構、元の感覚に戻るまで

自分の顔が受け入れられなくて

やばかったです。

 

特に自分のホームページを

確認するときなんて

何なんだこいつって感じでした。

 

そんな反動がありましたが、

本当キレイになるって

めっちゃテンションが上りますね。

 

少しでも綺麗に慣れるなら

いくらでもお金使っちゃう

という人の気持ちがわかりますよ。

 

撮影し始めたときは、

結構いけるじゃんって

思ってたんですけど、

顔のラインがちょっと太いとか

だんだん他のところに目がいきはじめて

目の下のクマがうざい

首のシワが気になるとか

胸が真っ平らなのが気になるとかね

 

ほんと次から次に

エスカレートしていきますね

 

いろいろな課題はありますが、

かなり滿足できました。

別の姿に変身してみるっていうのも

なかなか楽しいものですね。

 

あと1つ思ったのは、

太眉でも結構いい感じになりましたね。

細くしたらどうなるんだろうって

ちょっと興味はありますが、

日常生活に影響が出そうで

怖くてできないですね~

 

たまにはいつもと違う顔になる

というのはいろいろな発見があって

面白いですよ。

また暇なときにやってみますかね~

タイトルとURLをコピーしました