今流行りのワクチン接種で死亡チェーンメールの真相と検死結果

新型コロナウイルス用のワクチンを

接種した26歳看護師がくも膜下出血で

死亡したが国は認めてくれず

遺族が悲しんでいるといった内容が

LINEやメール等で拡散されているようです。

 

もしかしたら、

似たような内容のLINEやメールを

受け取ったことがある人も

いるのではないでしょうか

 

僕のところに事実確認のための

問い合わせが結構来ております。

 

そんな話は全く聞いたことがない

という方もたくさんいると思いますので、

拡散されているものをご紹介いたします。

 

 

ワクチン接種後に死亡した26歳女性の話

僕にも数十人の方から

送られてきました内容のコピーです。

送られてきたものには

個人名と病院名が記載されていますが

本記事内では伏せ字に加工しております。

 

 

拡散されている情報

私の大切な大切な友達の看護師がコロナワクチンで亡くなりました
国は認めてませんが…
本人は打ちたくなかったのですが、コロナ病棟にいたため、打たざるを得ない状況で…
▲▲▲さん、私は悔しくてたまりません。
若干26歳のかのじょの死を無駄にしてはならないと思ってます。大切な人にワクチンを打たせてはいけない!命を懸けてまで打つ必要性がどこにあるでしょうか?
目の前で冷たくなった娘さんを見つけたお母さんの気持ちを考えると、とても他人事に思えなくてご縁をいただいた大切な人にはお伝えしておきたいと思いました。 ■■公立病院です。
ニュースは正確な事を伝えませんが、事実はこうです。
●19日(金)ワクチン接種
アナフィラキシーショックなし。
●22日(月)は体調不良で仕事休み(家族談)
23日夕方5時からの夜勤出勤してこないため職場から本人に連絡するが電話に出ない。
実家に連絡→家族が電話するが出ない。
母親がアパートを訪問。
職場に持っていく予定と思われる弁当などは玄関に用意されており、本人はリビングでいつも通りお姉さん座りしたまま、両手を挙げ、後ろのソファーに倒れている
食べたと思われるものは嘔吐、口から泡吹き、鼻血が出ており、すでに体は死後硬直の状態。
病院長がコロナワクチン接種後ということもあり、調べさせてくれとの申し出に、「娘のような被害者を出したくないのでぜひ調べてください」、新聞、報道に関しても実名報道してもいいので出してくださいと許可したそうです。
しかし、報道では19日、26歳女性がコロナワクチンを接種後4日後に死亡。アナフィラキシーショックはなく、コロナワクチンとの関連は評価不能とした。死因はくも膜下出血の疑い。
簡単な報道で、しかも看護師と出さないところが悪意を感じました。
職場である病院内でも職員がパニックになったようです。」

 

文章の書き方が

チェーンメールっぽいので、

えっほんとなのそれって

思われる方と無条件に信じて

ほんと国は酷いよねって

思っている人に分かれているようです。

 

先に答えを言いますと・・・

26歳の女性がワクチン接種後に

くも膜下出血で死亡したのは事実です!

 

26歳女性ワクチン接種後の症状概要

今回のワクチン接種後の死亡については

第54回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、令和2年度第14回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査回で報告されています。

 

詳しい資料は

こちらの資料1-3(PDFファイル厚労省より引用)

を御覧ください。

 

 

使用したワクチン

26歳の女性がワクチンを接種したのは

令和3年3月19日(時間不明)です。

使用したワクチンは、

ファイザー株式会社のコミナティ筋注

ロット番号はEP9605を使用しました。

一般名称としては

コロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチン(SARS-CoV-2)

というものを使用しています。

 

23日に11時頃死亡

3月19日に1回目のワクチン接種後に

アナフィラキシー等は起きず、

体調に大きな変化もありませんでした。

 

3月22日通常勤務

 

3月23日は夜勤の予定でしたが

出勤されなかったので

家族へ連絡し職員と自宅へ訪問。

家族、警察、救急隊が17時15分頃に

先に到着したのですが、

死亡されていたようです。

 

検死結果

検死の結果、

11時ごろには死亡していたと推定されました。

 

全身CT、頭部CT、

小脳左半球CP Angleにかけたところ

直径3.5cmの血腫があり、

血管腫や髄膜腫などの血管性腫瘍から

出血が疑いありとの結果が出ました。

 

脳動脈瘤の可能性もあり

脳幹への圧排があり

くも膜下出血も広がっており

側脳室内に血液流入もありました。

 

直接の死因は

脳幹部圧排、くも膜下出血、脳出血です。

 

専門家の意見

剖検などのより詳細な情報が必要

ワクチン接種との因果関係は評価不能

とのことです。

 

 

国はほぼ認める気はないでしょうが、

ファイザーのワクチン接種後に

くも膜下出血で死亡したのは

日本国内において2人目です。

 

3月1日にも61歳の女性が

くも膜下出血で死亡しましたが

医師が言うには

副反応可能性はないと否定していました。

 

日本ではワクチン接種者が少ないから

あまり大きな問題が起きていませんが、

アメリカでは3/26時点で2249人が

ワクチンを接種して死亡しています。

 

死亡しないまでも

決して治ることがない障害が残った人

失明した人など

様々な副反応の報告は数万件あります。

 

 

だからワクチン接種はやめよう

と考えるべきなのか

国民全員がワクチンを接種すれば

数千人くらいは無慈悲にも

死亡する可能性はあるけど

コロナ収束のために

犠牲になってください

と考えるべきなのか

 

とても重要な局面になってきたと思います。

 

僕は昨年からずっと言っていますが、

今回のワクチンは接種する価値は

ほとんどないと思っています。

 

ワクチン接種否定派なのではなく、

今回日本が入手したワクチン

特に必要ないかなと思っているのです。

 

この1年間振り返ってみて

コロナウイルス感染症による

20代女性の死亡者0でした。

(2021年4月5日現在のデータ)

新型コロナウイルスによって

20代女性が死ぬことはなかったですが、

ワクチンを接種したがために

初の死亡者が出ました。

(因果関係がないとされているので

カウントはされませんが・・・)

 

医療従事者の方々は

同調圧力がひどすぎて

自由意志に任せると言われても

断れないですよね。

 

めったに死ぬことないから

まぁいいやって

わざわざ博打を打つ必要はないと思います。

 

ワクチンで死亡することは

稀かもしれませんが、

60歳未満の方の場合は

コロナで死亡することも稀ですからね。

4月5日までで239人です。

40代未満では16人です。

 

若い世代と70歳以上の方は

わけて考える必要があると思います。

 

打つか打たないか

どちらのほうが良いのか

冷静になってひとりひとりが

考えてみましょう。

 

僕と家族に関しては

今あるワクチンを

接種するつもりはありません。

 

タイトルとURLをコピーしました