作り笑顔はシワの元、自然な笑顔と似て非なるもの

笑顔になることで得られる

健康効果や美容効果

心理効果というものが

たくさんあると思いますが、

わざわざ無理して作り笑顔を

作る必要はあまりないかな

と思っています。

 

本当に楽しくて

無意識に笑ってしまう時と

自分の意思で笑顔を作る

というのは使っている筋肉が

だいぶ違います。

 

自然な笑顔にみせかけた

作り笑顔というのもありますが、

目で見てなんとなく自然でも

筋肉自体は不自然な動きを

しているわけですね。

 

無理な動きをするということは

当然、肌にも負担はかかるので、

シワができる原因につながるんですね。

 

シワというのは大きく分けて

3種類あります。

 

乾燥ジワ、たるみジワ

そして表情ジワです。

 

表情ジワというのは

眉間にシワを寄せる癖があると

そこに大きなシワができたり

愛想笑いが多すぎて、

本来入らなくていい場所に

シワが入ったりするもので、

日頃の癖が原因でなるものなので

その人の個性といっても

よいのかもしれません。

 

顔にできるシワ=悪

というものでもないと思います。

 

乾燥ジワとたるみジワに関しては

悪というか、

お肌のコンディションが悪くて

なるものなので対処したほうが

いいかもしれませんが、

表情ジワというのは

その人の感情によって

できているシワでもあるので、

目元に笑いじわができてしまった

というのは悪とは言いづらいでしょう。

 

 

とはいえ、

シワなんてないにこしたことは

ないと思うので、

シワができるようなことは

なるべく避けたいものですね。

 

鏡の前で笑顔を作るのは?

鏡の前で笑顔を作る

練習をすると良い

という意見があるようです。

 

一日中、

ムスッとした顔でいるよりも

笑顔を作ることによって

免疫が上がるとか

幸せを呼び込む

といった話があるようです。

 

しかし、

無理して作り笑顔をする

というのは必ずしも

良い効果がばかりが

得られるわけではありません。

 

その人の心理状態にもよりますが、

気持ちがとことん落ちているときに

鏡で自分の顔を見るってだけでも

なかなか辛いというか

大変だと思います。

 

そこから、

頑張って笑顔を作る

可愛い顔を作る

といっても

鏡を見ているうちに

だんだんと気持ちが落ちてしまう

なんてこともあるので、

一概に笑顔を作るといいよ

というのは言い切れない話です。

 

心理的な話はさておき、

美容の面で考えますと

最初の方でもいいましたが、

シワができる原因につながるんです。

 

お笑い番組などを見て

自然と笑ってしまったり

吹き出してしまうときって

ただ口を横に開いて

笑ってるだけじゃないですよね。

 

笑い方にも個性がありますね。

フフッと笑う人

ニヤって笑う人

大笑いする人などなど

笑いと一言でいっても

いろいろ種類があるんです。

 

文字にすると

ハ行で笑うことが多いようです。

 

ハハハって笑う

ヒヒヒっ笑う

ふふふって笑う

へへへって笑う

ほほほって笑う

 

どうでしょう。

ハヒフヘホの笑い方は

どれも感情がだいぶ違いますよね。

 

このように、

本当に自然と湧き出てくる

笑いというのは、

様々な感情が混ざっている状態なので

作り笑顔とは似て非なるものなのです。

 

なので、

とりあえず作り笑顔でもいいから

笑顔になっておいたほうがいいよ

というのは美容の面に関しては

あまりないかなと思います。

 

鏡の前で無理して

笑顔を作るくらいであれば、

お笑い番組を見たり、

猫が好きなら猫動画見てニヤニヤしたり

するほうが様々な利点があると思います。

 

今のお笑い番組を見て

あまりおもしろく感じられない人は

動画サイトなどで、

昔のバラエティ番組を見てみるのも

ありだと思いますよ

 

自然と笑えるものに

出会えるといいですね~

タイトルとURLをコピーしました